152センチ62キロの恋人を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

152センチ62キロの恋人を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

本作は1巻完結です。

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで今すぐ無料で購入できますよ。

\152センチ62キロの恋人が今すぐ読める!/

31日間無料&600Pがもらえる!

152センチ62キロの恋人のネタバレ

【第1話】

主人公は森下美奈(もりしたみな)23歳。

152センチ62キロのチビデブ。

 

小さい頃に虐められていたが、母の言葉を支えに大人になってからも自分なりに戦いながら、笑顔で過ごしています。

「馬鹿にされるのが嫌なら泣くだけじゃなく戦え。美奈の中身をきちんと見てくれる人は絶対いる。」

と母親は美奈に言っていました。

 

美奈は社会人になっても男性社員からからかわれたりする事がありましたが、その環境の中でも同じ総務部の先輩由理さんはいつも美奈に優しくしてくれます。

 

そして・・・

美奈は男性社員から頼まれた買い出しの途中に立花部長から声を掛けられます。

営業部の立花部長は社内一の人気者で、36歳独身、理想の上司だと男女問わず慕われています。

美奈は立花部長から名前を覚えてもらえている事をまず驚き、更に美奈にコートを貸してくれたり、荷物を持ってくれたり、とても優しい言葉を掛けてくれます。

 

(私を女の子として扱ってくれるなんて・・・)

 

それからというもの、立花部長はいつも美奈に優しくしてくれます。

美奈は中学生の頃に初めて告白をした男子にひどい事を言われてからは、恋愛を諦めていました。

でも美奈は「秘かに好きでいるくらいは許してほしい」と心の中で立花部長を好きになっていました。

 

そして事が大きく発展したのは、総務部と営業部の合同飲み会でした。

美奈はビール一杯で酔って、うつらうつらと部屋の隅の椅子で休んでいると、立花部長が美奈に話しかけてきました。

美奈は自分は酔って夢を見ているんだ・・・と思いました。

夢の中の立花部長に「今夜これから俺の部屋に来てくれる?」と誘われると・・・

 

「はい、嬉しいです。いい思い出になりますね・・・」

あくまでも夢の中の出来事と思って、立花部長からのお誘いに答えるのでした。

 

美奈は立花部長の部屋で目を覚まします。

それでもまだ、自分は願望の入った夢を見ていると思ってしまいます。

立花部長は、美奈に自分の事を逸人(はやと)と読んでほしいと言い、美奈にキスをしたり、美奈の体を愛撫したり・・・♡

美奈にとっては初めての行為でとても恥ずかしそうです。

でもこんな幸せな夢なら一生目が覚めなくてもいい・・・♡

とかなり変態っ気のある立花部長のプレイも最後まで受け入れるのでした・・・♡

 

翌朝・・・

美奈はやっとこの時、夢では無かった事に気がつきました。

立花部長は美奈をもう一度抱きたいと言って二人はまた一つになるのでした・・・♡

 

【第2話】

美奈は由理さんに立花部長と付き合うことになったと報告すると、由理さんは美奈のことをとても心配してくれています。

「立花と別れたくなったらすぐに相談するのよっ」

「どんな手を使っても私が必ず別れさせてあげるからねっ」

美奈はすぐにフラれちゃうかもしれないですけど・・・

と話すが、由理さんはそれは絶対にないとなぜか言い切ります。

 

美奈は女子トイレで女子社員が心無い噂話をしているのを聞いてしまいます。

(本当に付き合ってるなんてバレたらきっと立花部長に迷惑がかかる・・・)

美奈はせめてダイエットして立花部長に釣り合う努力をしないといけないと考えます。

 

一人で怖がって立花部長から逃げてしまっていた美奈。

でも立花部長はいつでも会いたいと言ってくれます。

立花部長の気持ちをとても嬉しく思った美奈は、もう自分からお誘いを断ったりしないと決心します。

 

そして週末は、立花部長の家に行くことになりました。

美奈は立花部長の家でシャワーを浴びて、どんな格好で立花部長の前に出て行けば良いのか悩んでいると、待ちきれなくなった立花部長は美奈をお姫様抱っこしてベットに連れて行きました。

 

1週間美奈をおあずけにされていた立花部長は、執拗に美奈を愛撫しています。

そして、美奈に三つ約束する様に言います。

 

一つ目は、「逸人」と呼ぶ事。

二つ目は、ダイエットをやめる事。

三つ目は、誰に何を言われようが俺を信じる事。

 

