バトルスタディーズの第215話のあらすじ・ネタバレ・をご紹介します!

2019年9月19日発売予定の週刊モーニング42号、最新話!

バトルスタディーズ【215話】のあらすじ・ネタバレをまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊モーニングの40号を無料で購入できますよ。

\バトルスタディーズの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

バトルスタディーズ【第215話】

前回のあらすじ

母親の命日にひまわりを盗んだところをあっさりと捕まった陽向。

父親が謝罪に来て、何事もなかったように墓参りを済ませた。

 

そして、海で釣りをしている修と野球について、そしてこれからについて話し合った。

だが、陽向はまたしてもコンビニで万引きを行なって、またしてもあっさり捕まってしまう。

しかし、捕まえた店長は最初こそ怒りをあらわにしていたものの、自分の過去と重ねてしっかり反省するようにと伝えて、陽向は帰してもらった…

四畳半で変わる人生観

8月21日

陽向は秋から借りた”横羽間VSDL学園”の延長17回までの試合DVDを借りて見ていた。

修は「インドに行けば人生が変わる」という言葉の意味を理解していなかったが、この試合を見たことで、本当の意味がわかったと陽向に伝えながらDVDを手渡した。

 

「インドは己の胸の中」

 

3時間以上にも及ぶ、延長17回まで戦い抜いた高校野球を陽向は涙しながら見ていた。

TV中継
”勝って泣く顔、負けて笑う顔!
延長17回の死闘に幕が下りました”

 

3時間37分

8月22日
午後9時
横浜市 山下公園

海を眺めながら陽向と修は語り合っていた。

陽向「単車パクって、海で遊んで、女と遊んで、腹出して昼寝…」

陽向は自分の過ごす3時間37分と延長17回まで戦った球児たちを比べて、自分が生きた13年よりも、その試合の方が濃く感じたと思っていました。

 

勝ってもお金にはならないし、負けても死ぬわけじゃない。

なのに、何をあんなに必死になって…何のために戦っているのか…

勝って泣いて、負けて笑う…

そんなデタラメな生き方しらねーよ。

 

陽向は自分の人生と比較しながらも、濃いと感じたあの試合をした球児たちのことを考えていました。

すると、修が”価値”について話し始めた。

 

自分の価値

お金を払って試合を甲子園で見たわけでもない…。

一銭も払わずにジュースを飲みながら家で見た。

これじゃ万引きじゃねーか。

10円玉を見ながら修はさらに”価値”について話し始めた。

 

”価値”とは何か…

3ヶ月前に肋を折った治療費が1万3千円。

高校野球史上に残る名勝負よりもよっぽど高い。

 

お金だけじゃないことに意味があると思った修は持っていた10円玉を海に弾き投げてこう言った。

修「本気で生きてるか?

あの試合でそう問われた気がする…」

 

「横羽間高校に行くって決めた」

 

修は自分が欲しい”生きがい”がそこにはいっぱいあるかもしれないと感じたのだ。

そして食べ物に例えて、薄っぺらい味がすぐになくなるガムよりも、いろんな味が詰め込まれたギットギトの家系みたいな一生を送りたい。

せっかく生まれたこの人生をいつか1億の価値をつけてメルカリで売りさばく。

 

修「陽向」

「お前が目指す人生は何味だ?」

陽向はうつむきながらその場を去って行く…

陽向「まずは出汁からとらねーとな」

 

陽向と父親

8月23日
神奈川県川崎市

陽向は父親が働くひまわり産業の工場に来て、作業中の父親に伝えた。

陽向「修君のいる外本牧シニアに入る」

月謝は自分でバイトして払うと伝えるも父親は何も言わずに作業を続けていた。

 

それを横目に見ながら立ち去ろうとした陽向に作業したままではあるが、父親が口を開いた。

「陽向が生まれた時、赤ちゃんじゃなかった」

 

陽向が生まれた時はへその緒が首に巻きついて、身体は真っ青だったのです。

ですが、先生は陽向の足を持って逆さの状態でお尻を叩き始めたという。

補足

新生児を逆さにしてお尻を叩くという、一見とんでもない手法に見えますが、一般的な新生児仮死の確認方法のようです。

へその緒が首に巻きついた状態での出産では、赤ちゃんが仮死状態になることがあり、新生児仮死となると”蘇生”が必要になりますが、少しの刺激で元気に産声をあげることもしばしばあるようです。

そのための確認方法として、赤ちゃんを逆さにしてお尻を叩く・皮膚に刺激を与えるという手法があるとのこと。

陽向を扱う先生の様子を見たママは大笑いして、産声をあげた陽向から涙が流れると、それを舐めてこう言いました。

ママ「生きてる味がする〜」

 

それを聞いた陽向は少し泣きそうになる…

そして、父親さらにこう続けた。

 

父親は息子が前を向いて歩いていこうとしているのに、女房の死を受け入れられずに、現実から逃げるダメ親父…

でも、ママは優しいからこんなダメ親父にもきっとこう言うんだ…

 

「いいじゃん生きてんだがら」って

 

陽向の顔はさらに泣きそうな顔になり、うっすらを涙を浮かべていました。

そして、父親が立ち上がり陽向に向かって「野球を見に行こう」と。

そして「500のごめんねと…1000のありがとうを言わせてくれ」

そんな父親の顔も泣きそうになりながら、帽子で隠していました。

 

そして父親から預かった3千円を握りしめて、陽向は父親を飲むための刺身を買いに行きます。

果てしなく元気な大将から刺身を買っていると、太平洋と呼んで、不登校だった甥っ子を預かったとして呼び出しました。

陽向と同い年と言われ、店の奥から”ドシャ”っと大きな足をのぞかせ、現れたのは…

 

陽向の2〜3倍くらい大きな身体をした”海の怪物”だった。

 

スポンサードリンク



バトルスタディーズの最新話や最新刊を無料で読む方法

 

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

バトルスタディーズの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊モーニングは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 週刊モーニング1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻or週刊モーニング4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 週刊モーニング1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「週刊モーニング」を今すぐ無料で読む!

バトルスタディーズ【第215話】の感想

修も陽向も自分の人生を見つめ直し、どういう人生にしていくか決まってきましたね!

二人とも野球で人生を濃くする選択をしたようですが、簡単な道ではないことはわかっているはず…

どこまで、自分を追い込んで、逃げずに戦うのか楽しみです!

 

それにしても、出産の逆さにしてお尻を叩く手法には驚きました…

絶対に嘘だろと思いながらも調べてみたら、日本赤十字医療センターの報告書にたどり着いて、しっかりと明記されていました…

今でも使われているのかは不明ですが、確かに手っ取り早い確認方法ではありますね。

 

そして、最後に出てきた”太平洋”と呼ばれた甥っ子さん。

描写ではかなり大きな身体をしていましたが、彼も野球に参加してくるのでしょうか。

不登校ということでしたが、ヤンキーで不登校なのか、内気で不登校なのか…

次回で明らかになりそうですね!