2020年3月30日発売の少年ジャンプ18号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第245話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年3月30日に発売された少年ジャンプ18号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)第245話のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第244話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

明らかにされたグレイの過去。

ゴーシュを助けたい一心で魔法を発動。

傷口をふさぐことに成功しました。

しかし、アスタはダンテにボコボコに負けてしまいます。

ダンテに狙われたバネッサとグレイ。

そこへ、ヤミ団長が姿を現したのです。

ブラッククローバー【第245話】の確定ネタバレ

ヤミ団長VSダンテ

団長の登場にホッとするバネッサとグレイ。

ダンテは魔法ですぐに気づきました。

彼がヤミ・スケヒロ・・・

探していた冥域だったのです。

 

ヤミも、相手がスペードの悪魔憑きなのは分かっています。

ただ、それよりも許せないのは今の状況。

横たわるゴーシュ。

地面に押し付けられたアスタ。

ヤミは静かに怒りを滲ませます。

 

「テメ―がどこの誰だろうが

 殺す」

 

真っ直ぐに向けられた悪意。

ダンテは心躍っていました。

ただ、同時に腹が立っていたのです。

ヤミが立っている場所はダンテよりも上空。

頭が高いと思っていました。

 

「重力魔法

 魔王の御前」

 

ヤミの後ろから顔をのぞかせていたフィンラル。

突然の重力魔法に、上手く空間魔法が使えません。

そのまま重力で押し付けられ、地面へ真っ逆さま!

地面に激突しそうなところ、ヤミが手で掴み助けてくれました。

 

ヤミが本領発揮!

ヤミ自身はというと、両足でしっかりと立っています。

重力魔法に耐えているのでしょうか?

いや、違います。

 

半年の間にやれることが増えたヤミ。

すでに、次の攻撃準備をしていました。

マナゾーンにできた黒穴。

 

「闇魔法”黒月”」

 

上空にできた黒い穴。

ヤミの領域内に及ぼすダンテの魔法は、完全に消されていたのです。

これぞ闇魔法。

重力が通じないなら、岩を高速で当てればいい。

ダンテは魔法を使って大きな岩石を形成。

猛スピードで岩をヤミへ飛ばします。

ところが!

 

「闇魔法”闇纏・次元斬り”」

 

近づいた岩は真っ二つ!

ヤミによって斬られてしまいました。

空間すら切り裂く闇魔法。

予想以上の強さにダンテは感心します。

これぞ、自分らが探し求めた冥域。

剣を取り出して直接対決!

ヤミの元へと飛んでいきます。

 

「重力魔法

 ヘビーインファイト

 グラディエイター」

 

ダンテの速い動き。

最初はヤミも驚きますが、負けないスピードで回避。

ダンテは、マナゾーンで空を蹴ってすぐに反撃します。

 

両者どちらも譲らない攻防。

避けては攻撃。

避けては反撃を繰り返します。

激しくぶつかり合う刃。

 

戦いながら、ヤミは冷静にダンテの動きを分析していました。

マナゾーンだけでなく、氣を読むダンテ。

ユリウスほでではありませんが、おかげで動きを先読みできていました。

さらに、重力魔法を使って剣撃のスピードすら自由自在に操っていたのです。

 

ダンテの身勝手な野望

ヤミは叫びました。

 

「何かオレのことを

 知ってるみてーだけど

 ストーカーですか

 コノヤロォォォ!!?」

 

なぜ敬語!?

ヤミの突然の質問に対して、ダンテは「私の目的は君だ」と告白。

こんな相手にモテても、ヤミは嬉しくありません。

ダンテが冥域を求めるのは『冥府を繋ぐ鍵』だから。

まさかの冥府発言。

しかし、ダンテ自身もヤミが予想以上に暑苦しい男でがっかりしたようです。

この男の元に、なぜ特異な魔法を持つ者が揃ったのか・・・

ダンテは初めて嫉妬していました。

だからこそ、彼女ら冥域は自分のもの。

バネッサやグレイなど、自分の為に役立ってもらおうと考えていたのです。

 

なんて身勝手な考えでしょうか。

戦いながら、黙って話を聞いていたヤミ。

 

好き勝手言わせておけば、なにをフザけたことを言っているのでしょうか。

団員はヤミが気に入ったから「黒の暴牛」に入れただけ。

 

「マナゾーン 凝縮

 ”闇纏・居合切り”」

 

ヤミは言いました。

 

テメ―みてえな気色ワリーのに

 誰一人やれねーな

 

体から吹き出す血。

ヤミによってダンテは斬られてしまったのです。

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第245話の感想

アスタも修行によって強くなった印象でしたが、やっぱりヤミ団長はもっと強かった!

爽快感溢れる展開でしたね。

それとも、実はダンテはあまり強くないのでしょうか?

漆黒の三極性(ダークトライアド)は、ダンテ・ゼノン・ヴァ二カの3人で構成。

1番強そうなダンテだけが負けた状況です。

ダンテはただの噛ませ犬?

それとも、ヤミ団長が半年の間に強くなり過ぎただけ?

シャーロットが惚れ直しそうな勢いです。

しかし、冥府を繋ぐ鍵が冥域とは、ダンテが言った真相が気になるところ。

このままヤミ団長圧勝で終わるのか!?

次回はダンテの動きに注目です!