20198月29日発売の週刊少年チャンピオン39号で、BEASTARS第142話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月29日に発売された週刊少年チャンピオン39号に掲載!

BEASTARSの最新話!第142話 のネタバレと感想!

▷次回のBEASTARS【第143話】のネタバレはこちら!

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみであらすじと予想を書いています!

BEASTARSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

BEASTARS 第141話のあらすじ

前回、メロンの策略にはまり、シシ組に捕まってしまったレゴシは、拘束され海に落とされてしまう。

レゴシは友人であるサグワンに教わった海洋語で、通りかかったサメに助けを乞い、脱出に成功する。

シシ組はメロンを倒すために、レゴシと協力関係を結ぶ…。

BEASTARS 第142話のネタバレ

ゴーシャの近況

トロロ「ゴーシャさーん 下の階のトロロですー あなたの洗濯物がうちのベランダに落ちてきましたよ」

チャイムを鳴らして、ご近所さんのトロロはいう。

トロロ「はいお届け!! このタオルお宅のだよね?」

ゴーシャ「トロロさん… 目と口を閉じておくれ」

家から出てきたゴーシャは、トロロの気遣いに深刻そうな表情で言ってきた。

バシャッ!

トロロ「……へ?」

ゴーシャはいきなりバケツ一杯の何かの液体をトロロにぶっかけた。

ゴーシャ「消毒完了」

ゴーシャ「すまんすまんすまん!! 親切なご近所さんに!! 君の身の安全が一番だと思ってな!! 気持ちはありがたいが、私のバスタオルなぞ触っちゃいかんよ君~!!」

家から出てきたゴーシャは、自分の猛毒でトロロの体が腐ってしまうことを恐れたのだ。

トロロ「オーバーな! ゴーシャさんいつも自分の毒気にしすぎだよ~」

毒持ちとして偏見で迫害されない安堵と、心配が空回りしたような気が混ざり合って、間抜けな顔を浮かべるゴーシャ。

割と穏やかな余生の一幕…。

 

毎朝起きたら妻と娘に米と水をお供えし、レゴシの元気を祈る。

平日は工事現場で仕事をし、8時に帰宅。

ニュースを見ながら夕飯を食べて、10時には就寝する。

このところレゴシが心配で寝つきが悪かったが、変温動物専用の空調機を買ってみたら、寝つきが良くなったようだ。

レゴシが自分に色んな所が似てしまったことが気がかりらしい。

ゴーシャにとって悩みは多い。

 

ゴーシャの土曜日

ゴーシャにとって土曜日は特別な休日だ。

裏市の近くの、人目を忍んだ場所にある混血種の子供を預かる託児所。

ボランティアでそこの子供たちの世話をすることになっているのだ。

ゴーシャ「皆ー!! いい子にしてたかー?」

子供達「あっゴーシャおじさんだ」 「だっこしてぇ~」

保育士「ゴーシャさん… 今週も来てくれてありがとうございます」

ゴーシャ「いえいえ! 今日はみんなにクレヨンとスケッチブック買ってきました…足りないかな」

保育士「わー!! ありがとうございます 助かります! うちは資金も全然潤沢じゃないので…」

大きな託児所に断られた、見た目で混血種だと分かりやすい子を、ここで預かっている。

ゴーシャ(皆こんなにもいい子なのにな)

保育士「皆ーゴーシャさんが絵本読んでくれるわよ 集まってー」

ゴーシャ「よーし読もう読もう」

そう言って、ゴーシャは絵本を持って座る。

保育士「今日はお掃除の業者さんも来てるから、皆大人しくね」

いつの間にか、ゴーシャの後ろの天井には、コウモリがぶら下がってい

た。

頭を持ち上げてこちらを見ているコウモリ。

ゴーシャの目つきが鋭くなる。

保育士「お隣の家のついでに天上のお掃除をしてくれると言うので、頼んでみたんです」

ゴーシャ「そうですか…どうもお疲れ様です」

ニコリと笑って、会釈をするゴーシャ。

コウモリも会釈を返す。

ゴーシャは絵本を読み聞かせ始める。

子供達「ゴーシャさん! 絵本逆さだよ」

ゴーシャ「あぁ…本当だ ごめんごめん」

ゴーシャ「でもね…獣社会にはぶら下がって生活して…この状態でも絵本が読める種族がいるんだよ」

子供達「コウモリとか…?」

ゴーシャ「そうそう 逆にそういう種族がわざわざ首をひねって正常な景色を見ようとしたら、それは動揺している証拠」

ゴーシャ「あの業者さんみたいにね」

ゴーシャは、コウモリにまた向き直り、鋭い視線を向ける。

ゴーシャ「メスインパラの保育士とか弱い子供達しかいない託児所だと聞いてたのに、突然こんな怪物がやってきて驚かれたのでしょう」

ゴーシャ「先生…一旦子供たちと外に出てもらえますかな」

臨戦態勢を整えながら、油断せずに保育士に向かって言った。

みんなが出た後、コウモリは隠していた牙をむき出しにした。

コウモリ「…来る日を間違えたようだ」

ゴーシャ「この特殊な託児所…怪しい輩が来たところで何ら驚かん そのために私がいる これだけの数がいたのは正直意外だが…」

よく見て見ると、天井の照明の裏には、無数ともいえるコウモリ共が蔓延っていた。

ゴーシャ「混血種の子どもたちの血液目当てで超満員かね 子供を狙う輩は許さん」

 

レゴシ、シシ組の話を聞く

レゴシ「純潔至上主義団体!?」

シシ組「規模のほどは俺たちもわからんが…純血の獣を正義とし、混血を徹底的に排除しようとするちょっと過激な奴らだ」

レゴシ「…まさかそれがメロンの弱点て言うんですかー?」

シシ組「そいつからハーフのメロンの弱点をききだせるっつー話だよ!!」

組織の純度へのこだわりは並大抵じゃなく、ジャコウネコのボスがコウモリを従えているという。

自分の排泄したコーヒー豆を最高級の褒美にしている、聞くからにヤバイ集団だ。

シシ組「そいつらの組織名は、コピ・ルアク ったく…どんな恐ろしいジャコウネコが率いているんだか…」

 

まさか、こいつが?

手のひらにのせられそうなくらい、小さなジャコウネコが、コーヒーミルを回している。

ジャコウネコ「コウモリのみんなが戻ってくる前に、褒美のコーヒー豆挽いとこ ボスとしてせめてこれくらいはしてやらなきゃな」

まさか、こいつが組織のボスなのか?

ジャコウネコ「早く戻ってこないかなー皆」

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



BEASTARSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

BEASTARSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

BEASTARS 第142話の感想

まさかの新キャラクター、登場。

たしかに、いつの時代でもこういう宗教的なクレイジー集団がいるイメージがありますが、ビースターズにも居たんですね。

おっそろしい理念を掲げてるくせに、ボスが可愛いの笑えますね。

また、今回の見どころは、ゴーシャの戦闘シーンです。

文章では伝えずらい、躍動感のある絵が良かったです。

よければ絵で見て欲しいですね。

それでは!