2020年1月4日発売の少年ジャンプ6・7合併号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第235話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年1月4日に発売された少年ジャンプ6・7合併号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)第235話のネタバレと感想!

ネタバレの前にある緑のボックスの中には前回に考察した内容が書かれています。

▷前回のブラッククローバー【第234話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

故郷ハージ村からの連絡で教会を訪ねたユノ。

看病されていたのは、スペード王国から命がけでやってきた男、ラルフでした。

彼の話では、ユノはスペード王国の王子だと言うのです。

証明として、魔法によってユノ過去を呼び覚ました。

ロイスとシエルの間に生まれたユノ。

大事に育てられていましたが、ゾクラティス兄弟が王城を襲撃。

悪魔の力で次々と王族を殺していったのです。

ユノが危ないと思ったラルフの父。

強魔地帯を抜けクローバー王国へ逃亡。

教会にユノを届けたあとに命絶えました。

事実を知っても、今さらユノはスペード王国に戻る気もありません。

ラルフががっかりしていると、金色の夜明け本拠地に敵襲。

ゼノンが姿を現したのです。

ブラッククローバー【第235話】の考察・予想(本ネタバレはこの後)

ブラッククローバー第235話の考察・予想

小さなお子様にも安心して読ませられる漫画ブラクロ。

最近は、アスタ達が急激に強くなっちゃって寂しく感じております。

魔法が使えないアスタが努力する姿は、もう見られないのかな~

 

アスタ達に合わせて、スペード王国がいよいよ動き出しました。

そこで今回は!

スペード王国についておさらいしながら、次回を考察していきたいと思います!

 

ダークトライアドとは?

スペード王国を支配する漆黒の三極性(ダークトライアド)

名前の通り、悪魔の力が使える3人の魔導士が牛耳っているようです。

 

ダンテ

ゼノン

ヴァ二カ

 

会話からして、3人は兄弟。

ダンテは王冠をかぶっており、リーダー的存在。

ゼノンは寡黙で、ダンテの指示に忠実。

ヴァ二カは甘えん坊で、目立ちたがり屋な性格のようです。

 

234話では、スペード王国の過去が明らかになっています。

 スペード王国は、もともとグリンベリオール家が治めた平和な国でした。

ところが、ゾグラティス兄弟の王城襲撃によって一転。

王族が次々と犠牲になっていったのです。

 

ゾグラティス兄弟は、漆黒の三極性(ダークトライアド)のことでしょう。

民がゾグラティス兄弟を知っていることから、ほかの国から来たというよりは、元々スペード王国にいた兄弟といえます。

詳しい強さは、まだ明らかにされていません。

でも、兄弟の力だけで国を制圧しちゃったわけですから。

強いのは確かでしょう。

 

ブラクロのことですからね。

本当は優しい兄弟だったけど、悪魔の力で悪者になっちゃったパターンかな~

ダークトライアドと戦うことによって、メギキュラのことが分かるかもしれません。

 

ユノはサラブレッドだった!

恵外界出身でありながら、幼い頃から超優秀なユノ。

実はスペード王国の王子でした!

 

父は魔導防衛隊第一師団長。

ロイスとシエルの間に生まれた子で、部下の話から両親共に優秀な魔導士だったようです。

ユノは貴族出身のサラブレッドだったんですね~

おそらく、ユノの両親はダークトライアドに命を奪われたのでしょう。

 

スペード王国からやってきたラルフが、ユノを見て「シエルに様そっくり」だと言っていました。ユノは母親似のようです。

 

気になるのは、ユノが身につけたネックレス!

レブチという盗賊からとってきた、影の王級の宝物だそうです。

ネックレス自体は、父親が強魔地帯から帰って来た時に手に入れたものみたいですね。

レブチといえば、ユノから魔導書を盗もうとした鎖魔法を操る男でしたよね。

 

影の王級の宝物ですからね~

きっとネックレスには意味があるはず・・・

なにより、ネックレスに刻まれた柄が、ダークトライアドの3人の顔に刻まれた傷にそっくり!

悪魔の力に関係あるのでは!?

もしくは、ユノの母親、シエル自身がダークトライアドと関係があるのかもしれません。

同じ黒髪で目の色が似ていましたから。

 

ユノを逃がす際に、王族に使える者が言っていました。

 

「ヤツらは我々と同じく

 この国のことを知り尽くしている!」

 

知り尽くすほどですから、ダークトライアド自体が王族に仕えていた側とも考えられます。

どちらにせよ、ユノが身につけたネックレスにも注目していきたいですね!

 

ゼノンの目的

234話のラストで、ゼノンが金色の夜明けに襲撃。

ついに、ダークトライアドの1人がクローバー王国へ部下を引き連れてやってきました。

どうやら冥域の魔導士をお探しのようです。

アスタが巨大移動要塞カンデロを壊しちゃったからでしょうか?

