アクタージュの第75話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月29日発売の週刊少年ジャンプ33号、最新話!

アクタージュ【75話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\アクタージュの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アクタージュ 前回のあらすじ

王賀美と白石の過去が明かされる…

白石は夜凪と話す王賀美の表情をみて嬉しそうだった

王賀美は夜凪と舞台をやることを決意。初めての助演をすることになった!

アクタージュ【75話】のネタバレ

「助演孫悟空役 王賀美陸だ。改めてよろしく頼む」

「どうしちゃったの王賀美さん。よろしくだなんて…」

「共演者の挨拶は常識だろ」

「昨日まであんなに帰るって大騒ぎしていたのに」

王賀美は白石、武光、市子、そして夜凪に挨拶をする。

 

王賀美はこの舞台を通して日本には夜凪がいることを知らしめてやりたいと抱負を語る。

武光は思っていた…敵であればこんない恐ろしい相手がいるだろうか。しかし味方であればこれ以上頼もしい男はいない…

そこへ演出の山野上花子が挨拶をしながら入ってくる。

 

王賀美が夜凪をここまで成長させたことへ感謝していると伝えると、その話後でもいいですかと邪険に扱う。

その態度に一瞬表情が変わる王賀美。

そして花子は説明を始める。

一枚の砂漠の絵

花子が持ってきたのは一枚の絵。砂漠が描かれている。

いまからその絵にみんなで一人ずつ好きな絵を描くように要求する。その真意は分かりあうためだという。

王賀美は意味が分からねぇと言いながらも早速筆を持ち、自分を書き入れる。

 

花子はキャンパスいっぱいに描くかと思っていた王賀美の絵があまりにも控えめなので驚いた。その理由は他の人が絵を描けなくなるから遠慮していた王賀美。

花子は王賀美が自己中心的ではなく、協調性のある大人だと安心する。

それと同時に花子の心理を瞬時に読み取り率先して協力してくれたことも分かっていた。

 

白石は絵の中の王賀美に暑そうだと日傘を描いた。花子は自分ではなく他人のために動いている。他社思いの三蔵法師タイプと推測する。

朝野市子が描いた絵は、湖だった。花子は全体を見てくれるバランスタイプと予想する。しかし湖ではなくホットミルクのようで、自由で無邪気、感覚派を診断された。

武光は木を描いた。理由はなく無意識に描いたようで、感覚派のバランサーと推測。武光を市子はいいコンビになると花子は思った。

夜凪は絵の高価さから書くことを拒んでいた。

 

「フェアじゃねんじゃねぇか」

王賀美は花子にも絵を描けと要求する。花子はしぶしぶ書くことに。描いた絵はすべてを飲み込む炎の絵だった。もちろん今までの絵はすべて炎に食べられて見えない。

せっかく描いた絵を潰したくなかったという花子に対し、この炎を私たちは芝居で表現しようと夜凪は理解した。

「今日から俺たちがあんたの絵になる」

王賀美の一言に花子は正直に嬉しかった。

「はい。お願いします」

黒山の研究

一方、阿良也と百城は焼き肉屋にいた。

どうすれば勝てるか…そう考えていたらしい。

阿良也は夜凪の後追いしている百城が焦るのが分かるが、冷静にアドバイスする。

 

「まだ利用してないものを探しなよ。あいつは俺たちのためにいるんだから」

大量のDVDを見ている演出家の黒山の姿が浮かび上がる…

アクタージュの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アクタージュの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アクタージュ」を今すぐ無料で読む!

アクタージュ【75話】考察・感想

まさかの王賀美の挨拶から幕を開けた75話。

心理テストも大人な対応で、王賀美への見る目が変わりました。結構いいやつかも…

自分だったら何を書くかなぁーって思いながら読ませていただきました。

花子さんの炎は結構やばいですね。実際目の前で書かれたら引くと思います(笑)

そして虎視眈々と夜凪を狙う、焼き肉屋のお二人さん。

キーポイントは黒山ということですね。

次号は黒山に接触しそうですね。

ではでは楽しみに待ちましょう!!