25時のゴーストライターの第7話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月16日発売のヤングガンガンNo.17、最新話!

25時のゴーストライター【第7話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでヤングガンガンNo.17を無料で購入できますよ。

25時のゴーストライターの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

25時のゴーストライター【第7話】最新話のネタバレ

【 つぐみとサクラ姉さんと幽霊 】

「居ない方がいいに決まってるでしょ?幽霊なんて」

サクラ姉さんの放ったその言葉に、うつむくつぐみ。

…わかってるよ…だけど…

そう心の中で呟く。

と、

急に、サクラ姉さんの恐怖に震えた声がつぐみの耳に飛び込んできた。

「あ、アンタそれ…一体どうなって…」

見ると、サクラ姉さんがつぐみの横の方向を見て青ざめていた。

サクラ姉さんから見えるのは宙に浮かぶ手と、宙に浮かぶティーセットのみ…

つぐみが自分の隣に視線を移すと、ニコが穏やかな笑みを浮かべながら2人分の紅茶をティーカップに注いでいた。

「ニコ?」つぐみは思わず名前を呼んだ。

「私としたことが、お茶をお出しするのが遅れるなんて大変失礼致しました。」

そう言いながらトレーごとティーセットをつぐみに渡すニコ。

ニコはつぐみにトレーを持ってもらいながら、トレーの上のティーカップに更に紅茶を注いだ。

「えーと」
「美味しくなぁれ、萌え萌えキュン♡??」

それを聞いたつぐみが、思わずトレーを落とす。

「は…っ!?どこで覚えたんだそんなの」

「雑誌~~!メイドさんっていったらこれなんじゃないの?」

「それ一部の喫茶店とかだろ!!」

言い合っていた2人に、その時サクラ姉さんが「ちょっと!!」と声をかけた。

「あっ…あっ…アンタ…さっきから何1人で喋ってんのよ…!!」

サクラ姉さんはすっかり顔色をなくしてドン引き状態だった。

「1人で…って……」

つぐみはその時初めて状況を理解した。

…そうか!サクラ姉さんにはニコが見えてないんだった!!

慌ててニコのおもてなしを止めるつぐみ。

そんなつぐみを思わずガシッと両手で止めるサクラ姉さん。

「つぐみちゃん!!マジで(幽霊)居るんじゃない!こんなやばいとこ早く出て!お祓いしてもらわないと…」

サクラ姉さんがまくし立てて言う。

が、それを聞いたニコは黙っていなかった。

「困るなぁ」そう言いながらサクラ姉さんの背後にまわったニコは、サクラ姉さんの首筋に手をひたっと当てた

その冷たい感触にキャパオーバーになったサクラ姉さんはその場で気を失った

 

【 つぐみとニコ 】

気絶したサクラ姉さんを見て、顔を見合わせるつぐみとニコ。

やりすぎだろとニコを責めるつぐみだったが、ニコはつぐみがこの場所でのことをきちんと周囲に話していないために誰にも理解してもらえない状況にいたことをお見通しだった。

「…伝えたいこととか思ったことがあるならさ、大きい声で言っちゃえばいいのよ、いつも私にそうしてるみたいに」

笑顔でそう言うニコに対し、つぐみは少し素直に「…うん」と返事をした。

 

【 つぐみとサクラ姉さんとニコ 】

気絶したサクラ姉さんが目覚めた。

「ハッ!?お化けはっっっ!!??」

ギャァァァと怯えるサクラ姉さんにつぐみは今は居ないと答えた。

「…っそれで…どういうことなの、つぐみちゃん」

冷静に聞き出そうとするサクラ姉さんに、つぐみは真剣な表情でこう言った。

「あのさ!幽霊も悪くねえから」

「幽霊がいるとこなんて最初は俺もありえないって思ってたんだけど、だけど、でも悪くないんだ…一緒に居るの」

陰で静かにしていたニコは、その時つぐみのその言葉を聞いて静かに微笑んでいた

「それに俺、この場所でなら…」

そう言ったつぐみの言葉がそこで止まった。

「わっ!!ニコ!!いつから居たんだよ!!まだあっちで待っててくれって…え?何??俺の分のホットケーキ?」

一瞬ビクッとしたサクラ姉さんだったが、ニコと聞こえたその名前をしっかりと頭にインプットしたようだ。

つぐみの会話らしき独り言はまだ続いている。

「それケチャップじゃん!何か他にシロップ系のやつないの…」

騒がしいその独り言に思わず吹き出すサクラ姉さん。

「…っく…あっはははは!!も~~~~~っ!!」

「ね…姉さん??」

「いつもそうやって面倒見てもらってるの?幽霊に?1人暮らしなんて言っといて、も~~~ったく、拍子抜けしちゃったわよ」

ため息をつくサクラ姉さん。

前には『ごめんなさい』と文字でデコレーションされたホットケーキがあった。

「随分器用な幽霊じゃない…アタシの方こそごめんなさい」
「うちの先生のことよろしくね、ニコちゃん」

サクラ姉さんのその言葉を聞いて嬉しさがこみ上げるつぐみとニコ

体全体にも、手にも力が入る。

「……もちろん、まかせ……」

そう言った瞬間、力が入りすぎたニコは、手に持っていたケチャップを強く握ってしまった。

びちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

青ざめる3人。

「…イ…イヤァァァ!!血!!ちぃぃ!!」

「わーーーーーごめんなさい!!これケチャップ!!」

「呪いだわ!!やっぱりダメ!つぐみちゃん!!」

「あ~~~聞こえてないんだった!!どうしよう!つぐみくん!!」

賑やかな2人の声にますます嬉しさがこみ上げて笑顔になるつぐみ。

つぐみは、この場所でのかけがえのない記憶も一緒に重ねて思い出していた。

 

25時のゴーストライターの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

25時のゴーストライターの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングガンガンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!(単行本は2019年8月時点で発売されていません)

U-NEXT ヤングガンガン2冊が今すぐ無料で読める
FOD ヤングガンガン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp ヤングガンガン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

25時のゴーストライター【第7話】最新話の考察・感想

以上、25時のゴーストライター【第7話】(ヤングガンガンNo.17)のネタバレを紹介しました!

あ~~、最初はどうなることかと思いましたが、サクラ姉さんがニコの存在を認めてくれてよかったですね!!

スランプ中のつぐみもニコが居ることで元気を取り戻し、その元気な姿をサクラ姉さんにも見せられてよかったと思います。

最後のつぐみの笑顔のシーン、とても最高でした!!

今回のみどころはこの最後のつぐみの笑顔サクラ姉さんのリアクションでしょうかね~。

サクラ姉さん、とにかくツボです!!次回も登場するのでしょうか…!?

さて、周囲に伝えたいことを伝えられるようになってきたつぐみに次回は何が起きるのでしょう!?

楽しみですね!

次回の25時のゴーストライター【第8話】掲載のヤングガンガンNo.18発売日は9月6日(金)です!