アクタージュの第93話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年12月9日発売の週刊少年ジャンプ2号、最新話!

アクタージュ【93話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のアクタージュ【第92話】のネタバレはこちら!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\アクタージュの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アクタージュ 前回のあらすじ

武光は演じながらも夜凪との過去を思い出していた。

お互い高めあう仲間だと口にしながらも、俺はお前に憧れていた…

このまま演技を進めていてもただただ舞台は無事に終了するであろう。

しかしその瞬間、自分の役者としての人生は終わるような気がする。

その葛藤を胸にしている武光は、血糊を使わずに頭を打ち付けて自らの血を使うことにした。

思い出せ俺は烏山武光。

声のでかさと身体のでかさ。

そして我武者羅だけが取り柄の男。

武光は気持ちを新たに夜凪の待つ舞台へと向かっていった。

アクタージュ【93話】のネタバレ

いちごちゃん。

それが私の7歳~15歳までの名前であった。

きっかけは母が勝手に応募した芸能オーディション。

 

9歳の時に不意に仕事が激減する。それは減ったのではなく2歳年下の新人に仕事を奪われているのであった。

新人なんかに負けてたまるか。

しかし10歳になった頃、その子の仕事はさらに2歳下の新人に回り始めた。

そこで私は気が付いたのである。

 

私たちは努力とか才能とか通用しないくらい大きな流れの中にいるということ。

いかにその中を上手く流されるかを考えるしかないのだと。

私は分かりやすく腐ってしまったけど、なぜかそのあとすぐにドラマが次々決まった。

15歳の時には実力者を避けて、著名な賞までもらってしまった。

流れがきちゃってごめんなさいって感じだったけどそういうものだから仕方ないの。

もうあきらめない!!

市子の回想は終わり、舞台上へと話は戻る。

市子は舞台で対峙する夜凪を見ていて思った。

この子が今回の大きな流れであると。

今回もうまく乗りこなそうと…

 

私は出会ってから目を逸らして今日まで来てしまっている。

しかし武光君は今日であって目を逸らさなかった…

「私まだ伸びますよ」

 

口では言ってみても心の根っこではすでに諦めていた。

歯を食いしばって夜凪に突撃する市子。

いちごちゃんを捨てたのはあの頃の私ごと捨てるため!

 

私に同情されるほどあなたは弱くなかった。

あなたに同情できるほど私は強くなかった!

舐めんなよ新人!!

最大の課題

モニターで見る阿良也は夜凪の怖さはこれだと話していた。

共演者を本気にさせてしまう能力。

たった一度も本気になれないまま消えゆく役者も多いこの世界でこれは脅威である。

 

「絵具と違うだろ!!俺たちは生きている!あんたの頭の中の絵なんかいくらでも超えていくぞ!」

王賀美は花子にそう話すと舞台へ出ていく。

 

さきほどの演技とはまるで違う市子と武光に驚くサイド甲。

みんなが戦いを楽しんでいるように見える。

確かにすごい狂気の芝居だが…

この後の演技は、羅刹女が死闘の末すべてをゆるし自ら炎を鎮める。

 

白石は花子に質問していた。

自ら炎を鎮めるという演技は、今の夜凪にはもっとも難しい芝居です。

「こうなると分かっていてなぜあんな真似をしたんですか?」

物語は終盤へ。

いまだに燃え盛る炎を消すことができるのか

次号へ続く!!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



アクタージュの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アクタージュの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アクタージュ」を今すぐ無料で読む!

アクタージュ【93話】考察・感想

武光に続いて市子も触発されるかのように覚醒しましたね。

今まで本気を出してこなかった市子がついに本気を出す状況に巡り合えました。

全員がそれぞれ思うことがあり、舞台上で爆発させています。

しかし問題はこっからですね。

すべてが花子の計算通りなら、このあとも何か考えているはず。

怒りを鎮めることが出来るのでしょうか。

次号を楽しみにしましょう。