20198月8日発売の週刊少年チャンピオン36・37合併号で、BEASTARS第140話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月8日に発売された週刊少年チャンピオン36・37合併号に掲載!

BEASTARSの最新話!第140話 のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

BEASTARSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

BEASTARS 第140話のあらすじとネタバレ

皆欲望を発散して孤独をまぎらわすものだけど、ハーフの俺には欲望とかもねぇ~~の。

例えて言うなら、おちんちんも胃ぶくろもないような人生さ。

そんなメロンのまとわりつくような囁きが聞こえるほどに、なまけものの彫り師の独り言は、本当の会話のようだった。

レゴシ(盗み聞きって背徳感がすさまじいな!!)

レゴシの置かれている状況も、臨場感を感じさせているのかもしれない。

ナマケモノは喋る相手が大切であればあるほど、返事に時間がかかるという。

メロンが12時間前に喋りかけていたことを考えると、二人の親密度は相当のものだと思えた。

実際、内容もメロンの弱音を赤裸々に語っていたように思えた。

彫り師「終わりましたよーお客さん」

レゴシ「ハッ終わりましたか」

レゴシはナマケモノの言葉に夢中で、自分の腕に今日の曜日を彫ってもらっていたのを忘れていた。

帰り支度をしながら、レゴシはメロンの孤独に思いをはせる。

レゴシ(孤独か… そうだよな ただの悪獣だと思ってたあいつも1匹の獣なんだよな)

レゴシ(もう1度会って話したいと思う反面、もう2度と会いたくないとも思う… そういう恐怖心を抱かせてくるあいつにも…怖いものはあるはずだ)

レゴシ(心を強く保つんだ俺…!! 警戒と誠意をもって… 奴を調べなくては)

ナマケモノ「このあとはどうされるんですか?メロンさん」

そこで、ナマケモノが重要な言葉を呟いた。

ナマケモノ「そうですか… 海へ… どうか心を癒してくださいませね…メロンさん」

 

レゴシ(メロンは、海を見て何を思うんだろう)

眼前に広がる海原に、レゴシは考える。

レゴシは、メロンと母を重ねるわけではないが、ハーフとして生まれたことで苦しんでいる獣を悪として扱うことは出来ないという結論に至った。

レゴシ(というか、俺こそ海を見て何を思うかな)

レゴシは、少しだけオオカミ以外の血が流れている身として、考えてみた。

ハルちゃんと海を見ながら話がしたい。

701号室のみんなと一緒に泳ぎたい。

サグワンさんと沖まで出て、故郷を案内してほしい。

レゴシ(なんか…俺って結構明るいな)

尻尾を振りながら、のんきにそう思った。

レゴシ(皆のおかげで明るくなったのかな?)

レゴシ(メロンは…ずっと1匹で海を見ているのかもしれない ずっと… 理解者を求めて)

レゴシ「俺がその理解者になれるとは思わないけど… メロンのこともっと知れればなぁ…」

その瞬間!

ピシュン。

鋭い風切り音とともに、レゴシの耳を何かがかすめる。

一拍遅れて、大量の出血。

メロン「ドゥドゥ――ン♪ チャラララッチャラ~」

メロン「ハイッ ここで登場~」

銃を手で弄びながら、現れたのはメロンだった。

後ろにシシ組の構成員も大勢連れて、絶体絶命だった。

メロン「ヒョウの母親とガゼルの父親をもつ青年は… まさに悲劇の主人公!」

メロン「悲劇の主人公のお決まりのシーンと言えばやっぱり、おセンチな表情で海を眺めるやつね!」

レゴシ(罠…)

ナマケモノの話していた内容はすべて、追跡者をおびき出すための罠。

レゴシ(ぜんぶ罠…)

ハーフの五感の鋭さで、後をつけていたレゴシの存在をいち早く察知したメロンによる、用意周到な罠だった。

メロン「君… ナマケモノのセリフを真に受けてからの海を眺めての、あの表情…」

メロン「ハハハハハハハハh!! ヤバイヤバイヤバイヤバイマジで!! 悲劇を演出したかったのに君には喜劇のが向いてたわ!!」

シシ組の構成員たちも、メロンの狂気に戦慄する。

レゴシ(悪は…)

レゴシ(悪は…本当にある)

シシ組によって拘束されたレゴシは、メロンをにらみつけるしかなかった。

そんなレゴシをあざ笑うメロン。

話し合いの余地や、理解しあうことなど、到底無理なことだった。

メロン「ハァ 味気ない俺の生活にとんだ娯楽を提供してくれたね サンキューサンキュー 良い顔見れたら満足したわ」

メロン「たまには下っ端にも褒美をやらなくちゃな お前らで食っていいよ~こいつ ただし今度はちゃんと殺してやれよ」

そういってメロンは、シシ組にレゴシを任せて去っていった。

 

レゴシはシシ組と確執がある。

シシ組はレゴシを、自分達が落ちぶれた元凶の疫病神といい、そんなものを食わないという。

シシ組「だから… 俺たちネコ科が最も恐れる死に方をお前には経験させる」

そういうと、シシ組は紐ででレゴシの自由をうばい、海岸へ連れていった。

そして、椅子に括り付けると、足をセメントで固めた。

シシ組「シンプルに海に落とす それで決まりだ」

シシ組「水死で終わる人生なんざ生まれてこない方がマシだね 俺らなんて雨に濡れるのも苦痛なのによ」

レゴシ、絶体絶命!

BEASTARSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

BEASTARSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

BEASTARS 第140話の感想・見どころ

レゴシの人生、前途多難すぎる…。

今回の見どころは、1話以上かけて描写したメロンの内面が、実はレゴシを陥れるための前振りだったという所です。

まあ恐らく本当の部分もあるのでしょうが、今回はメロンの悲劇(トラジェディー)演技にしてやられましたね。

私も騙されていました。

そのせいでレゴシは絶命一歩手前。

果たしてここから逆転する手立てはあるのでしょうか?

たぶんルイ先輩も都合よく現れてはくれないでしょうし…。

レゴシの力だけで脱出できるのか?

次回に乞うご期待です。