20198月22日発売の週刊少年チャンピオン38号で、BEASTARS第141話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月22日に発売された週刊少年チャンピオン38号に掲載!

BEASTARSの最新話!第141話 のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみであらすじと予想を書いています!

BEASTARSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

BEASTARS 第140話のあらすじ

レゴシは凶悪犯であるメロンの後をつけ、メロンの行きつけであるナマケモノの彫り師の下に辿り着いた。

ナマケモノの彫り師を通してメロンのハーフならではの悩みや不安を聞き、彼を悪としてみることが出来ないと思う。

最後に彫り師から得た情報を頼りに海に行くレゴシ。

レゴシは海を見て自分を振り返り、メロンのことをもっと知って理解者のような存在になれればと、考えた。

その瞬間、レゴシは後ろから耳のあたりを銃で撃たれてしまう。

メロンの仕業だった。

メロンはレゴシが自分を追っていることに気が付いており、偽の情報を握らせて海までおびき寄せたのだ。

レゴシは、メロンを本当の悪だと認識を改める。

しかし、メロンとシシ組を前になすすべなく捕まってしまうレゴシ。

最終的には、手を椅子に括り付けられ、足をセメントで固められてしまう。

シシ組はこのままの状態でレゴシを海に突き落とすつもりらしい。

絶体絶命なレゴシはこの状況から脱出できるのか!?

BEASTARSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

BEASTARSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

BEASTARS 第141話のネタバレ

シシ組「ネコ科とイヌ科… 長い歴史を持つ因縁、今夜俺達がようやく切ってやるぜ」

レゴシは、黙ったままだ。

シシ組「ねんでお前がメロンを追っていたのかは知らねぇが…心配すんな 俺達はおの悪獣の弱点を最近見つけた」

シシ組「あいつのことはいずれ俺達が制圧するさ まぁ一筋縄じゃ行かねぇ相手だから時間はかかるだろうが…」

レゴシ(メロンの弱点を…?)

シシ組はレゴシがルイの友達だということを知っており、海に沈めるのは正直心苦しかったが、それでもやるという意思は固かった。

シシ組「せめて遺言くらいは遺させてやる… 何か言い残したことはあるか」

レゴシ「…あの……」

ここまでずっと暗い顔をしていたレゴシが初めて声を上げた。

レゴシ「もし俺が30分以内にここに戻って来れたら、俺にも教えてくれませんか? その…メロンの弱点」

シシ組「…………はぁ!?」

シシ組「いや…いやいやいやいやお前自分の今の状況分かってる?」

レゴシのあまりに突飛な提案に、シシ組は耳を疑った。

レゴシ「分かってますよ…どうしたものか メロンは手ごわすぎる 俺だけの力じゃとても太刀打ちできない」

シシ組「いやそうじゃなくてよ!!」

レゴシはこれから死ぬ運命だと言うのに、メロンのことを考える余裕まであるようだった。

さらに、レゴシはふくれっ面になるまで酸素をため込んで、いつでも落としてくれと言わんばかりの態度をみせた。

シシ組「…面白いじゃねぇか… 乗ったぜその話」

シシ組「教えてやるよメロンの弱点… ただし本当に戻って来れたらな」

レゴシは、セメントに足を固められ、椅子に縛られたまま海に落とされた。

 

レゴシは、サグワンとの思い出を振り返っていた。

サグワン「レゴシー 一緒ニ銭湯行クヨー」

レゴシ「あっサグワンさん…いいですね 俺も行こうと思ってました お風呂好きになったんですね」

サグワン「ウン…最近ヤットネ」

海で暮らしていたサグワンにとって、風呂に入って体を洗うことの意味が最初わからなかったらしい。

レゴシ「良かった… お風呂は陸の文化ですもんね」

サグワン「海水トお湯ハ全然違ウ! 気持チイイヨ」

そんな他愛のない話をしているとき、レゴシはつまずいてこけかける。

サグワン「レゴシ今ズッコケター!?」

そんなレゴシをみて大爆笑するサグワン。

レゴシ曰く、海では転んだりすることがないので、サグワンにはよろける動作が異様に面白く映るらしい。

サグワン「ウフフフフ 楽シイネ」

サグワン「レゴシガ一緒ニ遊ンデクレテ…私トッテモ陸ノ生活ガ楽シイヨ アリガトウレゴシ… 海獣ノ私ト、コンナニ仲良クシテクレテ」

レゴシ「いやいやお礼なんて…何言ってるんですか そんなやめてください」

照れるレゴシに、サグワンはいきなり変な言葉を投げかけた。

サグワン「ダババビレゴシ ポンポロブー」

レゴシ「ん?」

サグワン「海洋語デハイイロオオカミノレゴシデスッテ意味ナノヨ」

困っているときに、こうやって自己紹介すればかならず助けてくれると、サグワンは言った。

そして、ついにその時が来たのだ。

 

サメ「血の匂いがすると思ったら、なぜこんな所に陸の生物が…?」

レゴシ(きた!!よりによってサメ 海洋語聞き取れないけど、本当に通じるのかな…)

そう思ったレゴシだったが、思い切って教わった言葉を発してみた。

レゴシ「ダババビ レゴシ ポンポロブー!!」

サメ「わざわざ自己紹介するとは律儀な男よ…早速いただこう」

サメは大きな口を開けてレゴシを丸のみにしようとしてくる。

レゴシ(うおおおマジか!!)

サメの発している言葉がわからないレゴシにとって、状況は絶望的に思えた。

海と陸は死生観が違っており、海では生き物を殺すのは日常茶飯事。

レゴシは3時のおやつ感覚で、このままぱっくりいかれる可能性が非常に高かった。

この時、サメはレゴシの発した言葉が、アザラシ訛りの見事な海洋語だと感じていた。

アザラシは知能が高く、海洋生物の中でも崇高な種族とされているらしい。

サメはもしレゴシがアザラシ訛りの海洋語を話せるのだとしたら、尊敬に値すると考えていた。

サメ「…まあ聞き間違いか… 早く食べてあげよう手足拘束されてて苦しそうだし」

レゴシ(あ…もう… 息が…)

 

薄れゆく意識の中で、またサグワンとの思い出がよみがえる。

サグワン「レゴシ…モシモ海デ命ノ危険ニ 晒サレタ時ハ…」

サグワン「アガガ パプブ ダバ ゴマ ビーダッテ叫ブヨ コレ最後ノ手段ネ 私タチダケノ魔法ノ言葉!」

レゴシ「海洋語ですよね どういう意味」

サグワン「ナイショ」

照れくさそうに、サグワンはそう誤魔化した。

 

レゴシ「アガガ パプブ ダバ ゴマ ビーダ!!」

サメ(何…!?)

サメには、レゴシが発した言葉はちゃんと伝わった。

俺はゴマフアザラシと友達です、と。

サメ(それは、価値のある命 陸海の発展のため…生きる義務がある)

サメは足のセメントをかみ砕き、縄を鮫肌で斬り、レゴシを自由の身にした。

サメ「稀有なオオカミよ… そういうことは早く言いなさい」

 

シシ組の目の前には、先ほど確かに海に突き落としたレゴシが居る。

うずくまって息も絶え絶えだが、たしかに生きて、約束の場所に戻ってきた。

シシ組は、先ほどまでの舐めたような態度はやめ、真剣なまなざしでレゴシを見つめ、手を差し出した。

レゴシは手を掴み、立ち上がる。

レゴシ(ありがとうサグワンさん…)

こうして、レゴシは最大の危機を乗り越えたのであった。