アクタージュの第81話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年9月14日発売の週刊少年ジャンプ42号、最新話!

アクタージュ【81話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のアクタージュ【第80話】のネタバレはこちら!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\アクタージュの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アクタージュ 前回のあらすじ

孫悟空を演じる阿良也は、王賀美のことを考えていた。

孫悟空の役は、二つの演技が必要のためカメレオン俳優と言われている阿良也は有利であった。

王賀美は何を演じても力強い王賀美になってしまう。繊細な孫悟空の演技ができるのでしょうか…

アクタージュ【81話】のネタバレ

バイクに乗っている花子は街中を見ていて驚いていた。

あちらこちらにある羅刹女とデスアイランドの広告であった。

(舞台の広告とは思えない天知さんの手腕か…)

本番までついにあと7日!

夜凪の変化

夜凪の演技はあの悩んで悩んで、父親への憎しみを思い出してから一変していた。

王賀美は歓喜をし、時にはその演技に戸惑いを見せていた。

「おはよう」

夜凪は久しぶりに事務所に現れた。

夜凪の登場に驚く黒山と雪。

 

朝ご飯をここで食べようかと思っていたと話す夜凪。

「黒山さんコーヒー淹れる?」

雪は黒山が千世子と阿良也を勝たせるつもりでいると発言してから、夜凪が来なくなったので心配していた。

夜凪は今は敵同士でやっているが、敵には慣れていた方が良いと余裕そうな雰囲気を出している。

そして夜凪はやれることならなんでもやると、まるで別人のような表情をしていた。

雪は肝がすわった夜凪に戸惑いを隠せなかった…

武光の犠牲

そのころ武光はデスアイランドで共演したことのある、真咲と茜に会いに来ていた。

しかし二人はあまり浮かない顔であった。

理由は武光が夜凪と共演しているのがずるいという事であった。

 

調子に乗るなよと話す真咲に、俺は色々なものを犠牲にしてきたと話す武光。

そして二人と別れ夜凪と合流していた。

夜凪は二人に会いたくなかったのは、浮かれてしまいせっかく完成しつつある羅刹女の演技がおかしくなるかもしれなかったからだ。

花子の考え

一方、市子は白石に相談をしていた。

市子が悩んでいたのは、やはり夜凪の急激な成長ぶりであった。

本当の敵は相手でも千世子ではなく、共演者ではないかと考えていた。このままでは夜凪と比べられてしまい、何を言われるかわからない。

 

でも市子はまだまだ私は伸びると感謝していた。

感謝は白石も同じであった。王賀美との10年前の償いが出来ると…

その話を陰で聞いていた、王賀美。

ちょうどどこへ花子が現れて、話があるという。

そしてみんなを集めた。夜凪を除いて…

 

「私はこの舞台をより良いものにするために景さんに限界を超えてもらうつもりです」

「そのための仕掛けも用意してあります」

「しかしそれを実行したときに景さんがどういう状態に陥るのかわかりません。」

「きっと景さんは心身ともに羅刹女になる…みなさんにはそうなった彼女を支えていただきたい」

 

花子はあなたたちこそがこの舞台の成功のカギであると考えていたのだ。

花子が考えるある仕掛けとは…

次号へ続く!!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



アクタージュの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アクタージュの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アクタージュ」を今すぐ無料で読む!

アクタージュ【81話】考察・感想

ついに舞台まで1週間!!いよいよですね。

夜凪が急成長しましたが、周りはそれに置いて行かれて悩んでいる様子ですね。

花子の仕掛けはもしかすると親父さんが登場するとか、確実に親父さんにまつわる仕掛けだと考えられます。

舞台上でそのような化学変化が起きるのか分かりませんが、それを支えながら負けないような共演者の演技が重要になりますね…

残り一週間で一皮むけることができるのか…

相変わらず花子さんの考えは恐ろしい…

次号を楽しみに待ちましょう!!