2020年7月20日発売の少年ジャンプ33・34合併号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第258話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年7月20日に発売された少年ジャンプ33・34合併号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)第258話のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第257話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ヤミ団長の渾身の一撃が的中したにも関わらず、微笑むダンテ。

なんと「肉体魔法」によって、失った肉体部分を再生。さらに巨体化し、ヤミを攻撃してきたのです。

何度攻撃しても再生するダンテ。

一人では勝てない。

そんなヤミ団長が声をかけたのは、アスタでした。

最後の力を振り絞り立ち上がるアスタ。

ヤミ団長と共にダンテに挑もうとしていました。

ブラッククローバー【第258話】の確定ネタバレ

師弟でダンテを狙え!

ヤミ団長の隣に立ったアスタ。

目の前には巨体化したダンテがいます。

2人で挑んでこようが、ダンテには関係ありません。

さらに楽しませてくれるのではと、高笑いしていました。

 

対して、ヤミとアスタはボロボロ。

息は上がり、体は血だらけ。

でも、闘志は消えていません!

笑顔を浮かべるヤミとアスタ。

 

しっかりついて来いよ、アスタ

うす、ヤミ団長

 

笑顔を浮かべたあと、2人は集中。

息を吸って同時に走り出します。

 

ダンテの重力魔法によって地面が上昇。

2人の前に壁となって行く手を阻みますが、慌てることなく岩を撃破!

 

ヤミ団長がダンテの右腕を切断。

アスタは左腕を狙いますが・・・

攻撃が間に合わない!

むしろ、左手でアスタを殴ろうとダンテの拳が迫ります。

 

間に合わないと察したヤミ。

アスタの胴体を思いっきり蹴飛ばします。

おかげで、どうにかダンテの攻撃を回避することができました。

 

限界を超えたいアスタ

ダンテは巨体化しているにも関わらず、予想外に俊敏な動き。少しでも気が緩めば命はありません。

 

ヤミのおかげで攻撃を回避したアスタは、すぐに態勢を立て直して攻撃!

ダンテの胴体を狙いました。

 

ところが、魔法で姿を消したダンテ。

アスタの攻撃をあざ笑うかのように、次はヤミ団長を狙おうと移動します。

しかし、ヤミ団長にはお見通し!

ダンテが姿を現した瞬間に「死突」を発動。胴体を吹き飛ばすことに成功しました。

 

狙うは、肉体が結合するわずかな時間。

アスタはすぐさまダンテに接近。

攻撃しようとしますが・・・

ダンテに殴られてしまうアスタ。

むしろ返り討ちにされてしまいました。

 

しかし、休んでいる暇はありません。

ヤミとアスタはすぐに態勢を立て直し、すぐにダンテを攻撃しようと飛び出します。

 

ヤミの予想では、ダンテを倒す鍵はアスタの「反魔法」のはず。

どうにかして、アスタの攻撃を当てなくてはいけません。

 

対して、アスタは焦っていました。

団長を助けるどころか、一切攻撃が当たらず足を引っ張っている状態。

半年の修行も効果がなかったようです。

 

ダンテを倒すには、自分すら知らないような力を使うぐらいの気持ちでないと勝てないでしょう。

となれば、残っている方法は一つ。

アスタは心の中で呼びかけました。

 

「なぁ、見てるんだろ

 悪魔!!!」

 

悪魔との取引

アスタの心の中に現れた悪魔。

ヤミ団長が駆けつける前、アスタはダンテを倒すために悪魔の力を借りました。

暴走はしたものの、悪魔の怒りのような感情をアスタは感じ取っていたのです。おそらく、悪魔もアイツを倒したいはず・・・

 

アスタは、もっと早く悪魔と向き合わなければいけなかったのかもしれません。

反省したうえで、悪魔にお願いしました。

 

「力を貸してくれ・・・

 頼む・・・!!!」

 

笑う悪魔。

力を貸すことに同意します。

しかし、今のままではいけません。

力を貸す代わりに、体の一部をもらおうと考えていたのです。

 

これは、悪魔の取引

覚悟が必要です。

「それでもいいか?」と悪魔が尋ねます。

 

取引が成立したら・・・

もしかしたら、アスタは人間に戻れないかもしれません。

それでも、今はどんな方法を使っても、限界を超えなければいけない時です。

それぐらい、ヤミ団長の呼びかけには意味がありました。

 

ここで負けるようなヤツが

魔法帝になれるはずがない

夢を目指す前に

やらなければいけないことがある

 

ヤミ団長の信頼に

 応えられる人間になりたい

 

それがアスタの答えでした。

 

「・・・いいだろう

 くれてやる・・・!」

 

これにて取引成立

アスタが攻撃すると、ダンテに直撃!

慌てて避けるダンテでしたが、少しだけ血が飛び散ってしまいました。

 

二ッと笑うヤミ団長。

悪魔の力を借りたアスタは、以前のように暴走することもありません。

左半身が悪魔。

右半身はアスタ。

大剣を振り上げて言ったのです。

 

これが今のオレの

 全部だ!!!

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第258話の感想

いや~今回は迫力ある戦闘シーンの連続で興奮しちゃいましたね。

めちゃめちゃカッコよかったですよ。

そして、今回の件で悪魔に対するイメージがまた変わりましたね。

悪魔とはいえ、交渉することは可能だったのだと思い知られました。

おそらく、ダークトライアドも同じような方法で悪魔と取引して力を手に入れたんじゃないですかね。

あれだけ悪魔の力を解放できたのだから、もう人間じゃないでしょうけど。

そして、アスタも思いの強さからか、自ら悪魔を呼び出すことに成功。

今度は我を失うことなく戦えました。

アスタは半年の修行は意味なかったといっていたけど、悪魔と交渉できるだけの強さを手に入れたのだから、意味はあったのではないでしょうか。

いよいよアスタが反撃開始!

ヤミのサポートを受けながら、倒してくれると願いたいです!