ブック放題の実体験評価|875人に聞いた口コミ評判を徹底比較

雑誌や漫画をデジタルで楽しむことができる「電子書籍サイト」。様々な企業がサイトをリリースしている中で、今回は「ブック放題」を紹介したいと思います。

ブック放題はソフトバンクモバイルがリリースしている電子書籍サイトとなっており、月額500円で利用できる手軽さが魅力です。

150誌以上の雑誌や15,000冊以上の漫画を楽しむことができるため、月額500円は格安の安さとなっています。

そんなブック放題の口コミをもとにどんな書籍サイトなのか紐解いていきましょう。

なお、記事の後半では本サイトがオススメするその他の電子書籍サイトも紹介しています。サブ利応にもメイン利用にもおすすめのサイトばかりなので、参考にしてみてください。

ブック放題 公式サイト

 

1.ブック放題の口コミのまとめと使うべき人

この章では、SNSや掲示板を元にブック放題の口コミをリサーチして、「ブック放題を使うべき人はどんな人なのか?」をまとめています。あなたは当てはまるでしょうか?

1-1.他の電子書籍サイトとの違い

【ソフトバンクモバイルの提供】

ブック放題は、ソフトバンクモバイルが提供している電子書籍サイトです。様々な企業が電子書籍サイトに参入している中で、携帯電話会社が参入している例はあまり見かけません。

ブック放題の月額料金は500円です。その支払い方法は

  • クレジットカード
  • 携帯払い
  • Yahoo!ウォレット

の3種類があります。ソフトバンクユーザーは、全ての支払い方法から好きなものを選択できますが、ドコモユーザーやauユーザーの場合は、クレジットカード払いしかできない点は注意です。

クレジットカードを所有していないドコモユーザーとauユーザーは、ブック放題を導入する前に発行しておいてください。

【最新の雑誌で最新トレンドをチェック】

ブック放題は、漫画や雑誌など様々な書籍をストックしていますが、特に雑誌に力を入れている印象があります。

様々なジャンルの最新雑誌をストックしているため、「旬の情報をキャッチできる」と高評価です。

特にファッション関係に関しては強い味方になります。もちろん、経済やグルメに関しても◎!

ちなみに、ブック放題がストックしている雑誌は、主に以下のタイトルです。

  • 週刊ポスト
  • 週刊現代
  • FLASH
  • 週プレ
  • 週刊朝日
  • 女性セブン
  • 日経ウーマン
  • Marisol
  • andGIRL etc

これら以外にも多数のタイトルをストックしているので、興味のある方は一度覗いてみてください。

【データ容量の削減に◎!キャッシュ機能で古いデータを自動削除】

ブック放題が導入している「キャッシュ管理」という機能に評価が集まっています。キャッシュ管理は、古い雑誌のデータを自動的に削除してくれる機能です。

あらかじめ設定した保存冊数をオーバーすると古いデータを自動的に削除してくれて、スマートフォンの容量を過剰に使わなくて済みます。

古いデータにいつまでも固執する必要もないため、最新トレンドのみをキャッチしたいユーザーにとっては優良な機能です。

【旅行雑誌「るるぶ」が読み放題】

後で詳しく後述しますが、ブック放題には「るるぶ」がストックされています。るるぶといえば、旅行好きには欠かせない雑誌です。

ブック放題では、国内旅行にも海外旅行にも役立つるるぶが読み放題!旅行に雑誌を持っていくとカバンがかさばりますが、電子書籍なら大丈夫なので、重宝すること間違いありません。

1-2.こんな人にブック放題はピッタリ!

以下に挙げる概要が当てはまる人は、ブック放題を導入するべきです。

【発売日当日に雑誌を読みたい】

ブック放題以外にも、雑誌をストックしている電子書籍サイトはありますが、発売日をしばらく経過してからストックされるケースは珍しくありません。

しかし、ブック放題は発売日当日に配信される雑誌が多いです。最新雑誌は毎日のように更新されているため、本屋やコンビニに行く手間が省けます。

雑誌をいち早くチェックしたいユーザーは、ブック放題で決まりです!