立花部長は、そのままの美奈が好きだと言ってくれます。

美奈は嬉しくて涙を流しました。

そして濃厚なセックスは続くのでした・・・♡

 

【第3話】

付き合い始めてからひと月が経って、美奈はやっと二人きりでいても緊張しなくなってきました。

 

そんな時、中学時代の親友から同窓会のお誘いが入るのでした。

美奈は中学生の時の初恋の苦い思い出があったので、あまり行きたくありませんでした。

しかし親友から彼氏を紹介して欲しいと提案されたのもあり、逸人さんに送ってもらうのを支えに、同窓会の参加を決めました。

 

そして同窓会の当日・・・

友人の間ではイケメンの美奈の彼氏の話で持ちきりです。

美奈は反応に困ってトイレに逃げ込むのでした。

 

【第4話】

トイレからでた美奈は偶然、初恋相手にバッタリ遭遇します。

美奈は目線をそらして行こうとしましたが、美奈の予想に反して初恋相手は、過去の自分のとった酷い態度を反省し頭を下げて謝ってくれたのでした。

美奈は笑顔で「大丈夫、気にしてないよ。だから気にしないで。」と言います。

二人は和解しあって、美奈は心の中で(これで前に進める)と思うのでした。

 

二人がトイレから戻ると、クラスメイトの横川さんが心無い言葉で、美奈を弄ります。

美奈は昔から横川さんがちょっと苦手でした。

 

やっぱり同窓会に自分はこない方がよかったのかも・・・

と美奈は感じて、急に逸人さんに会いたくなりました。

 

逸人さんは約束どおり美奈を迎えにきてくれていました。

 

「遅くなったけど、誕生日おめでとう!」

親友の二人は帰り際の美奈に、誕生日プレゼントを渡してくれました。

 

車の中で、逸人さんは美奈に聞きます。

「もしかして誕生日って美奈の誕生日なのかな?」

逸人さんは少し寂しそうな顔をしています。

 

「それで・・・」

家に帰ってから、逸人さんは美奈に誕生日がいつだったのかを聞きます。

そして、美奈がいつまでも遠慮しているので、自分を彼氏だと思ってくれているのか不安だと話しました。

 

逸人さんは美奈の一番近くに居たくて、ワガママを言って欲しい、寂しい時はちゃんと言って欲しいと美奈に丁寧に伝えてくれました。

 

そして、桜のモチーフのネックレスと指輪を美奈に渡しました。

誕生日プレゼントでは無いけれど、祖母の形見で大切な人ができたら渡すと決めていたもの。

近い将来に、伝えたいことがあるから、それまでに気持ちの準備をしていて欲しい・・・

逸人は美奈にそう伝えると美奈は涙ぐみ、とても幸せそうな顔をしていました。

 

そのあとは・・・お仕置きと言う名の熱い夜になるのでした♡

 

【第5話】

次の日・・・

由理さんとお昼ご飯を食べていると由理さんは美奈の指輪にすぐ気がつきました。

すぐ立花部長から貰った物と分かったようで、似合っていると褒めてくれますが

「?・・・あっ!」

由理さんはうな垂れて、頭を抱えています。

そして、いつものように美奈の手を取って、必死に訴えます。

「私はいつだって美奈ちゃんの味方だからね!!」

 

そして立花部長には、「もうこれ以上邪魔しない」と伝えてほしいと、自分で伝えるのはシャクなので美奈に伝えて欲しいと由理さんは言います。

美奈は由理さんの言動の意味が良く分からなかったが、家に帰ってから電話で伝える事にしました。

 

次の日のお昼・・・

社内で立花部長と、由理さんと、美奈の三人でお弁当を食べる事にしました。

美奈がお茶をくみに席を立つと、立花部長と由理さんの二人の噂話が聞こえて来ました。

「あの二人って付き合っていたらしいよ」

「二人文句なくお似合いだから仕方ないよね」

 

美奈はやっぱり誰が見てもあの二人はお似合いなんだ・・・と少し落ち込んでしまいます。

気持ちを切り替えて3人でお弁当を食べるのですが、美奈は二人が話す内容が親密に聞こえてしまってモヤモヤした気持ちになってしまうのでした。

 

数日後・・・

美奈は逸人さんの家の近くのカフェで雑誌を読みながら逸人さんの帰りを待っている時も、由理さんと逸人さんの事を考えてしまっています。

 

その時、綺麗な顔の男性が美奈に声をかけてきたのです。

 

