僕に花のメランコリーの第86話を読みましたので、あらすじ・ネタバレを詳しくご紹介します!

2019年10月19日発売のマーガレット22、最新話!

僕に花のメランコリー【第86話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>僕に花のメランコリーのネタバレ一覧はこちら!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでマーガレットの22号を無料で購入できますよ。

\僕に花のメランコリーの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

僕に花のメランコリー【第86話】(22号)のネタバレ

【 ルカ、花との再会 】

「ルカさん…」

花は驚いた表情でそう呟く。

たまたま入ったアパレルのお店で、店員として働き出したルカからお客さんとして話しかけられた花。

「…ルカさんこちらで働いているんですね」

花はそう言うと、少し気まずそうに商品のかかったハンガーに視線を落とした。

「なんでこんな所で会っちゃうんだろ…大丈夫、私もそう思ってるから」

花の気持ちはお見通しというようなルカ。

その言葉に一瞬ドキッとした花だったが、花は「お邪魔してすみません、もう行きます」とその場を去った。

【 花に抱く感情 】

ルカは去っていく花の後ろ姿を見ながら、

…そうやって黙って飲み込んでお利口さんぶる…

…あたしを悪者にするの上手だよね…

そう思っていた。

長くて柔らかそうな巻き髪。

Aラインのワンピース。

可愛らしく、そしてルカが選ばないような色を身につける花。

そんな姿の花を見てしまうと、自分と花とは何もかもが違うのだと思い知らされるルカ

ルカは花に対してついそんな感情を抱いてしまったが、しかし一方で、

…わかってる…

…あの子にこんな事してもしょうがないのに…

そう、わかってもいた。

花が去ったその時、仲間の女性スタッフにランチに誘われたルカ。

…え…今誰かと一緒にいたい気分じゃないけど…

面倒に思いつつも、これも社会人的には大事なのかなと感じたルカは気持ちを切り替えてそのスタッフと一緒にランチに行くことにした。

お店を出たルカ達。

すると「あ、これから休憩ですか?」と、見知らぬ男性2人組が話しかけた。

ハリーポッ〇ー風に眼鏡をかけた男性と、眼鏡をかけていない男性

その2人組にルカと一緒にいた女性スタッフが笑顔で返事をした。

2人はすぐ近くの本屋の店員さんだと説明する女性スタッフ。

「この間飲み会やって仲良くなったんだー」

女性スタッフはそうルカに話した。

大学2年生だということを聞きながら、ルカは…親の金で学校に行ってるのに飲み会なんて生意気…と偏見を抱きつつもぺこっと会釈を交わした。

 

その2人と別れ、ランチをしていると、女性スタッフがルカに親しげにたくさんの話をしてくれた。

「ルカちゃん、めっちゃ綺麗だから!」

どうやらその女性スタッフはさっきの2人組のハリーポッ〇ーじゃない方に、飲み会の席でいろいろルカのことを聞かれたようだった。

そんな話に「そうですか」と塩な返事をするルカ。

女性スタッフはアハハと笑い、さらに話を続けた。

「ルカちゃんのクールさは魅力だと思うけど、店長にも言われてるんだよね…もうちょっと笑顔になってほしいって」

そう言われ、思わず花の笑顔が脳裏をよぎるルカ。

…まぁ、接客業だしね…

…あの子なら得意なんだろうね…

ついそんなことを考えてしまったルカだが、次の瞬間

…嫌だ、あの子のことなんて考えたくない…

そう再び切り替えた。

その時

「わっ♡見て見てルカちゃんあそこ!」

「めっちゃイケメンいる!!立ってるだけで絵になるー!!」

女性スタッフが指を差している方向にルカが目を向けると、その先に立っていたのは弓弦だった

…弓弦!?…

思わず反応してしまうルカ。

しかし、視線の先の弓弦は、ルカとは違う方向を見て何かに気づいた様子を見せ駆け出した。

走り寄った弓弦が手を伸ばした先にいたのは…

花だった

「あー、やっぱ彼女と待ち合わせかー」

女性スタッフの声がルカの停止した思考回路に響く。

女性スタッフが振り向くと、そこにもうルカの姿はなかった。

「あれっ、ルカちゃん?先行っちゃった?」

そう言って周りを見渡したがルカはとっくにその場から去っていた。

【 動揺と、気づいた気持ち 】

激しく動揺するルカ。

…付き合ってるなんて知ってたじゃん…

…それぐらいなんてことないって…

しかし、

…あの2人が一緒にいる所見るのっていつぶりだっけ…

そう思うルカ。

ルカはさっき見た弓弦の姿に現実を叩きつけられていた。

…あんな顔知らない…

…あれが恋してる顔だっていうの?…

考えれば考えるほど、心臓が激しく脈を打つ。

 

「あの、大丈夫ですか?」

そこにタオルを差し出す手が伸びてきた

「具合悪いんですか?」

心配そうに話しかけてきたのは、さっき会った本屋のハリーポッ〇ーっぽい眼鏡の店員さんだった。

「大丈夫です」と答えるルカ。

しかし「顔真っ白ですよ、休んだ方が…」と諭す店員さん。

するとルカは突然、

「…なんで休むの?」

と聞き返した。

「そんなの、負けたみたいじゃない」

「え…負け…?」

ルカに何を言われているのか戸惑った様子の店員さんだったが、

「あ!」

そう叫ぶと、次の瞬間倒れ込んだルを支えてくれたようだった

 