【旅行好きにおすすめの電子書籍サイト】

前述で少し触れましたが、ブック放題は旅行雑誌の「るるぶ」をストックしています。

るるぶだけで100冊以上をストックしており、月額500円で読み放題!るるぶをここまでのボリュームで配信している電子書籍サイトは他にはありません。

家族旅行、イベント、国内旅行、海外旅行など、様々な特集を乗せたるるぶを好きなだけ読めるため、様々な層のニーズに応えてくれます。

ブック放題のアプリには、気になるページに印をつけておける「しおり機能」があるため、有効活用すれば旅行先でも役に立つこと間違いなし!

るるぶのサンプルページは会員登録をしていない段階でも観覧できるので、興味をお持ちの方は一度チェックしてみてください。

【ソフトバンクユーザーは使いやすい】

ブック放題はソフトバンクがリリースしているサービスですが、ソフトバンク以外のユーザーも制限に差をつけることになく利用できます。

ただ、月額料金の支払い方法などに関してはソフトバンクユーザーの方が使いやすいのは否めません。

【格安の月額500円】

2019年現在、数多くの電子書籍サイトが存在しており、そのほとんどが読み放題の月額料金を取っています。

ブック放題もそれは例外ではなく、月額料金は500円です。ほとんどの電子書籍サイトが500円以上の月額料金を取っているため、これは破格の安さ!

500円以下の月額料金を取っている電子書籍サイトもありますが、その場合に読める書籍の数はブック放題に劣るため、満足度はイマイチです。

それを考えると、ブック放題の場合は格安でボリュームたっぷり!コスパを優先したいユーザーはブック放題をご検討ください。

【お気に入り書籍を他人と共有したい人におすすめ】

ブック放題には、自分が気に入っている書籍を他ユーザーと共有できる機能がついており、「こんなに良い本があったよ!」と教え合うことができます。

自分と同世代の人たちがどの本を読んでいるのかチェックすることもできるため、売上ランキングからは見つけることができない掘り出し物と出会えるチャンスもあり!

書籍探しがマンネリしている方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

逆に考え直すべき人は?

次にあげる概要が当てはまる人は、ブック放題の導入を考え直した方が良いかもしれません。

【YahooIDを作るつもりがない】

ブック放題を利用する際は、登録でYahooIDを必要とします。

YahooIDを持っていればソフトバンクユーザーでなくても利用することができるので是非発行してもらいたいところです。

しかし、中には「YahooIDを作るつもりはない」という人もいることでしょう。そのような人は、残念ながらブック放題は向いていません。他社の電子書籍サイトを利用してください。

【最新漫画を読みたい人は向いていない】

ブック放題は雑誌を強みにしている側面がありますが、漫画も配信されています。

しかし、配信されているのは少々古い漫画なので、最新漫画のチェックには向いていません。この辺りについては、後述します。

1-3.ブック放題ってどんなサービスなの?

ブック放題はどのようなサービスなのか?よくある電子書籍サイトと比較してチェックしていきたいと思います。

よくある電子書籍サイト

よくある電子書籍サイトは、漫画と雑誌バランスよくストックしています。

どちらも「鮮度」の良さを意識している傾向があり、トレンドや最新作のチェックに向いている印象です。

また、読み放題の月額料金は1000円前後となっており、場合によってはそれ以上かかります。

「読み放題」ということを考えればお得かもしれませんが、他社電子書籍サイトと比較すると「ちょっと高いなぁ」と思うケースもあるかもしれません。

ブック放題の場合

【雑誌に強い】

ブック放題は、とにかく雑誌の配信に強いです。配信されている雑誌のジャンルは

ジャンル

週刊誌・女性ファッション・トレンド情報・ビジネス・IT・WOMAN・趣味・エンタメ・男性ファッション・グルメ・お出かけ・スポーツ・アウトドア など

ブック放題では、これらの書籍を発売日に配信しているため、最新雑誌をいち早くチェックするには事欠きません。

毎月雑誌を大量に購入する人にとっては、ブック放題は役立つサイトになるでしょう。

【無料お試しは30日間】

電子書籍サイトは、ほとんどの場合、無料お試し期間を設けています。

ユーザーは、無料期間中にサービスを使い倒して、有料プランに加入するか否か決めるわけです。

無料期間を1週間程度しか設けていない電子書籍サイトもある中で、ブック放題は30日間無料で使い放題!

