ブルーロック第48話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

2019年7月31日発売の週刊マガジン 2019年35号、最新話!

ブルーロック【第48話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブルーロックの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ブルーロック第48話のあらすじ・ネタバレ

【ダイレクト】

TOP3の武器も特徴も、頭の中に叩き込んだ。

ここからは俺が、戦場を支配する。

『TEAM RED ボール!コーナーキックでリスタート!』

 

コーナーで構えるは凛。

蟻生を凪が、時光を蜂楽が、それぞれディフェンスについた。

『俺が取るべきポジションはこのスペース』

潔はゴール前のほぼ正面に陣取った。

こうすることで相手のパスルートを制限する作戦だ。

『このピンチを切り抜けて』

『カウンターにつなげる!!』

『このピンチを』

『チャンスに変えてやる!!』

潔の決意。

 

ここが正念場であることを潔はよく理解していた。

凜はフィールドを鋭く見回し、コーナーキックを放つ。

ドシュ

高いパス。

蟻生を狙ったパスなのだろうか。

いや、そうだとしても高すぎる。

ボールは潔たちのさらに上を、弧を描いて飛んだ。

そう、これは

縦直下回転直接弾!!!

コーナーキックから直接ゴールに襲い掛かる凛のシュート。

今度ばかりはそのボールを止められるものは居なかった。

GOAL!!!

RED4-2WHITE

点差はさらに広がり、2点。

「今のムリっしょ、はは」

蜂楽は呆れたように笑い、

「どーやって止めんのアレ」

凪もそれに倣った。

『くそ、俺の判断ミスか!?』

潔は考える。

『はじめから遠いほうのポストにいれば止められたのか?』

『そうするとスペースが空いてしまうから』

『俺はあのポジショニングしかなかった』

自分は最善の選択をしたはず。

しかし、その結果は最悪だった。

しかし、彼らはまだ折れない。

「あと1点取られたら負けだね」

「先にこっちが後3点入れれば勝ちでしょ」

「おう、反撃だ」

俺たち3人のサッカーが

こんなところで終われるかよ!!

 

【RESTART】

潔のキックオフでスタート。

前回編み出したトライアングルで中盤を支配していく。

『あとは最後の局面での、フィニッシュのアイデア!』

『さっきは俺へのラストパスが凪に読まれていた』

『凪と蜂楽の咄嗟の化学反応で何とかなったけど』

『あんなゴール、TOP3相手に何度もきまるものじゃない』

『俺が起こすしかない』

『そうしなきゃきっとゴールは生まれない・・・!』

「いつまでパス回してんだよ」

素早く潔のマークにつく凛。

 

「お前それでもストライカーか」

潔を挑発する凛。

「来いよ」

「終わりにしてやるから」

『なめんなよ、凛』

『そんなに俺に近づいたら、お前の背後のスペースががら空きだぜ!』

『ここだ!!』

「蜂楽ぁ!!!」

 

得意の空間把握能力でスペースを見つけ、素早くそこに走り抜ける。

凛は裏を取って完全に抜いた。確実にゴールできる。

そう潔は考えていた。

しかし

「いいスペースでも見つかったか?」

凜は当然のように、潔と併走していた。

『は?あれ?』

「人間の目ん玉がどうついてるかくらいから、勉強しなおしてこい、クズ」

『俺の空間視野が完全に読まれている』

そうとしか思えない凛の芸当。

いや、違う。

 

『視えたんじゃなく、視せられていたのか・・・!?』

『あの地点に動くように』

『凛の思うままの戦場の未来に』

『俺は・・・引きずり込まれてたのか・・・!?』

『最悪だ』

気づいたときには、もう遅い。

『戦場を支配してたのは』

『俺じゃなくて』

『凛だったんだ』

ボールは奪われ、凛が駆ける。もう潔では追いつけない。

「蜂楽、凪、止めてくれ!!!」

潔の叫びにあわせて、凪と蜂楽は凛に飛び掛っていく。

 

しかし凜は素早いドリブルとフェイントを駆使し、難なく二人をかわしていった。

潔は自分との圧倒的な実力差を目の当たりにする。

『今の俺の実力じゃ計り知れない』

『凛とのレベル差がどれほどなのか』

『それくらい俺と凛の差は圧倒的で』

『絶望的で』

『なのに、なんでだ』

今まさに敗北せんという状況。

その只中にいるのに、潔はただ見ていた。

凛のプレーを。

彼がシュートを放つ、その瞬間を。

『俺の目は、心は、奪われていた』

『糸師凛の蹴り描く、その放物線の美しさに』

GOAL!!!

スコアは、5-2。

WHITEチーム・・・潔たちの敗北が、決まった。

「さーて」

蟻生が無慈悲に言い放つ。

「誰を奪おうか」

敗者から一人メンバーを奪う。

それがこの試験のルール。

潔たちのチームは、今終わろうとしていた。

 

敗北の代償は、重い。

ブルーロックの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

それでも歩は寄せてくるの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブルーロック【第48話】の考察・感想!

以上、ブルーロック【第48話】のネタバレをお送りしました!

まさかの敗北。

あまりにも圧倒的過ぎる凛の力。

凪をも超えるライバルの登場ですね。

果たして潔はストライカーとして彼を超えることができるのか。

そして仲間との別離。

次回からの展開に、目が離せません。