2019年12月16日発売の少年ジャンプ3号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第233話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年12月16日に発売された少年ジャンプ3号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)最新話!第233話のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第232話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

アスタ達の活躍でスペード王国拠点の一つ、トロンの町を占拠

ロロペチカの作戦は、このまま領土を増やし、スペード王国の悪魔を追い出そうと考えていました。

やる気がみなぎるアスタ達でしたが、そこへ急報が。

なんと、ポルンフルームの森にチャーミーが出没。

フルーツを食い漁っていました。

止めに入ったアスタ。

しかし、チャーミーの食欲は止まりません!

同じ頃・・・

部下に声をかけられた副団長のユノ

どうやら、ハージ村の教会で何かあったようです。

ブラッククローバー第233話のネタバレ

チャーミー大暴走!

チャーミーの恐るべき食欲。

アスタが止めますが意味がありません。

皆さんもご存知でしょう。

チャーミーの食事を邪魔したらどうなるのか?

 

「人の食事を邪魔するものは

 羊にはねられて死んじまえ

 ・・・だよ?」

 

不敵に笑うチャーミー。

アスタの叫び声と共に、森全体がモコモコし始めます。

森の異変にザワつく町人。

姿を現したのは大きな羊。

 

間違いありません!

チャーミーの仕業です!

森の食いしん坊な動物たちを引き連れて、綿で食べ物だけを集めていくではありませんか!

このままでは、森全体の食べ物がなくなってしまいます。

 

様子を見ていたポトロフ。

魔法を使って木の根でチャーミーを押さえようとしますが、羊は綿のかたまり。

すり抜けられてしまいます。

 

ポトロフが困っていると、後ろから姿を現したのは「水色の幻鹿」団長のリル!

一緒に特訓した友達だからこそ、チャーミーを放っておくわけにはいきません!

 

『絵画魔法

 熱をはらんだ氷の侵略』

 

アスタを無事救出!

一緒に空から攻撃。

羊を真っ二つにしました。

 

リルが憧れる女性

チャーミーを無事退治。

町人たちは喜びます。

 

拘束されたチャーミー。

軽い出来心だったようですが、リルが軽い説教をします。

 

「チャーミーちゃん

 食べすぎは体に良くないよ」

 

アスタは、パワーアップしたリルに興味津々。

最近のリルは創作意欲が止まりません。

 理由は、半年前にエルフに乗っ取られたリルを救ってくれた女神に出会ったから!

彼女こそ運命の相手。

リルは目を輝かせて、彼女に見合うだけの強い男になろうと決心したのです。

 

ん??

リルを助けた女性って・・・

ドワーフチャーミーじゃない!?

 

思い出したアスタ。

リルが思う女性の正体は、チャーミーだと教えてあげます。

 

リルは大笑い!

憧れの女性はこんなに太っていません。

リルは人違いだと思ったようです。

 

確かに、ドワーフになったチャーミーは太っていなかったのですが・・・

返事に困るアスタ。

むしろ、自分が太っていることを否定するチャーミー。あくまで、ぽっちゃり派だと言い張ります。

 

驚くべきユノの正体

自らハージ村を訪れたユノ。

懐かしい風景に思い出が甦ります。

 

ユノの胸に光るネックレスは、レブチという盗賊からとってきた影の王級の宝物。

もとはユノの物だと手渡されていました。

 

ユノはシスターと合流。

ひとまず室内へ案内されます。

教会の中へ入ると、ベッドに横たわっていたのは229話で倒れていた男性でした。

シスターの治療もあって意識を取り戻したようですね。

 

ユノの姿を見るなり、男は驚愕。

目を見開いて言いました。

 

シエル様に瓜二つだ

 それにそのネックレス

 間違いない・・・!」

 

ユノは何を言っているのか理解できません。

シスターの説明では、この男はスペード王国からやってきたようです。

スペード王国といえば、今はダイヤモンド王国の侵略した国として知られています。

でも、男は自分は敵ではないと説明。

 

スペード王国も、もとは平和な国。

厳しい寒さの国であってもグリンベリオール家が治めて、国民も幸せに暮らしていました。

ところが、漆黒の三極性(ダークトライアド)が突如姿を現し、グリンベリオール家を追放。

恐怖で国を支配してしまったのです。

 

男は真剣な表情で言いました。

 

「貴方こそ私達の希望

 貴方はグリンベリオール家

 つまり・・・

 スペード王国の王子なのです!!

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第233話の感想・見どころ

え~!!ユノがスペード王国の王子!?

とんでもない事実が発覚しましたね~

なるほど、男は命懸けでユノを探して、クローバー王国に辿り着けたわけですね。

う~ん、でもユノは副団長にもなったみたいですし、クローバー王国からしても欠かせない人物です。

アスタがこの事実を知ったら、なんと言うのでしょうか!?

少しずつ明らかにされつつあるスペード王国の全貌。

漆黒の三極性の目的とは一体!?

次回は、真実を知ったユノの反応に注目したいと思います!