冥域以外は皆殺しする気みたいです。

恐ろしいですね~

 

気になったのは、気軽にクローバー王国へゼノンが訪れたことです。

今やアスタも自由に空を飛べちゃっていますから。

強魔地帯を抜けて、ゼノンがクローバー王国へ姿を現しても驚きはしません。

 

でも、途中で気づきました。

そういえば、ダイヤモンド王国はスペード王国によって占拠済み!

ロロペチカがサラッと説明していましたけど・・・

アスタ達が半年かけて修行している間に、スペード王国は大きく進行していたのです。

となると、クローバー王国のお隣はダイヤモンド王国ですから。

準備が整えば侵略し放題!

意外と「クローバー王国も危ないのでは!?」と思いました。

 

・・・あれ?

ダイヤモンド王国の戦士は!?

強い戦士がたくさんいるはず!

八輝将のマルスはどうした!?

ダイヤモンド王国も心配なってきました。

 

ロロペチカの作戦だと、アスタ達と協力してスペード王国内に拠点を増やす予定です。

これから陣地争いも激しくなってくるでしょう。

まずは、せっかくゼノンが姿を現しましたから。

どれだけ強いのか、お手並み拝見ですね!

ブラッククローバー【第235話】の確定ネタバレ

スペード王国襲来!

「金色の夜明け」本拠地に襲撃。

ユノは慌てて走り出します。

 

ラルフは気づいていました。

クローバー王国へいとも簡単に侵入できるなど、漆黒の三極性(ダークトライアド)の側近クラスのはず。

迂闊に戦ったら危険です。

ラルフが呼び止めますが、ユノの意志は変わりません。

 

「オレは

 『金色の夜明け』の副団長だ!」

 

ユノはそう言うと、空へと飛び立っていったのです。

 

一方で、「金色の夜明け」本拠地は突然の敵襲撃に大慌て!

姿からして、明らかにスペード王国の魔導士たち。

しかし、こちらも負けてはいられません。

返り討ちにすべく、一気に攻撃を仕掛けます。

 

「総員攻撃魔法

 集中砲火!!!」

 

床が見えないほどの集中攻撃。

煙の中から姿を現したスペード王国の魔導士は、なんと無傷!

むしろ、この程度かと残念そうです。

 

狙われたウィリアム

動揺する「金色の夜明け」の団員達。

無理もありません。

相手にしているのは、ダークトライアドから力を授かり、そのなかでも選ばれし存在。

“漆黒の使徒(ダークディサイプル)”だったのです!

全員、零域レベルでした。

 

同じ岩石魔法の団員が挑んでも、一発でやられてしまいます。

それだけではありません。

 周りにいた団員も一網打尽。

血の雨が降ったのです。

 

以前、アスタが戦った兵長も悪魔の力を持っていましたが、兵長レベルは約5%程度。

しかし、今戦っているダークディサイプルは40%まで解放することが可能だったのです。

そして、悪魔憑きのゼノンは80%

簡単に勝てる相手ではありませんでした。

 

金色の夜明け団長ウィリアムに近づくゼノン。団長を守ろうと前に立ったのは、サンドラーでした。

 

呼び止めるウィリアム。

でも、サンドラ-は下がりません。

 

「・・・私がエルフの器だったとしても

 アナタの元で戦うのは

 私自身の意志です!!」

 

ゼノンの魔法

砂魔法で大きな騎士を出現させたサンドラー。ゼノンに挑みます。

ところが!

 

一瞬で玉砕!

サンドラーの体を何かが貫きます。

ウィリアムは危ないと思ったのでしょう。

即座に守りに入ります。

 

「世界樹魔法

 魔守のトリネコ」

 

ウィリアムもゼノンのことはよく分かりません。しかし、団員たちを傷つけるなど団長として許せません。

ゼノンを睨みつけます。

 

対して、ゼノンが繰り出した魔法は・・・

 

「骨魔法

 “無間骨牙(むげんこつが)”」

 

体からたくさんの骨が出現。

サンドラーの体を貫いていたのは、ゼノンの骨だったのです。

 

荒らされる「金色の夜明け」本拠地。

そこへ、急いで駆けつけたユノ。

あまりの惨状に一瞬言葉を失います。

 

建物は壊され、床には血だらけになった団員が倒れていました。

怒りが込み上げてきたユノ。

すぐさま魔法の準備。

ダークディサイプルに対して叫びました。

 

「・・・オマエ

 オレの仲間に・・・

 何してる!!

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第235話の感想

サンドラーはどうしてこうも、いつもすぐにやられてしまうのでしょうか。

圧倒的な強さを誇るスペード王国。

みんな悪魔の力をお持ちのようで、クラスによって解放できる容量が違うみたいですね。ゼノンで80%でしたからね~

ダークトライアドによって、解放できる力に差があるのでしょうね。

強いはずの「金色の夜明け」が一瞬でやられてしまう衝撃の光景。

ユノは一人で挑んで大丈夫なのでしょうか!?

次回は副団長となったユノに注目です!