20199月19日発売の週刊少年チャンピオン42号で、BEASTARS第145話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20199月19日に発売された週刊少年チャンピオン42号に掲載!

BEASTARSの最新話!第145話 のネタバレと感想!

▷前回のBEASTARS【第144話】のネタバレはこちら!

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

BEASTARSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

BEASTARS 第144話のあらすじ

ルイがシシ組に戻ってきた。

彼が来たことでレゴシはシシ組の面々を紹介される。

一段と張り切りだした一行が向かうのは、コピ・ルアクの根城。

果たして件の組織から情報を手に入れることは出来るのか…?

BEASTARS 第145ネタバレ

デコシというジャコウネコについて

ネコ科は神秘に満ちた種族とはいいますが…。

ライオン…トラ…ヤマネコ…ジャガー…。

彼らはまだまだガサツで神秘的というにはほど遠い。

デシコ「そう霊猫とまで呼ばれるこの僕、ジャコウネコのデシコから言わせてもらえばね」

ジャコウネコの神秘は…ずばりお股にある。

ジャコウネコの肛門から出る分泌液は花の香りを高める効果があり、香水の原料として高い価値がある。

ジャコウネコのうんこから取り出した未消化のコーヒー豆は腸内細菌の働きで、えらく美味いコーヒーになるので、それもコピ・ルアクと呼ばれ、貴重な一杯になる。

デシコの体を通すと、あらゆるものが価値のあるものに変化する…!!

分泌液は香水に、コーヒー豆はコピ・ルアクに。

しかし、そのことを年少の頃から馬鹿にされてきたデシコは、それはちょっとしたコンプレックスであった。

どうしてこんなに下に力が集中する?

トイレ以外で神秘を起こしたい!

誰にも笑われない、周りに誇れるような神秘を…!!

そこでデシコは、混血の種族が持つ未知なる可能性を、体内でコピ・ルアクを作るように、研究で価値を見出そうとした。

そうして出来たのがコピ・ルアク研究団だった。

レゴシとルイ一行、コピ・ルアクと接触…!

ルイ「そうか…つまりメロンのことも知ってるんだなあんた」

デシコ「勿論! ヒョウとガゼルのハーフの彼のことでしょ? 彼は頭もよくて非常に興味深い」

コピ・ルアクは資金潤沢な真っ当そうに見える研究団だった。

レゴシは部下思いで志もあるまともな団体と思ったが、ルイはまだ安心はしていなかった。

デシコ「僕ら誤解されやすくてさー この前も部下がコモドオオトカゲに怪しまれて通報されちゃったんだ 可哀想に…」

ドープ「デシコさんよ 俺たちも突然訪れてただで情報を教えてくれとは言わない 俺たちは何をすればいい?」

交渉術にたけたドープが、取り引きを持ちかける。

デシコ「取り引きってわけか…いいよ 取り引きの場にはやっぱりコーヒーが必要不可欠だ! 用意しなくちゃね」

デシコ「ま 僕が知ってるのはメロンの現在の表の顔位だけど」

レゴシ「お…表の顔!?」

かなりメロンに近づける情報に、レゴシは声を上げる。

デシコ「教えてあげるよ その代わり…この袋が条件」

ある紙袋を一同の前に差し出してきた。

デシコ「僕の一週間分のうんこ その中から未消化のコーヒー豆を取り出してほしい そしてみんなでコピ・ルアクを飲もう すべてヒントにつながるはずだ」

レゴシ「やりましょう」

ドルフ「即答!! 正気かおめぇ!!」

ルイ「やるしか…ない…」

シシ組の面々は、正直乗り気じゃなかったがレゴシは謎のやる気を見せていた。

レゴシ「ウンコ探ってメロンの情報得られるなら安いものでしょう!!」

レゴシの気迫に押され、皆でうんこを漁る。

ドルフ「おい…ここまでしてロクな情報引き出せなかったらタダじゃおかねぇぞ…」

レゴシ「大丈夫ですよきっと…デシコさんは本物の研究者だ…メロンが今どこで何をしているかももしかしたら知ってるかも…」

振り返って見たデシコは、人懐っこそうな笑みを返すばかりだった。

メロンの表の顔とは

「いいですかー?皆さん」

「コピ・ルアク…無精卵のたまご…あと牛乳 これら動物の体を通して生み出される食物は、肉を食べた時の幸福感ににたアドレナリンを脳に与えてくれます」

とある学校の授業の至って普通な風景。

「でも肉そのものの刺激を知ってからは…みんながそのありがたみを忘れてしまったんですね…」

その講義をしているのが、メロンであるという点を除けば。

マスクをして牙を隠したまま、ガゼルとして授業をしている。

メロン「そう、肉と言う概念が生まれてしまったのも戦後のことなのです あの第一次肉草大戦のことですね」

メロン「生前までは肉食動物は生命動物 草食動物は自然動物と呼ばれてて、殺生のない関係が成り立っていたんです」

メロン「でも戦争をきに関係は崩れて、いわゆる愛憎と言うんですが…恋愛と同じ、厄介な感情が肉食と草食の間に生まれてしまったのですねェ」

キーンコーンカーンコーン。

メロン「おっとチャイムが鳴りましたね 今日の講義はここまで」

メロンはすごい学歴をもった非常勤の敏腕講師として、人気を得ていた。

メロン「ハイハイ退出前に宿題のレポート出すんですよー テーマは肉食と草食の正しい関係 皆やってきましたか?」

「そっか宿題でてたんだった あんたやってきた?」

ハル「なんか私には難しくってさ今回のテーマ 一晩考えたのに白紙だよ…」

「先生に質問したら? 何か書きたいこと見つかるかもよ」

ハル「そうしよっかなぁー…」

メロンとハルがまさかの接触!?

一体どうなる!?

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



BEASTARSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

BEASTARSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

BEASTARS 第145話の感想・見どころ

最後まじか…!!

メロンが大学の講師をしていることも、それがハルちゃんの学校のことも、かなり驚きです。

このままではハルちゃんが…?

今後の展開に目が離せません。

まあメロンは殺人衝動がないときは普通の動物っぽいから、大丈夫だとは思うけど…。

次回に期待です。