20198月1日発売の週刊少年チャンピオン35号で、バキ道の第36話 が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月1日に発売された週刊少年チャンピオン35号に掲載!

バキ道の最新話!第36話 のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

バキ道の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

バキ道 第36話のあらすじとネタバレ

徳川の言った「烈海王と共闘する」という意味も分からずに、徳川に連れられてある場所に着く。

独歩もついてきていた。

克巳「これって…」

そこで見たものは、培養液に満ちたカプセルの中で、キレイなままで保存されていた、烈海王の右腕だった。

徳川「拳雄、烈海王の右腕じゃ」

克巳「そうじゃないッッ!!!」

克巳「模範と仰ぎ―――敬愛してやまぬ存在」

克巳「この腕が誰のものか、見紛うはずもないッッ」

共に武を高めあった存在の体は、一目見ただけでわかるようだ。

克巳「問題は……この珠玉の右腕が、何故ここにあるのかということだッッ」

周囲を見渡すと、研究を思わせる最新設備の数々。

あの武蔵の時のように、烈海王さえも蘇らせようとしているのか?

そう言った思いを真剣なまなざしで訴えかける克巳。

徳川「知れたこと」

独歩は下を向いて黙ったままだったが、徳川はすぐさまに答えた。

徳川「珠玉…まさにそこ 珠玉の価値だからこそ灰にはできん」

独歩「克巳」

独歩も徳川に応えるかのように口を開いた。

独歩「この珠玉、お前が使え」

衝撃を受ける克巳。

徳川「烈海王を見送る際には決めていたこと 右腕を失った愚地克巳を説海王がサポートする」

克巳は「烈海王と共闘する」という言葉の意味を、理解した。

徳川「この提案、喜ばない烈海王がどこにいる―――?」

徳川「これこそが真の供養 そう思わんか?」

克巳「俺が、拒否したら―――?」

徳川「列の元へ帰す この珠玉、明日にでも灰にする」

克巳の長考と沈黙。

そして…。

克巳「わかった…」

 

嵐川「大変だったぜ、選抜」

金竜山はたっぷり葉巻を吸いこみ、勝ち誇ったような顔で「でしょうね」と言い放った。

金竜山「不慣れなルールで不慣れな試合… 敗北けた(まけた)際のリスクは、計り知れない」

馬鹿にされた嵐川は、無表情で聞き、さらにそこから大胆不敵な笑みまで作って見せて、こういった。

嵐川「逆だよ横綱 幕内力士ほぼ全員が出場を希望した」

さしもの金竜山も驚きが隠せず、葉巻を吸う手を止める。

嵐川「素人を相手に、ホントのホントに本気だしていいのかと、念を押されるほどの張りきりようだ」

金竜山「すばらしい それでこそ大相撲力士」

ご満悦と言った表情で答える金竜山。

金竜山「ラインナップをぜひ…」

嵐川「理事会にて紛糾を重ねた結果――」

横綱「零鵬」 195cm 160kg

小結「炎」165cm 97kg

関脇「獅子丸」 181cm 181kg

前頭筆頭「鯱鉾」 190cm 151kg

大関「巨鯨」 231cm 290kg

関脇「猛剣」 177cm 161kg

金竜山「文句なし!!! 完璧な陣容じゃないか」

着々と、戦いの場は整えられていた。

 

そのころバキは、家の前で四股を踏んでいた。

しかし、その四股のために上に突き出された足は、もはや蹴りと言える代物であった。

そこから勢いよく地面にたたきつける左足。

バキ「待ったナシ」

バキ流相撲、始動の瞬間だったッッ――!!

スポンサードリンク



バキ道の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

バキ道の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

バキ道 第36話の感想・見どころ

すんません、全員誰?

調べてみたら、実際にいる人物をもじったのかなとおもいましたが、実際のところどうなんでしょうか?

まあ、今回の見どころは、やはり烈海王(右腕だけ)復活ッ!

してぇ~克巳と一緒に試合してぇ~ってところですかね。

実際烈さんが隻腕として頑張っていた克巳に、腕を渡したいと思うかはわかりませんが、やっとピクル以降活躍がなかった克巳に番が回ってくることを考えると、嬉しいです。

てか、ぱっとでのやつに全員負けないで!

オリバの二の舞は嫌だよ!

…まあたぶん戦い始めるのは後20話先位になりそうなので、気長に待ちます。

次回も楽しみです。