…はじめて出会った時からあたしとは違う子だって思った…

…そして実際それは間違ってなかった…

…あれ?でも…

…「私もそう思いますっ!」そう言ってくれた…

…あの時言っていたのは何だっけ…

そう思いながら目を開けたルカ。

目を開けたルカの視線の先にあるのは天井だった。

ルカが起き上がると、声が聞こえた。

「あ、良かった、大丈夫?」

そう言って傍に来たのはさっきの店員さんだった。

「ここウチの店の事務所…さっき急に倒れたからココに運んだんだ、覚えてる?」

そう説明されたルカはまだボーッとする頭で、自分の膝下にかけられていた男物のシャツを見つめていた。

…倒れた…

そこに本屋の女性の店員さんがやってきた。

「本間くーん!あ!!良かった!」

ハリーポッ〇ーっぽい眼鏡の店員さんは本間くんという名前らしい

その本間に話しかけた女性店員さんは、ルカが目覚めたことに気づくと安心した表情をしながら話を続けた。

「今そっちのお店に電話したら迎えにくるって」

そう話す女性店員に「電話ありがと」とお礼を言う本間。

本間は女性店員が去ったあとルカにこう言った。

「あ!今の子もウチでバイトしてて今まで俺と一緒に君の事を看てたんだ」

「俺と2人きりじゃないから安心して!」

…ダッサ、あたし何やってんだろ…

そう思いながらルカは「…お気遣いどうも」と言った。

「このシャツって…」

ルカは膝にかけられたシャツを掴んでそう尋ねた。

「あっごめん、俺ので」

そう言った本間。

ルカは本屋の事務所内に視線を移した。

すると一冊の本の表紙が目に留まった

「…運命の君…」

そう呟いたルカ。

再びルカの心臓が大きく脈を打つ

「あ、それ知ってる?今度実写化するしね」

…思い出した…

ルカは花の言った言葉を思い出した。

…「たとえば何かの理由で離れてもう絶対会えないはずなのに」…

…「それでも…もう一度出会ってしまったら」…

「運命」

「私もそう思います…っ」

「自分だって言うの…?」

ルカの突然の独り言に「え?」と驚く本間。

ルカはうつむいたまま黙っていた。

…そしてあたしは完全な邪魔者ね…

…あたしと弓弦だって…

つらい事も痛みも分ちあってきた弓弦とルカ。

その時、お互いが救われたのは紛れもない現実。

…でもはじめから決まってたの?…

…最後は全部あの子が持っていくって…

…じゃあ何の為にあたしはもう一度弓弦と出会ったの?…

花と、変わっていく弓弦を見る為に再会したのだろうか。

ルカ自身には何の意味もない再会だったのだろうか。

…眩しい光の中へ、あたしを置いて…

運命の君という題名の、見知らぬ本を握りしめながら自問するルカ。

ルカの手は小さく震えていた。

「…あの、大丈夫?もう少し横になった方が…」

話しかける本間。

その声はルカには届いていないようだった。

「…私だって好きなの…」

そううつむきながら呟くルカの目には涙が溢れていた

ルカはわかっていた。

さっきの弓弦の表情は間違いなく花と一緒にいるからできる表情だということを。

そして、

今こんなに自分の胸が痛いのは、2人が一緒にいる所見たからではないということを。

そうではなく、この胸の痛みは、

あの時ルカが感じてしまったのは、

…弓弦と一緒にいた時のあたしが…

…さっきの弓弦の表情のように…

…ちゃんと笑えていたっけって気づいてしまった事に胸が痛んだんだ…

「う…っ」

嗚咽を漏らすルカ

…ちゃんと好きなの…

…この気持ちは間違ってなんかいない…

…でも…

そう思うルカの表情は溢れ出る涙でぐしゃぐしゃになっていた

 

>>僕に花のメランコリーのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



僕に花のメランコリーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

僕に花のメランコリーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているマーガレットは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orマーガレット1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orマーガレット3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orマーガレット1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orマーガレット2冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料で僕に花のメランコリーを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

僕に花のメランコリー【第86話】(22号)の考察・感想

以上、僕に花のメランコリー【第86話】(22号)のネタバレを紹介しました!

今回の主役はルカでした!!

前回のルカの登場シーンを見て、何とも言えない不吉な予感が…なんて言ってしまいましたが完全に思い違いだったようで…ごめんなさい。

ルカも今回のお話の中で、つらいながらも自分の気持ちに向き合えたような気がします。

ルカの立場で考えると本当に本当に心が壊れそうになる回でしたが、なんだかの回を経てカが前に進めそうなそんな兆しを感じたのは私だけではないはず…

皆さんはどう思いましたか??

ルカにとっての幸せを見つけ、それを全力で応援するためにも次回も必見ですね!!

さてさて♡

本屋の店員、ハリーポッ〇ーっぽい眼鏡の本間くん!!

大学2年生!!

名前付きで登場したからには、今後のキーパーソンであることに期待したいと思います♡

前回チラッと触れていた、弓弦の進路のことも気になりますし…。

次回も楽しみですね!

次回の、僕に花のメランコリー【第87話】(23号)掲載のマーガレット発売日は11月5日(火)です!