2020年8月31日発売の少年ジャンプ39号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第262話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年8月31日に発売された少年ジャンプ39号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)第262話のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第261話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

結局、ヤミ団長を救えなかったアスタ。

右腕の治療が終わっていないのに、団長を救けに行こうと病院を抜け出します。

ところが、何者かに魔法で止められ、体を抑えつけられてしまいました。

現れたのは、黒の暴牛副団長のナハト

それも悪魔憑き。

ナハトは微笑みながら、アスタが望むなら「悪魔の力の使い方」を教えてあげると提案してきたのです。

ブラッククローバー【第262話】の確定ネタバレ

ナハトからの提案

ナハトの思いがけない提案。

アスタは驚いていました。

 

すると、ナハトの右肩から顔を出したのは小さな悪魔。

「ナハトの旦那」と言いながら、アスタが何者なのか尋ねます。

小さい体は仮の姿のようです。

ナハトは普通に悪魔と話をしていました。

悪魔と交渉していたアスタからすると、信じられない光景だったのです。 

 

ナハトは見ての通り悪魔憑き。

悪魔の名前はギモデロ

腰には「黒の暴牛」マークがついたショルダーを身につけています。

 

やっとナハトが副団長なのだと信じ始めたアスタ。

ただし、ナハトが副団長なのは、ヤミが勝手に決めただけ。本人はアジトに最初の一回しか入ったことがないようです。

それはなぜでしょうか?

 

ヤミのことが嫌いだから

 

目が笑っていない笑顔で淡々と説明するナハト。しかし、ヤミの実力は認めているようで、ああいう人間ほどしぶとく、死ぬまでにも時間がかかると断言します。

 

ヤミは死なない・・・

なぜ、そんなことを言えるかというと、ナハトはずっとスペード王国に侵入していたからでした。

 

侵入していたと聞いて驚くアスタ。

正直、ナハトはまだ信用できません。

でも、団長がいなくなってしまった以上、すがれる人はナハトだけ。

アスタは頭を下げて「悪魔の力の使い方を教えてくれ」とお願いをしました。

 

微笑むナハト。

実直な人間は嫌いではないようです。

しかし、今のところアスタからは何の才能も感じない様子。

まず、大事なのはちゃんと休むこと。

ナハトは、今日はゆっくり寝るように指示しました。

こんな状態で寝られないアスタ。

でも、ワガママな人間は嫌いだとナハトは拒否。アスタを病院へと返したのです。

 

動揺するシャーロット

次の日。

会議のため各団長が集結。

今後について話し合います。

 

黙って様子を見守るユリウス。

「金色の夜明け」は、ヴァンジャンスの代わりにユノが参加していました。

 

まず「黒の暴牛」からの報告を確認。

悪魔が住む冥府と現実世界を繋ぐためには、クリフォトの樹が必要になります。

その鍵として必要なのが、ヤミとヴァンジャンスでした。

2人とも相当強い団長。

拉致されたなんて、誰もが信じられなかったのです。

 

「フン

 大方油断でもしたんだろう」

 

冷静に話すシャーロット。

しかし、心の中では動揺しまくりです。

ヤミは無事なのか?

ヤミは生きているのか?

まだ自分は好きって伝えてないぞ!?

発する言葉と心の中が一致していません。

 

すると、ユノは全力で戦ったと説明。

「漆黒の三極性(ダークトライアド)」がいかに強いか体験を語ります。

ユノの説明に笑い出すジャック。

ビビっているのだと指摘しました。

 

「金色の夜明け」をバカにするジャックを止めたのはヴァーミリオン。

世界と冥府が繋がろうとしていのです。

いや、もう繋がっているかもしれません。

ヴァーミリオンは警戒していたのです。

ちなみに、ドロシーも参加していますが、興味がないのか居眠りしていました。

 

 荒れる団長会議

2人を拉致した理由はわかりましたが、不明点がまだ多すぎるといえます。

なにより、ヤミとヴァンジャンスがどういう状態かも把握できていません。

リルが「もしかして死んじゃった!?」と言うと、リルを睨みつけるシャーロット。

憶測だけで話をしては進みません。

ジャックは席を立ち「もう帰る」と言い出します。

 

すると、ノゼルがスペード王国に乗り込む気ではないだろうなと呼び止めました。

ノゼルを睨むジャック。

たとえそうだとしても関係ありません。

ジャックの言い方に、今度はシャーロットも参戦。

本当にスペード王国に行くなら、シャーロットもヤミを救けに行きたいのでしょう。

 

もちろん、愚か者を殺したいのはノゼルも同じ。

睨み合うノゼルとジャック。

会議室がピリつきます。

そこへ「いい加減にしろ」と怒り出したのはフエゴレオン。

ヤミがいないはずなのに、会議は荒れていました。それでも、悲しそうな表情ユリウスは黙ったままです。

 

全く先に進まない会議。

すると、突然声がしました。

 

やる気だけは充分そうで何より

 

床からスゥ~と姿を現したのは、アスタを右腕に抱えたナハト。

団長達は突然の登場に驚きます。

抱えられたアスタは、申し訳なさそうに挨拶をしていました。

 

「ちょっと静かにしてもらえるかな

 団長さん達」

 

そう言うと、ずっと笑顔で目を細めていたナハト目が開き始めたのです。

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第262話の感想

ナハトと一体何者!?

悪魔と普通に対話。

強者の団長相手に物怖じしないどころか、会議にも堂々と登場。

それも、スペード王国にずっと侵入していたというじゃありませんか。

ナハトの言い方では、ヤミが死んでいないのは確認できましたが、2人が拉致された以上危険なのは間違いありません。

一刻を争う事態。

ナハトはアスタを連れて来て、何をしようというのでしょうか?

次回の展開がとても気になります!