無料期間中も有料プランと同等のサービスを利用できるので、じっくりと吟味することができるのです。

ブック放題を使ってみて「いまいちだったな」となった場合は、無料期間中に解約してください。そうすれば、料金は一切発生しません。

ブック放題 公式サイト

 

2.口コミでわかったブック放題の2つのメリット

ブック放題についてSNSや掲示板の口コミをリサーチしてみると、以下のようなメリットが見えてきました。

2-1.アプリでオフライン

口コミ

「漫画をアプリにダウンロードしておけばオフラインで読める」
「通信容量の節約につながるアプリのダウンロード機能が重宝している」

主に、このような口コミが目立ちました。電子書籍はとても便利なアイテムですが、「読み込みの遅さ」がストレスになりがちです。それが外出先となるとなおさら…。

ブック放題は専用アプリが用意されており、アプリ内に事前に書籍をダウンロードできます。

ダウンロードした書籍は通信速度を気にすることなくいつでもどこでも観覧可能です。

ダウンロードしておけば、通信容量の節約にもつながるため、「今月もう通信制限がかかってしまった」というストレスも軽減できます。

ちなみに書籍をダウンロードする際のスピードは非常にスムーズです。普通にwi-fiが繋がる環境ならサクサクダウンロードできるので有効活用しましょう。

2-1.複数端末での共有もOK

口コミ

「一つの契約料金で複数の端末と共有可!家族でシェアしています。」
「スマホやタブレットなど複数の端末で共有して利用できるため、外出用や寝室用など分けて利用できるのが良い」

このような好意的な口コミも目立ちました。ブック放題は、最大5台の端末で共有することができます。

そのため、家族で共有する際に非常に便利ですし、一人で使う際に「リビング用」「寝室用」「外出用」のように分けるのも便利です。

ちなみに、ブック放題を複数の端末で共有した際の月額料金は500円のままなのでご安心下さい。なお、5台以上で共有する場合はこの限りではありません。

共有できる端末は以下のようになっています。

  • iPhone対応(ios7.0以降)
  • iPad対応(ios7.0以降)
  • スマートフォン対応(Android4.1以上。Xシリーズ、Nexus6Pを除く)
  • タブレット対応(Android4.1以上)
  • 携帯電話非対応

3.ブック放題を利用する前に知りたい2つの注意点

前述したようなメリットがあるブック放題ですが、これから紹介するデメリットがあるのも忘れてはなりません。

メリットとデメリットを熟知して上手に利用してください。

3-1.古い漫画が多い

ブック放題は雑誌の取り揃えに強い印象がありますが漫画も取り揃えています。漫画は2万冊以上取り揃えているため結構なボリューム!

「これなら最新作もたっぷり読める!」と期待したくなるところですが、残念ながら最新漫画はラインナップされていません。

ブック放題にストックされている漫画は30代から40代に刺さる漫画が多いため、古いのが難点です。

一部を挙げると

『海猿』
『ブラックジャックによろしく』
『クロカン』
『シュート』
『カイジ』

などがあります。懐かしさに浸りたい層には良いかもしれませんね。

アニメ化やドラマ化、映画化されている作品も多いため、若い人でも意外と楽しめるかもしれません。

なお、取得されている漫画は完結しているものばかりなので、一気にラストまで読み進められるのはメリットです。

3-1.雑誌については観覧できない写真がある

著作権の関係で、雑誌の写真は観覧できないものも多いです。雑誌は文章よりも写真を見るのがメインなのでこれは残念…。

しかし、読み放題できる雑誌の数が多いため、立ち読み感覚で雑誌を変更していけば楽しんで読めると思います。

4.ブック放題のメリット・デメリットまとめ

いかがでしたでしょうか?SNSや掲示板から見えてきたブック放題のメリットとデメリットを紹介しました。

改めて簡潔にまとめると以下のようになります。

メリット デメリット
  • ダウンロードしてオフラインで楽しめる
  • 最大5台まで複数の端末で共有できる
  • 30代から40代向けの古い漫画が多い
  • 著作権の関係で一部見れない写真がある

