2019年10月12日発売の少年ジャンプ46号で、ブラッククローバーの第224話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月12日に発売された少年ジャンプ46号に掲載!

ブラッククローバー最新話!第224話「オマエは呪われている」のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第223話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

悪魔の手先だと勘違いされたアスタは捕まってしまいます。

処刑されてしまう、というところで仲間たちに助けてもらったアスタ。

魔法帝の機転により国外追放にしてもらったアスタは、仲間たちとともにハート王国へと向かいます。

そして…?

ブラッククローバー第224話「なにもの」のあらすじとネタバレ

ハート王国

ダメだな、ハート王国に入る方法ねーわ」というのはヤミです。

どうやらハート王国は、国境に独自の罠魔法を敷いていて、引っかかれば即お尋ね者になってしまうというものでした。

 

国際問題にもなりかねないということで、慎重に動く必要がありそうです。

ルージュの力でもかいくぐれなそうなこの結界、厄介そうですね。

 

昔ミモザがハート王国に行ったということを言っていたような…、という言葉に、フィンラルにいってこいと命令するヤミ。

 

フィンラルはその言葉に、やっとこれで魔力供給の輪廻から抜け出せる…とぜーはー言いながら喜んでいます。

城を動かすために、絶えず魔力供給をしなくてはならなかったようですね。

ご飯をモリモリ食べている他のメンバーたち。

アスタは魔力がないので食べていません。

 

場面はかわって、ランギルスがベッドで悔しそうに話を聞いています。

 

「そのときにフィンラルさんが頑張ってランギルスさんを止めたのよ」と言われると、「ちっ…、兄さんめ…!」というランギルス。

ランギルスとフィンラル

フィンラルはそこに

「ランギルス!目を覚ましたんだってな!」と空間魔法で飛んできます。

 

「いい気味でしょう…?」というランギルス。

実の兄を殺めかけ、その後輩にやられ、親にその弁明をさせてる最中に自国の王を殺めようとした…、それがランギルスのしたことなのです。

 

フィンラルは、全部エルフに体を乗っ取られてたせいなんだし、と否定しますが、「あげく、バカにしていた兄に助けられ…!!」と話を遮るランギルス。

「あの下民も兄さんも生意気なんだよ…!!才能もないくせに背負いこみやがって…!このままで済むと思わないでくださいよ…!」というランギルスに、「あぁ、その意気だ!」というフィンラル。

 

「俺は今から努力して父さんを認めさせる!!ヴォード家の当主にふさわしい男になる。」

 

そして、俺がフィーネスさんを幸せにする!!

というフィンラルはランギルスの横にいたフィーネスに告白します。

 

「必ずあなたにふさわしい男になって迎えに来ます…!」というフィンラルに、「できるだけ早くお願いしますね…!」と笑顔を見せるフィーネス。

 

その様子をみて、「兄さんちょっときて」というランギルスは部屋から出ます。

今のままではフィーネスを幸せにはできませんよ…というランギルスについていくフィンラル。

なぜなら…とランギルスが続けようと思ったところで、フィンラルは廊下にいた女の子たちに君たち可愛いねちょっとお茶でもどうかな!?と話しかけます。

 

ほらやはり!といって、

「オマエは呪われている!!」と指を差すランギルス。

 

女性と見るや速攻で口説く女たらし!

逃げ続けチャラついた時間がダメだったあなたをさらにダメにした!

そして一度ついに悪癖はそう簡単には治らない!!

とクドクド続けるランギルス。

 

「せいぜいその呪いがとけるようにがんばってくださいね」といって去っていくランギルスはぼそっと、すんなり幸せになんかさせませんよ兄さん…というのでした。

ミモザの話

一方、アスタたちはミモザに話を聞きに来ています。

アスタさんの力になれるなら、と話を始めるミモザ。

 

確かにミモザは、ハート王国に13歳の時にいったことがあるようでした。

それは、兄と一緒にいった留学の時のことでした。

限られた領域内でしか活動できなかったというミモザ。

ハート王国の魔法の技術はクローバー王国とも違っていてとても勉強になったと言います。

 

水と緑が豊かな素敵な国で、その豊富な自然による莫大な魔…、その中心にあるものが悪魔や呪いなのだとすればとても恐ろしいことであるとミモザは続けます。

 

ハート王国を治める王女は、一人で魔法騎士団に匹敵する実力者とも言われており、国の中のことを全て見通している全知の魔導師とも言われているそうです。

そして、ちょうど渡航者を募っている時期だと思うというミモザは、入国許可を申請しておきます、とアスタたちに言うのでした。

 

こうして、正々堂々と正規のルートでハート王国に入国することになったアスタたち。

四人分しか渡航許可をとることができなかったので、ヤミたちはお留守番です。

 

船で進むアスタたちはハート王国に到着しますが、その時、ハート王国の魔女王はクローバー王国の悪魔の力を欲しがっているようでした。

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー最新話!第224話「なにもの」の感想・見どころ

今回はミモザやフィンラルとアスタたちが少数精鋭でハート王国に乗り込むということで、次の展開が楽しみになりますね。

全員で乗り込むのかなぁと思っていたので、四人だけになったのはびっくりですが、そのぶんそれぞれの戦いが描きやすそうです。

他国との戦いになるのか、平和になるのか、

次回も楽しみです。