【第6話】

綺麗な顔の男性は、話を聞くと逸人さんの親戚のような存在らしい。

「ウィル」と呼んでね。

話しをしていると、そこに同窓会ぶりの横川さんが現れます。

相変わらず美奈を小馬鹿にして話します。

横川さんはウィルさんをチラリと見て・・・

「美奈の彼氏はいつも違う女を連れて歩いる」と言います。

(逸人さんはそんな事する人じゃない、何より逸人さんと約束したから)

美奈は横川さんにはっきりと「私は彼を信じているから大丈夫」と言いました。

 

ウィルさんは横川さんに、自分を美奈の彼氏と勘違いしていると説明していると、そこに仕事終わりの逸人さんが現れました。

 

「なんで!?デブでブスのあんたばっかりうまくいくのよ、どうして私があんたなんかに負けるの!?」

と、逸人さんを見た横川さんはすごい剣幕で美奈に言いました。

「迷惑だから二度と美奈に話しかけないでくれ」

逸人は横川さんを牽制しました。

 

家に帰り着いてからは、二人は幸せそうに話しています。

でも逸人はウィルさんにやきもちを焼いているようです。

 

それを聞いた美奈は思い切って、由理さんにやきもちを妬いている事を打ち明けます。

美奈は二人が付き合っていたと勘違いしていました。

二人は昔から知ってる兄妹のような存在だったと言う事を逸人は美奈に説明します。

 

「私・・・もっとちゃんと逸人さんの事知りたい」

逸人は美奈に自分の過去の話をする事にしました。

 

「俺には父親がいないんだ」

 

逸人の母親はアメリカ留学中に出会った人との間に逸人を授かり、逸人は父親から認知されてない。

祖父からも子供を産むことを反対された母親は、家を出て逸人を育てる事にしたようで、その時隣に住んでいた由理さんの家族によくしてもらっていたそう。

少し寂しそうに話す逸人を見て、美奈は逸人さんを真正面からギュッと優しく抱きしめました。

 

美奈はいつか「逸人さんを産んでくれてありがとうございました」とお母さんに伝えたいと思いました。

 

そのあとはお決まりの・・・逸人からすれば明日にひびかないようなプレイのようでしたが、相変わらず濃厚な一夜を過ごすのでした♡

 

翌日、美奈は由理さんに逸人さんとの関係を疑って妬んでしまっていた事を謝ります。

すると由理さんは「たとえ世界で二人きりになってもあいつとは何もないから!!」

と、なんなら美奈が自分の嫁に来て欲しいと美奈に真剣に言ってくれるのでした。

 

【第7話】

美奈は更衣室で、不穏な空気の女子社員たちに囲まれています。

女子社員達は、どういう意味で立花部長にお弁当を作っているのか美奈に聞くので、美奈は立花部長と付き合っていると話します。

「は?ありえないんだけど。あんたみたいなデブと立花部長がなんて・・・」

「どうせすぐ捨てられるわよ」

 

クスクスと笑いながら女子社員達が美奈に心無い言葉をぶつけていると・・・

「こんなみっともないマネをする人間を選ぶわけないわよね」

上条主任は女子社員達に向かって話します。

上条主任は美奈を買っていてくれているようで、仕事ぶりを見て我慢強くてきちんとしている子だと思ってくれていると話してくれます。

そんな美奈を選んだ立花部長は見る目があるとも言ってくれました。

 

美奈は自分をちゃんと見てくれている人がいた事をとても嬉しく思いました。

 

帰り道・・・

ウィルさんに会って、夕ご飯の買い物に一緒にスーパーへ行く事になりました。

ウィルさんは逸人さんに電話をしてちゃんと許可をとっています。

買い物が終わった二人がこの前のカフェで逸人さんの連絡を待っていると、さっき更衣室で美奈に絡んで来た女性社員の一人が現れます。

さっきウィルさんと買い物に行った時の写真を隠し撮りしていたようで、この事を立花部長に話すと美奈を脅します。

 

美奈は珍しく、「こんな陰湿な事をする人を逸人さんは好きにならない・・・っ」と言い返しました。

ウィルさんが女性社員に上手く対応してくれて、その場は事無きを得ます。

 

逸人が仕事を終えて二人で帰ろうとしますが、結果ウィルさんも一緒に夕ご飯を食べる事になりました。

ウィルさんは逸人の部屋が美奈のおかげで人らしい生活が出来ているとわかる様になっていたので、「ありがとう」と美奈にお礼を言います。

美奈はそれを聞いて、ウィルさんがどれどけ逸人さんの事を大切に思っているのかがわかって嬉しくなりました。

 