ブック放題 公式サイト

 

5.28社の比較でわかるブック放題以外のおすすめ電子書籍サイト

前述したように様々な良さがあるブック放題ですが、ブック放題以外にもおすすめの電子書籍サイトはあります。

ここでは、SNSや掲示板の口コミを参考に、28社の電子書籍サイトを比較してみました。

サブとして、あるいはメインとして利用できる電子書籍サイトを探している方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

順位 サービス名 総合評価 お得さ 使いやすさ
1 ebookjapan 4.95 4.9 5.0
2 U-NEXT 4.90 5.0 4.8
3 コミックシーモア 4.85 4.9 4.8
4 BookLive 4.85 4.8 4.9
5 まんが王国 4.80 4.7 4.9
6 Kindleunlimited 4.75 4.8 4.7
7 DMM電子書籍 4.70 4.6 4.8
8 FOD 4.70 4.9 4.5
9 music.jp 4.65 5.0 4.3
10 Renta! 4.60 4.8 >4.4

 

1位の電子書籍サイト「ebookjapan」

eBookJapanは、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが2000年に立ち上げた電子書籍サイトです。

数多くある電子書籍サイトの中で、割引キャンペーンや漫画の品揃えに定評があり多くのファンを獲得しています。

eBookJapanは2019年にリニューアルを行いますが、サービス内容はこれまでと変わることなくお得なキャンペーンが豊富に揃っています。

キャンペーンのページだけでもかなりワクワクしてしまうようなお得な情報が満載です!

取り扱い数もトップクラスなので、まずはeBookJapanで探してみるという人もいます。

この機会にお得に電子書籍を集めてみてはいかがでしょうか。

ebookjapan 公式サイト

2位の電子書籍サイト「U-NEXT」

第2位に挙げたのは「U-NEXT」です。U-NEXTでは、漫画、書籍、ライトノベルなどが充実しています。

初回登録で「31日間無料体験」することができて、しかも600円分の無料ポイントがもらえるため、気になる作品をたっぷり試し読みできるのが魅力です。

U-NEXTの特徴としてはやはり動画配信サービスですね。

約8万本以上も見放題なので追加料金もなく楽しむことができます。映画・ドラマ・アニメなど動画のジャンルも様々で原作が漫画からメディア化した作品をご覧になれます。

U-NEXT 公式サイト

3位の電子書籍サイト「コミックシーモア」

コミックシーモアは、レディースコミックの品揃えに定評がある電子書籍サイトです。

中でも成人女性向けのラインナップを強みにしており、BLやTLのようなちょっと危険な香りのする作品を多数取り揃えています。

コミックシーモアにも読み放題プランがあるので、どちらを利用した方が自分に合っているか確認するのも大切ですね。

ブック放題との違いとしては、通常の単品購入が可能なだけでなく、レンタルとして通常よりも安価に読むことも可能となり、様々なバリエーションで利用できるのが強みです!

コミックシーモア 公式サイト

4位の電子書籍サイト「BookLive」

「何でも揃う」「書籍の品揃えのバランスが良い」と評判の電子書籍サイトです。

テレビCMやネット広告でも目にするほど、大手の電子書籍サイトですが、お得さ・取り扱い作品数の他に、オリジナルの出版社として独占配信している漫画もあります。

これらの作品はランキングに食い込むほど人気作品が多く、しばらくして他の電子書籍サイトでもラインナップされますが、やはりどこでも人気になっている傾向があります。

BookLive! 公式サイト

5位の電子書籍サイト「まんが王国」

5位にランクインした電子書籍サイトは「まんが王国」です。まんが王国は、開設されてから10年以上の歴史を誇っているため、安心と実績から高い人気を得ています。

まんが王国という名前から漫画をメインに取り扱っている電子書籍サイトで、漫画に特化している部分から独占先行配信作品も豊富で、それらの作品はベストセラーになるほど人気になっています。

