20199月12日発売の週刊少年チャンピオン41号で、BEASTARS第144話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20199月5日に発売された週刊少年チャンピオン41号に掲載!

BEASTARSの最新話!第144話 のネタバレと感想!

▷前回のBEASTARS【第143話】のネタバレはこちら!

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

BEASTARSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

BEASTARS 第143話のあらすじ

ルイは婚約者のアズキと、最悪な夜を過ごした。

童貞のようにうろたえ、一晩中吐き散らしたのだ。

原因は、肉食獣との絆だった。

同族の草食獣一緒にいることより、肉食獣と一緒に居た方が心が安らぐことを自覚したルイは、シシ組に協力する決断をする。

メロンを捕まえるために。

BEASTARS 第144ネタバレ

ルイは草食獣の雌より肉食獣の雄がお好き

ルイ(俺はやっぱりおかしくなってしまったんだ… 同族の雌鹿とホテルで抱き合うよりも…)

ルイ(オスの肉食獣に囲まれている方が断然落ち着く…)

シシ組の下に戻ったルイは、うっかりすると表情が緩むほどにご機嫌だった。

ルイ「とにかくレゴシ!! ちょっと来い」

レゴシ「ハッはい…」

ルイは緩む表情をごまかすために、レゴシを口実にルイ組からすこし離れる。

ルイはいつも視界に入ってくるレゴシに若干呆れていた。

ルイ「本気でシシ組と手を組んでメロンの情報を入手するつもりなのdか?」

レゴシ「ハ…ハイッ 俺はメロンを一度逃がした責任もあるし、彼を捕まえたいんです」

ルイ「肉食と草食ハーフの男を捕まえてハルとの幸せは保障されないぞ」

レゴシはルイからでた厳しい言葉を肝に銘じ、それでもメロンを捕まえる意思を見せた。

レゴシ「シシ組の彼らもルイ先輩と一緒なら一層気合が入るようですし、良ければ1匹ずつ俺に紹介してもらえると…」

ルイ「あいつらを…? 全員ライオン! 以上だ」

シシ組一同「ちょっとちょっとそれはないぜー!!」

レゴシ(皆嬉しそうだな…なんか)

 

シシ組たちの紹介とルイのツノ

冗談で場が和んだところで、シシ組の紹介が始まった。

一番真面目なドルフ。

年長者のサブ。

交渉術にたけているドーブ。

裏市の土地勘が強いジンマ。

趣味が女遊びと暴力のフリー。

若く体力があるアガタ。

ルックスで仕事を持ってくる男ヒノ。

腕っぷしが強いミーゲル。

ドルフ「もとは35匹もいたシシ組がここまで減ったんだ 残った8匹はイカれた精鋭たちだと思ってくれていい」

レゴシ「精鋭…?」

ドルフ「あぁ…アゴを鍛えることで肉食欲を発散していて今の俺たちは日々強くなっている それも全て…ルイのおかげでな」

そういってドルフは、無残に変形したツノを出した。

ルイ「あ!? これこの前抜け落ちた俺のツノ!!」

メロンに食肉を禁じられている間に、皆これをかじって食欲を抑えていたらしい。

アガタ「フクザツだろうけど…ダシがきいててすごく旨いツノだったよ 勝手にこんなことしてごめん…」

ルイはすこしの間目を見開いて動揺していたが、顔を上げた時には普段の冷静さを取り戻していた。

ルイ「さっさとコピ・ルアクに会いに行くぞ… 裏市は道も狭いから徒歩だろ」

アガタ「ル…ルイ 悪かった本当に」

ルイ「聞こえないな お前らは旨い物食わしてもらって謝るのか?」

一同「…ッッ ご…ご馳走様でした」

レゴシはそこに、ライオンを従える尋常ならざる被食者の強さを見た。

 

ヒゲと占いと行動

ジンマ「あっれー!? おかしいな…」

レゴシたちはコピ・ルアクのアジトへの道がわからず、裏市をさまよっていた。

シシ組たちはあっちだこっちだと言いあって、いつまでたってもどちらに行くか決まらなかった。

ルイ「夜が明けるぞこのままだと…さっさといつものやつで決めろよ」

レゴシ「いつのもやつ…?」

ドルフ「仕方ねぇ…オオカミの前でこれをやるのはちょいと気が引けるが…」

そういうとシシ組のみんなは髭を一本抜いて手で束ねた。

髭が階段の方を示す。

階段にの方に行くことになった。

レゴシ「ヒゲに決めさせるんですか!?」

フリー「占いだよ!!」

レゴシは呆れたような顔をしたが、シシ組のみんなは確信をもったような顔をしていた、

ドルフによると、ネコ科は霊感が強く、何かを決断するときに占いに頼るらしい。

猫が自らの死期を察して自ら葬儀場に予約を入れるのも、霊感がなせる業なのだとか。

ドルフ「でもいつだって占いの結果をよくするのは自分の行動次第だと、俺たちはわかっている」

ルイ「楽観的だな…ネコ科らしいけど お前は案外信じなさそうだよな そういうの」

ルイはレゴシにそう言った。

確かにレゴシは占いを信じるタイプではなかった。

でも、レゴシもルイの右足を食べたことを過ちにしないように、毎日を生きている。

それが、レゴシとシシ組の共通点のような気がした。

ドルフ「ん…ヒゲがへたってきたな」

そういったドルフに、レゴシは自分のヒゲを差し出した。

レゴシ「イヌ科に霊感はないですけど…これよければ…」

レゴシ「俺ヒゲうすくて…頼りない1本ですが」

ドルフ「使えねぇーよ オオカミの鈍感なヒゲなんて!! 一応加えてやるけどな!」

そういってシシ組たちは笑った。

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



BEASTARSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

BEASTARSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

BEASTARS 第144話の感想・見どころ

シシ組とルイとレゴシの友情、いいですねぇ~。

特に今回は最後のレゴシがシシ組の皆にヒゲを差し出すのが、なんだか仲間になった証のようで、かなりぐっときました。

シシ組たちは占いの結果を自分たちで良い物にしようとする。

レゴシはルイを食べたことを過ちにしないように生きている。

その生きざまが似たからこその友情ですね。

次回からのみんなの活躍に期待ですね!

それでは!