アクタージュの第92話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年12月2日発売の週刊少年ジャンプ53号、最新話!

アクタージュ【92話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のアクタージュ【第91話】のネタバレはこちら!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\アクタージュの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アクタージュ 前回のあらすじ

阿良也も見ていて白石の間の作り方が、完璧であることに驚いていた。

そして、その場に覚悟を決めた武光と市子が現れる。

派手な演技でなんとか夜凪に対抗する武光。

しかし演じていても何か違和感があった。

その違和感の正体は夜凪の視線の先には俺がいないという事であった。

武光は舞台上で夜凪との過去を思い出していた。

俺はいつからお前の隣に立つことを目標にしてしまっていたんだ…

いつのまに夜凪はこんなにも遠い存在になっていたのだろうか。

アクタージュ【92話】のネタバレ

舞台上では白石と武光と市子の三人が夜凪に対峙しているような形になっている。

武光は演じながらも夜凪との過去を思い出していた。

一体いつから俺は…

お互い高めあう仲間だと口にしながらも、俺はお前に憧れていた…

自分という存在

舞台で見ている人たちも武光はあんなに小さい芝居をするやつだったかと思うものもいた。

演技が進み、夜凪を残して舞台袖へと戻ってくる一同。

「すぐに出番なので血糊の準備を…」

 

武光は座り込み全く返事をしなかった。

「俺はどうすればいいですか」

武光が思っているのは、このまま進めばおそらくは滞りなく舞台は終了するという事。

それは良くも悪くも舞台にほとんど影響を与えないこと。

 

でもそのとき自分はもう二度と役者を名乗れないのではないかと考えていたのだ。

「私たちはみんな遅かれ早かれそういう日に出会います」

白石は過去の経験からかそう話す。

 

でもそれは不意に訪れるもので、武光にとっては今日であったというだけ。

夜凪や王賀美のような者と出会った時に私たちに求められるのは彼らの立たせ方じゃない。

「自分の立ち方です」

それでも自分の立ち方なんて分からないと話す武光。

「一生分からないままかもしれません」

白石と武光の会話に割って入る王賀美。

凡人たち

「俺には凡人のことがまるで分からん」

俺には俺の事しか分からないと話す王賀美。

王賀美はいつも一人だった。凡人が勝手にありがたがって勝手に距離を置くからである。

 

「いつまでも俺と共演を願ってくれる身の程知らずの凡人に俺は救われているよ」

その瞬間、武光の中で何かが変わった。

羅刹女は孤独である。ありもしない敵を探している…こんなにも悲しくて孤独なことがあるのだろうか。

 

ゴン!!

武光は自らの頭を壁に叩きつけた。

「すみません。壁に血が…しかし今日は自前のものを使わせてください」

 

武光の頭からは血が流れていた。

その光景をみて何も言えない他のメンバー。

武光は思っていた。

俺がここにいるとただ夜凪に伝える。

 

思い出せ俺は烏山武光。

声のでかさと身体のでかさ。

そして我武者羅だけが取り柄の男。

武光は気持ちを新たに夜凪の待つ舞台へと向かっていった。

次号へ続く!!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



アクタージュの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アクタージュの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アクタージュ」を今すぐ無料で読む!

アクタージュ【92話】考察・感想

武光は思い悩んでいましたね。

しかし王賀美の助言?で気持ちを新たにしました。

しかし血糊を使わずに自ら頭を打ち付けて血を出すとは…

役者魂に火が付きましたね。

いったいどのような演技を夜凪が待つ舞台の上で見せてくれるのでしょうか。

そして市子も色々と悩んでいるはずです。

次号はその辺の話も出てきそうですね。

次号を楽しみに待ちましょう!!