201911月21日発売の週刊少年チャンピオン51号で、BEASTARS第154話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月21日に発売された週刊少年チャンピオン51号に掲載!

BEASTARSの最新話!第154話 のネタバレと感想!

▷前回のBEASTARS【第153話】のネタバレはこちら!

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

BEASTARSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

BEASTARS 第153話のあらすじ

前回、ジャックは自分が社会を支配する、都合のいい装置のようになっていく感覚に悩まされていた。

ジャックの苦しみは、レゴシに打ち上げることで和らぎ、二人の絆も深まった。

そして、ジャックが知ってしまった獣社会の真の歴史を、レゴシに打ち上げ始めて…!?

BEASTARS 第154ネタバレ

学園の大食堂にて。

レゴシ「で…特進クラスでジャックはどんなこと教わったの? ていうかそれ俺聞いていいやつなのかな」

ジャック「獣社会の歴史ね まぁ言ったことろでレゴシは信じないかもしれないし」

ジャック「逆に夜も寝れなくなるかもしれない…!! 今からする話すべて恐ろしすぎて!!」

レゴシ「…そんなに? 気になるなぁ(ちょっと棒読み)」

そんな前置きをして、ジャックせんせいは真の歴史について語り始めた。

ジャック「レゴシはとても細マッチョだ」レゴシ「何急に…」

ジャック「ところで…レゴシは身長と体重いくつ?」

レゴシ「え?えーと180後半で体重は…75とかかな」

ジャック「スタイルが良い…そう レゴシはとても細マッチョだ」

いきなり変なことをいうジャックに動揺するレゴシ。

ジャック曰く、レゴシのような体型は現代社会の象徴で、年々獣の体は細くなっているらしい。

レゴシはゴウヒさんやサグワンさんを思い浮かべて、確かに顕著に太った体型の人は居ないなと思った。

ジャック「でも昔の肉食獣は今より脂肪も筋肉もすごい量で、とにかくデカくて凶暴だった」

ジャック「そう、大昔のこと 肉食獣がまだ…生命動物と呼ばれていた時代だ

 

生命動物と自然動物

平均300cm200kg。

生命動物は、ケンカをして勝った方が負けた方を食べるような、文明が発展しない暮らしを続けていた。

そんな中であったのが、自然動物…今でいう草食動物だった。

ジャック「面白いことに…生命動物は自然動物を守る対象として認識したんだ 手を組んだ方が得になるかもって生存本能だったのかもしれないけどね」

レゴシ「じゃあ…初対面では争いは起きなかったんだ」

ジャック「そう!! そこからの獣社会の発展は目覚ましかった」

元々生殖能力が高くて繁栄していた自然動物が、生命動物を受け入れる形で成立した獣社会は、素晴らしい発展を遂げた。

レゴシ「あっ 学校だとその時代ばかりフォーカスして教わってたよね」

ジャック「一番平和だったからね…怖いのはその後の肉草戦争だ 今から100年前」

レゴシ「…そうだよね」

ジャック「あの戦争は両者の呼称を変えるほど大きなものだったんだ」

レゴシ「呼称?」

ジャック「呼称?」

草食動物が、戦のどさくさで自分たちを食べているものを肉食動物と呼んだ。

肉食は、降伏してくれたらもう草食動物を食べずに、罪を償うと言った。

ジャック「と…そこで おっ………っきなクジラが現れて、そのクジラが戦争を止めたんだって!!

レゴシ「……」

ジャック「クジラのあまりの巨大さに全部バカバカしくなって、草食側が降伏して終戦したの」

レゴシ「…おっきな…クジラ?」

ジャック「ほほえましい目で見るなー!! 絶対信じてないでしょレゴシ!! あーもう言うんじゃなかった!!」

レゴシ「いやいや信じてないわけじゃないけど…いきなりこう…話がファンタジーに…」

ジャック「信じてないじゃん!!」

レゴシ「信じてるよ」

ジャックはへそを曲げて、そっぽを向いてしまうのだった。

ビースターヤフヤが首を垂れる相手

ヤフヤ「…風邪を引きそうだな」

首を垂れながら、水を一身に受け止めるヤフヤ。

雨が降っているわけでもなく、さらにそこは室内であった。

にも関わらず、ビショビショに濡れるヤフヤ。

ヤフヤ「御年400歳とは思えない見事な潮吹きでございますね」

その水は、おっ……っきなクジラの潮吹きだった。

ヤフヤ「あなたの存在で肉草大戦は終わりを迎えることができました 畏怖の念という言葉ではとても足りません」

クジラ「…海洋語が上手くなったな ヤフヤ」

ヤフヤ「恐縮です」

室内の巨大なプールのような所に、ヤフヤはボートに一人。

これがトップシークレットだというのは、言わずもがなだ。

ヤフヤ「あの戦いを止めるきっかけになったあなたのお言葉…今の獣社会に必要なヒントになると皆言います」

ヤフヤ「あの時あなたが何を仰ったのか…まだ教えてもらえないのですか」

クジラ「陸の生物は未熟 いつもケンカばかり もっと仲良く共存できるようにならないと教えないよー

ピュゥと小さく潮吹きをすると、クジラは姿を消してしまった。

ヤフヤ「…さようですか、では…今回の首脳会談は閉会ですね へっくし!!」

>>BEASTARSのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



BEASTARSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

BEASTARSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年チャンピオン1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でBEASTARSを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

BEASTARS 第153話の感想・見どころ

肉草戦争を終わらせたのが、クジラ!?

身構えていたのに、落ちが意外とかわいらしくてびっくりしました。

しかし、恐らくまだ語られていないエグイ過去があったと、私は予想します。

何故なら、馬鹿らしくなって戦争をやめたなんて、ちゃんちゃらおかしいと思うからです。

まさか、戦争をやめないと陸の生物を海の生物が食いつくすとか言ったんじゃ…?ガクブル

そこまで酷くないといいのですが…。

それにメロンの問題も片付いてないし、やることたくさんですね!

がんばれレゴシ!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。