ウィルさんが帰った後に、逸人は美奈に紹介したい人がいると言います。

明後日の日曜日に会うことになったのですが、その日に美奈のご両親にもご挨拶に行くことになったのでした。

 

【第8話】

日曜日・・・

美奈は最初、誰に紹介されるのか知りませんでした。

着いたのは墓地で、心の中で(どうか・・・私の想像が外れています様に・・・)と思います。

しかし、美奈の想像は現実になり逸人さんの紹介したい人は、亡くなられたお母さんでした。

 

二人でお墓を掃除した後、逸人さんはお母さんに美奈を紹介し、今とても幸せな事を伝えました。

美奈も泣きながら、自己紹介をしてお母さんに伝えたかった事を話します。

「逸人さんを産んで、育ててくれてありがとうございました・・・!」

「これからは逸人さんを幸せにできる様に傍で支えていきたいと思っています。」

 

そして美奈の実家に向かいました。

逸人さんは美奈の両親に丁寧に挨拶をし、自分の生い立ちを包み隠さず話そうとしましたが、美奈の両親はそんなことは関係なく、美奈がいつも幸せそうにしていることに感謝していると言ってくれました。

「これからも美奈をよろしくお願いします。」

 

逸人は涙が溢れます。

「・・・ありがとうございます・・・」

 

美奈は、逸人の手にそっと優しく触れるのでした。

 

そして会社での一幕・・・。

三人でいつもの様にお弁当を食べている時、立花部長と由理さんは周りの目も気にせず話をしていたので、美奈は少し怒った表情で「私、先に戻るね。」と席をたちます。

(も〜二人とも全然周り見えてないんだから・・・)

 

するとまた、女性社員が美奈にありもしない話で絡んできます。

(暗いデブは嫌われるけど明るいデブは好かれる・・・でもそれだけじゃダメだ

(笑って逃げるんじゃない、笑って戦える人間にならなきゃ

と、美奈は今回は毅然とした態度で女性社員に話し、その場を後にしました。

 

その夜・・・

逸人は美奈に謝ります。

上条先輩に怒られたようです。

 

美奈は逸人さんが大切な人を亡くしていて、失うことの恐怖心が人より強いことを分かっています。

(逸人さんだって完璧じゃない弱さを持った人なんだ・・・)

 

「ねぇ、逸人さん」

「大好きだよ」

 

(もっと、もっと強くなろう)

 

(逸人さんとの未来を守れるように)

 

【番外編〜side 逸人〜】

逸人が美奈を初めて見たのは、海外赴任から帰国した翌日。

(ん〜♪ふっんんん〜♪)

鼻歌を歌いながら会議室の机を楽しそうに掃除しているのが美奈でした。

 

二度目に見たのは、定時を過ぎても嫌な顔一つせずに自分から仕事を引き受けている美奈の姿。

(真面目な子なんだな)

(真っ白な頬・・・柔らかそうな唇・・・)

(食らいつきたい)

 

逸人は昔の苦い経験上、女性と深く関わることをやめていました。

 

でも・・・

美奈を見かけてからというもの、初めて女性に抱く感情があったのです。

(彼女を今すぐ抱きしめたい)

(閉じ込めて、甘やかして、溶かしたい・・・)

 

 

そして・・・

 

逸人は必ず美奈を捕まえると決心したのでした・・・♡

スポンサードリンク



152センチ62キロの子いい人の単行本を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

外面が良いにも程があるの単行本は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 今すぐ無料で読める
FOD 1ヶ月以内に無料で読める
music.jp 今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで単行本を今すぐ無料で読む

152センチ62キロの恋人考察・感想

以上、152センチ62キロの恋人のネタバレを紹介しました!

コンプレックスを持ったぽっちゃり女子が、イケメン上司と幸せを掴んでいく・・・

という、なんとも珍しい物語でしたが、読んでいてとても幸せな気持ちになれる素敵な作品でした♡

 

絵も綺麗ですし、結構Hでリアルな描写が多かったのですが・・・♡

癒し系のぽっちゃり美奈ちゃんと、結構なド変態のイケメン逸人さんの濃厚セックスは漫画で是非お楽しみいただけたらいいなと思います!

 

美奈が恋愛を通してたくましく成長していく様は、とても見ていて勇気をもらえます。

大切なひとを守るために、もっともっと強くなろうとする姿に共感できる事間違いなしですよ〜!

 

是非、漫画の方も絶対楽しいので読んでみてくださいね♪