アオアシの第198話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年11月24日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ52号最新話!

アオアシ【198話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊ビッグコミックスピリッツ52号を無料で購入できますよ。

\アオアシの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アオアシ【198話】のネタバレ

あらすじ

トリポネが怖い。

恐怖に駆られたアシトの脳裏に、花が浮かび……!?

【花】

ゴール前、エスペリオンに押し込まれている。早くクリアしなければならない……

そんな時に突然青井の脳裏に浮かんだ花

まるでやけくそのような荒い動きをする青井に周囲も疑問を持ち始めます

青井は、こんな時に浮かんだ花を振り払うので必死でした。

サッカーをやる上でこんなものは俺にはいらねえ!!

そう必死でまるで思い込もうとしているような、相手にあたりにいっているような動きです。

クリアボールを拾って、そうしたら逆にカウンター!そうしようとするもボールはトリポネの方へ……

そこに青井は向かっていきます。

チャレンジをせずシュートコースを断つように支持されるも、青井の耳にはそれは聞こえていません。

防ぐ手がもう考えつかない、

それでもあの化け物のような右足を止めなければ……逃げては行けない。

無理矢理にでもこの足を伸ばせ!

この足を……!!!!!

その瞬間監督の足に激痛が走りました

監督

「やめろ、あたりに行くなやめろ!!!!!!」

【花の助言】

その時、花の幻影が話しかけてきました。

……………………

今の君は、

サッカー以外の余裕がなさすぎる。

スペインの時の、兄ぃに似てる。

フィールドに出てるみんな、一生懸命だから。

つかみたくてもつかめない時ってやっぱりあるよ。

葦人、逃げていいよ。

たかがサッカーじゃないか。

逃げていいからね。」

その瞬間色々な人達との思い出が青井の脳裏をよぎり、一瞬青井が止まります

しかしハッとなった青井。

トリポネのシュートのコースを咄嗟に予測した青井はなんとか防ごうと考えますが……

最悪なことに手で防いでしまったのです。

結果……

青井は試合を退場します……

 

 

アオアシの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アオアシの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスピリッツは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orビッグコミックスピリッツ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orビッグコミックスピリッツ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orビッグコミックスピリッツ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アオアシ」を今すぐ無料で読む!

アオアシ【198話】の感想・考察

……………………

今の君は、

サッカー以外の余裕がなさすぎる。

スペインの時の、兄ぃに似てる。

フィールドに出てるみんな、一生懸命だから。

つかみたくてもつかめない時ってやっぱりあるよ。

葦人、逃げていいよ。

たかがサッカーじゃないか。

逃げていいからね。」

という花の助言……

この幻影により、青井は大怪我をすることを免れた方思いきや…

まさかの退場。

本当に最悪のパターンですね。

青井はあまりにも勝ちたいサッカーをしなくてはチームに貢献しなければ強くならなければ!という概念にとらわれすぎてしまったのでしょう。

現時点ではもはや洗脳に近い状態かと思われます。

クリアボールを拾って、そうしたら逆にカウンター!そうしようとするもボールはトリポネの方へ……

そこに青井は向かっていきます。

チャレンジをせずシュートコースを断つように支持されるも、青井の耳にはそれは聞こえていません。

このように本来ならするべきこと、

普段の青井なら、わかりそうなことすらも

頭から抜け落ちている、

もしくはわからなくなってしまっていて

トリポネに勝たなくては!

という気持ちでいっぱいになっています。

それでもあの化け物のような右足を止めなければ……逃げては行けない。

無理矢理にでもこの足を伸ばせ!

この足を……!!!!!

その瞬間監督の足に激痛が走りました

監督

「やめろ、あたりに行くなやめろ!!!!!!」

このように監督は身をもってこの状態で暴走した場合の末路を知っているからこそ、察すことができたのでしょう。

突如の足の激痛、

それは青井、選手達を思いやる監督ならではの察し方だと思いました。

次回は一体どうなるのでしょうか…!?