また、他とは違う「試し読み」が好評です。

じっくり試し読みという通常よりも多くのページ数を読むことができるサービスです。

また、会員登録は無料で行えるにもかかわらず、それだけで無料で読める作品・巻数が増えます!なので、とりあえず会員登録をする人も多くなっています。

まんが王国 公式サイト

参考アンケート結果28社まとめ

前述したようなアンケート結果を見てみると、大手企業が手掛ける電子書籍サイトが上位に入っていることがわかります。

電子書籍サイトは女性ユーザーも多いですし、エンタメ業界はコンプライアンスが厳しくなっている背景もあり、信頼性の高さがユーザーに重視されているようです。

漫画のラインナップを強みにしている電子書籍サイトもあれば、雑誌を強めにしている電子書籍サイトがあることも分かります。

「漫画をメインに読むのか?雑誌をメインに読むのか?」で読者のニーズに答えられる電子書籍サイトが増えているのはとても良いことです。

そして、U-NEXTやFODのように動画コンテンツが充実している電子書籍サイトが人気を得ている点も見逃せません。

ドラマやアニメなどの映像化作品は、漫画を原作にしているケースが多いため、「映像と原作を1つのサイトで確認できるのは嬉しい」と感じるユーザーが増えているようです。

今後も漫画原作を映像化する機会は多いでしょうから、映像コンテンツを充実させる電子書籍サイトは増えるかもしれません。

今後、電子書籍サイトがどのようなバリエーションの展開を見せていくのか?目が離せません!注目していきましょう。

 

6.ブック放題の登録・利用の流れは?

ここまでの内容を読んで「ブック放題を使ってみたい!」と思った人達は、是非登録してください。

ブック放題の登録方法は下記で紹介しています。

LINE、facebook、Twitter、Softbank、Yahoo!IDなどのユーザーなら、3分ほどで会員登録できるのでお手軽です。

>>ブック放題 公式サイト

6-1.STEP1「ブック放題」公式サイトから申し込み

まずは、ブック放題の公式ウェブサイトにアクセスしてください。

ウェブサイトのトップページに【ブック放題1ヶ月無料で試す】というボタンがあるのでクリックします。

6-1.STEP2会員登録の手続き方法を選択

SNSアカウント、携帯電話支払い(ソフトバンクオンリー)、Yahoo!JAPANIDのどれで月額料金を支払うか選択してください。

選択したら「同意して始める」をクリックします。Yahoo!JAPANIDを選んだ場合は、ログインするともともと登録していた自分の情報が表示されます。

内容を確認して問題なければ【入力内容を確認する】をクリックしてください。

6-1.STEP3お支払い手続き

お支払い手続き画面で、利用内容が「ブック放題」になっていることを確認してください。

もし、Yahoo!ウォレットを登録していない人は、ここで必要事項を入力してクレジット登録します。

6-1.STEP4登録完了

登録内容の最終確認画面になります。内容に目を通して問題がなければ利用規約を読んでください。

利用規約に同意できるならチェックを入れて【申し込む】ボタンをクリックします。これで登録は終了です。

後はメニューから読みたい漫画や雑誌を選べば、読書を楽しめます。そのまま読むこともできますが、アプリがあるとより便利です。

必要に応じてダウンロードしてください。

7.まとめ

今回は、ソフトバンクが提供している「ブック放題」という電子書籍サイトを取り上げましたが、いかがでしたでしょうか?

ブック放題は、漫画も取り揃えていますが、雑誌の品揃えに関しては圧倒的なコストパフォーマンスとなっています。

少し前まではストックされている雑誌の数は170誌でしたが、2019年6月現在は200誌となっておりボリュームたっぷり!今後も増える見込みは十分です。

雑誌に関して言うと、るるぶを読むことができるのは強みとなっており、旅行のお供に重宝すること間違いなし!

ブック放題は、最初の30日間は無料で利用できる点も見逃せません。

今回の記事を読んで興味を持った方は、1ヶ月たっぷりと無料利用してみてはいかがでしょうか。

また口コミランキング1位のebookjapanも是非チェックしてみてください!

\総合評価No.1の電子書籍サイト/ \漫画・雑誌の読み放題/
ebookjapan 公式サイト ブック放題 公式サイト