アクタージュの第76話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月5日発売の週刊少年ジャンプ36・37合併号、最新話!

アクタージュ【76話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\アクタージュの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アクタージュ 前回のあらすじ

王賀美が加わったメンバーに対して花子はあるテストをする。

それは絵を書き入れてメンバーの性格を診断するというものでした。

それを機に花子の熱い思いが分かったメンバーは一致団結します。

そのころ阿良也と百城は夜凪をなんとか超越しようと作戦を立てていました…

アクタージュ【76話】のネタバレ

舞台“羅刹女”

それは羅刹女の

嫉妬とも自己嫌悪ともつかぬ怒りの物語…

 

「ああ腹が立つ腹が立つ…毎年毎年妾のところへ…」

百城も演技をみて圧倒される女優の和歌月。

天使の面影など微塵も感じられない…

「あぁ悪くねぇ…夜凪よりも扱いやすいプロフェッショナルだ…」

その演技を見ていた黒山も絶賛しています。

しかし百城は空港で見せた夜凪の演技を思い出し、止まってしまいます。

 

「ごめんなさい。もう一度初めからお願いします」

黒山は上手いだけでは夜凪には勝てないことを危惧していました…

夜凪と私

「やっぱ千世子さんはすごいです」

和歌月は一緒に歩く百城を褒めています。

そんな和歌月に空港の映像を見たかと尋ねる百城。そして…

 

「私の芝居と夜凪さんの芝居…どっちに魅入った?」

ビルを出るなり記者が出待ちしていましたが、颯爽と車に乗り込んだ百城は和歌月に尋ねました。

記者たちも普段は手を振ったりする百城が無視して車に乗り込んだことに驚いています。

 

その光景を見ていた黒山はこう分析します。

百城の芝居は確かに化けたが、その代償に天使であることで得た地位や人気をすべて捨てることになった。

相手には王賀美もいて、今の芝居では勝てる見込みはない。どうすれば…

そう考えていると黒山の携帯に百城からお誘いのLINEが来るのでした…

黒山の思い

「すげぇとこに住んでんな」

百城の元を訪ねた黒山は驚いています。

そして二人はソファに座り本題へ入ります。

 

百城は黒山の気持ちが分かっていました。私がやっていることは背水の陣で、勝っても負けても今の立場を失う。

それを黒山も悩んでくれていることも理解しています。

そのすべてを捨てて挑んでいる百城をなんとか勝たせてやりたいと願う黒山。

 

「私ずっと見てきたの夜凪さんのこと。10年私が築いてきたものをたった半年で追い抜こうとしている…」

そして自分勝手だと思っていた夜凪も成長したが、その要因は私にあると話します。

「夜凪は天才で私は違う…人より少し器用だけど普通の女の子に過ぎない。この世界に選ばれた主人公じゃないのも分かっている。でも負けるのは悔しいんだよ!悔しい!!」

 

心の声をぶちまけた百城。黒山はその時思った。羅刹女は嫉妬とも自己嫌悪ともつかぬ怒りの物語…

黒山は確信します。

「お前のその感情だけは誰にも負けない。天使を捨てる覚悟はいいな?百城千世子」

「俺が倒させてやる!夜凪景を!」

アクタージュの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アクタージュの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アクタージュ」を今すぐ無料で読む!

アクタージュ【76話】考察・感想

しっかりしてますね。高校生なのに…

自分が高校生の時って何してたんだろ…こんな熱い思い一切なかった…

百城千世子の良さが全開の回になりましたね。

一気に見る目が変わりました!なんかもう応援したくなる!

そして何か腹案があるような黒山!不気味ですがどのような作戦で来るのか。

次号は夜凪の話になりそうですね。

期待して待ちましょう!!