#バツイチアラサー女子と男子高校生の第3話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

#バツイチアラサー女子と男子高校生【3話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>#バツイチアラサー女子と男子高校生のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはFODの1ヶ月間無料&1300P付与のサービスで単行本を無料で購入できますよ。

\1ヶ月間無料&1300P/

#バツイチアラサー女子と男子高校生【3話】のネタバレ

決意

壱成と早梅はスーパーに買い物に来ていました。

冷たい目線でホワイトデーコーナーを見つめる壱成。

(誰しもがハッピーなバレンタインを過ごしたと思うなよ。)

 

するとその様子をみていた早梅が、本命からチョコを貰えたと勘違いをして、よかったねと言います。

 

「・・・そういえば」

「同居人からは貰ってねぇなあ義理チョコ」

「吉虎あたりは貰えたら喜んだと思うぜ〜俺はいらねぇんだけど

 

すると早梅は、少しバツの悪そうな顔で吉虎さんにはチョコをあげたと壱成に話しました。

壱成は、ショックを隠しきれず・・・なんで吉虎にだけあげたのか聞くので、早梅は壱成は本命から貰えるからあげなくていいかなと思ったと説明します。

 

(本命以外からもらうチョコなんてウゼーだけなの)

その時、壱成がバレンタイン当日に言っていた言葉を早梅は思い出していました。

 

(お前からもらいたかったんですけど・・・)

 

そして、壱成は本命からチョコを貰えなかったと早梅に言います。

すると早梅は、壱成にこんな提案をします。

「でもさ、あげたらホワイトデー。」

早梅は、まずは自分のことを見てもらえるように努力することが大事だと言いました。

 

(見てろよこんにゃろー)

早梅の言葉に何かを企む壱成なのでした。

 

お返し

ホワイトデー当日・・・

 

(バレンタイン貰ってねぇのにホワイトデーあげるって、やっぱおかしいか?)

(いやいやおかしいだろ俺めっちゃ恥ずかしい奴じゃん、でも女って何貰っても喜ぶ生き物だしな・・・)

壱成は自分の羞恥心と早梅の喜ぶ顔を秤にかけて悩んでいました。

そして結局・・・「プ、プレゼント用で・・・!」

意を決して、プレゼントを買う壱成なのでした。

 

家に帰ると、早梅は庭の雪かきをしていました。

「あ、おかえりー」

「!」

「なに持ってるの?」

壱成が何か包みを持っているのに気が付いた早梅は壱成にすかさず聞きます。

「べ・・・別に・・・」と答えてしまう壱成。

 

しかし早梅はその包みがとても気になってしまったようで、とことん壱成に見せてよーと詰め寄ります。

(チッ、意地でも見てやるって顔しやがって・・・!かわいいなクソっ)

 

結局早梅に追い詰められた壱成は、その包みを早梅にちょっぴり乱暴に渡しました。

「何これ?」

「やる」

「やるって今日何かの・・・あ!ホワイトデー・・・

 

ボッ

 

「言っとくけどお前に買ってきたんじゃねーからな!!いらなくなったからやるって言ったんだ!!」

壱成は顔を真っ赤にして、必死に照れ隠しの言葉を吐き出します。

 

「え・・・」

いらなくなった=フラれた?

早梅の頭の中で本命からフラれた式が出来上がりました。

 

「デリケートなこと突っ込んでごめんね・・・」

「こんなこと私が言うのもなんだけどさ、諦めないで頑張りなよ、それでこれはやっぱり本人に・・・」

「やるっつってんだろ。」

「はーーーーっ言われなくてもわかってるっつーの。」

壱成は、ため息をついたと思うと、早梅の方を真っ直ぐに見てこう言います。

 

「ぜってー俺のもんにするって」

「もう決めてんだよ」

スポンサードリンク



バツイチアラサー女子と男子高校生の単行本を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

バツイチアラサー女子と男子高校生の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で読むことが可能です!

U-NEXT 600円分を無料で読める
FOD 1ヶ月かけて無料で読める(無料期間で1300P貯められる)
music.jp 600円分を無料で読める

おすすめはFODで、すぐにではありませんが、FODは1ヶ月の無料期間と登録時に100P・8のつく日に400Pがもらえます。

なので、バツイチアラサー女子と男子高校生の単行本が無料で読むことが可能です!

\1ヶ月間無料&1300P付き/

FODで単行本を無料で読む!

#バツイチアラサー女子と男子高校生【3話】考察・感想

以上、#バツイチアラサー女子と男子高校生【3話】のネタバレを紹介しました!

 

衝撃の事実が発覚しました。

なんと早梅は壱成の気持ちに気付いてなかったのです・・・!

前回、バレンタインのチョコを自分で食べてしまった早梅。

食べた理由は、壱成が「本命チョコ以外のチョコは迷惑だ」と言っていたからなのでした・・・。

 

そして早梅は壱成に「ホワイトデーには好きな人にプレゼントをすれば?」と提案しました。

ホワイトデー当日まで、壱成は迷っていたようですが、自分の羞恥心よりも早梅の喜ぶ顔を優先して、プレゼントすることを選びましたね♡

 

でも結局、壱成の気持ちは伝わることはなく・・・

ほんと不器用な壱成・・・

 

決めるところはびしっと決めるのに。

壱成の恋はいつか成就するのでしょうか?

バツイチアラサー女子と男子高校生の接点が普通はないだけに、予想が難しいですが、なかなかの長期戦になりそうな予感です。

さてさて、次回の展開はどのようになるのでしょうか?

 

おまけ日常マンガは4〜7話まで購入できるので、ぜひそちらも読んでみてくださいね♪

さてさて・・・続きが楽しみです☆