ブックパスの実体験評価|875人に聞いた口コミ評判を徹底比較

auが提供する電子書籍サイト「ブックパス」は、今注目のサービスとして広まりつつあります。

紙の本から電子書籍に移行したい人や、もっとお得に電子書籍を使いたい人は、ブックパスならではの要素が魅力になるかもしれません。

こちらではそんなauブックパスについての情報を、さまざまな角度からまとめています。

メリットとデメリットを把握し、口コミから得られる使用感を参考にして、ブックパスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、当サイトおすすめの電子書籍サイトもランキング形式でご紹介しますので、ブックパスの特徴と合わせて比較してチェックしてみましょう!

ブックパス 公式サイト

 

1.ブックパスの口コミのまとめと使うべき人

携帯キャリアの大手企業であるauが提供するブックパスは、多くのユーザーを取り入れて成長している電子書籍サービスです。

スマホやパソコンで読書ができる機能は、時間のない社会人にも、なるべくたくさんの本を読みたい学生にもおすすめとなっています。

幅広い層に魅力となっているため、好意的な口コミが多数寄せられるているのです。

口コミ

「本をたくさん買うよりauでブックパスのがお得」
「ブックパスでマンガ雑誌読み放題サービス開始! 他サービスでは見かけない雑誌がある」
「安心できるサービスで、月額読み放題が魅力的」
「読み放題なので興味をもったタイトルを沢山読める」

ブックパスだからこそ体験できる魅力や、紙の本では実現されないお得なキャンペ―ンなどが多いため、自然と利用者の満足度を高めています。

とりあえず電子書籍を始めてみたいという人は、ブックパスでのデビューがおすすめされるでしょう。

1-1.他の電子書籍サイトとの違い

ブックパスは携帯電話のキャリアとして有名なauが提供する電子書籍サイトなので、安心安全な利用が可能です。

大きな経営母体があるということは、簡単に事業を撤退したり、サービスの縮小を計画したりしない可能性が高くなります。

そのため電子書籍を長期間買い続けるのに、うってつけのサイトになるでしょう。

むしろ電子書籍が今以上に普及していけば、さらなるサービスの充実が叶うかもしれません。

他電子書籍サイトとユーザーを取り合うような形になるなら、今後書籍のラインナップを増やしたり、使いやすい独自インターフェースの開発を行なったりすることも考えられるのです。

そういった期待値の高さこそ、auブックパスの魅力であり、他にはない特徴になるでしょう。

携帯キャリアが運営している電子書籍サイトはいくつかあり、他にもソフトバクが「ブック放題」を、ドコモが「dブック・dマガジン」をリリースしています。

ブックパスが気になっているのなら、それらの電子書籍サイトをチェックして、違いや良さを比較してみるのがおすすめです。

1-2.こんな人にブックパスはピッタリ!

電子書籍サービスは1冊ごとの単品で購入するか、読み放題で利用する2つのパターンが基本となっています。

auブックパスはその両方を備えている電子書籍サイトなので、ユーザーの使いやすい方法で読書を楽しむことができるのです。

読み放題でたくさんの本を味わいつつ、ピンポイントで自分の好きな本を買いたい。

そんな柔軟な使い方を目指す人にこそ、ブックパスはピッタリとなるでしょう。

ブックパスにはとても充実したラインナップがそろっているので、たくさんの本を楽しむことができます。

しかしすべてを購入するにはコストがかかりすぎ、読み放題だけではかゆいところに手が届かないことも多いです。

電子書籍が持つ2つのスタイルを採用しているブックパスなら、利用中にそんな歯がゆい思いをしなくて済むでしょう。

ある程度電子書籍に慣れていて、より自由な利用法を求める人は、ブックパスの機能が要チェックです。

逆に考え直すべき人は?

auブックパスの魅力を味わうには、読み放題サービスを使うことがおすすめされます。

そのため単品での購入だけを予定している人は、もっと他の電子書籍サービスと比較していくといいでしょう。

もちろん1冊ずつの購入でもブックパスは十分魅力的なサービスですが、システム全体のメリットを堪能するのが難しくなります。

とはいえ無理やり使わない読み放題サービスに登録しても、結局満足することはできません。

自分が読み放題を使うほど電子書籍に時間を割けるかどうかを、利用時の基準にしてみるのもおすすめです。

もちろんブックパスをきっかけに、読み放題サービスを利用してみるのもひとつの選択となります。

ブックパスには低コストで充実した読み放題が提供されているので、初めてでもその機能を堪能できるでしょう。

1-3.ブックパスってどんなサービスなの?

ブックパスは数ある電子書籍サイトの中でも、かなりお得に使えるサービスとして有名です。

さまざまなジャンルを確保している読み放題サービスや、独自のキャンペーンなど、ユーザーにとってのメリットになる要素が多くなっています。

読み放題の対象書籍は豊富となっていて、その中でならどれだけ読んでも月額料金以上の費用がかかりません。

独自のコインを貯めるポイント制のサービスや、無料で読める期間限定の漫画配信など、キャンペーンの充実度は非常に魅力です。

もちろん無料トライアルもあるので、月額が発生する前にその使い心地を試すこともできます。

とにかくお得に利用できる環境を作っているのが、ブックパスの特徴です。

特にキャンペーンの充実度は、ブックパスが持つ魅力のひとつになるでしょう。

しかし他の電子書籍サイトでも、さまざまなお得なキャンペーンやシステムは実装されています。

それでもブックパスが、特におすすめのサイトであることには理由があるのです。

よくある電子書籍サイト

他の電子書籍サイトで行われるキャンペーンは、限定的であったり不定期だったりすることが多いです。

例えば「新規入会キャンペーン」などは定番のサービスですが、一度経験したらそれ以降のメリットはありません。

継続してサイトを使う場合には、やや魅力不足になるでしょう。

また、通常のキャンペーンの数が少なかったり、ポイントなどの還元率が低かったりする場合も多いので、一見お得そうに見えてもイマイチ実感しづらいというサービスは珍しくありません。

最初だけお得な電子書籍サイトを使っていると、「意外と電子書籍にはお金がかかる」という誤解が生まれることもあるでしょう。

ブックパスの場合

一方でブックパスには、利用し続けたくなるようなキャンペーンが複数用意されています。

毎週更新される無料漫画、映画化やドラマ化に合わせた原作作品の無料公開、書籍の購入に使えるコインを毎日プレゼント、利用したコインの還元などなど。

使えば使うほどにお得になっていく環境は、ブックパスならではのものでしょう。

たくさんのキャンペーンが同時展開されているため、上手に利用すれば一度にお得な体験ができます。

多方面にメリットが提供されるおかげで、一部のユーザーだけが得をするということは少ないです。

「また新しいキャンペーンがやってるかも」と期待できるのが、ブックパスを利用するときの利点となります。

2.口コミでわかったブックパスの4つのメリット

ブックパスにはたくさんのメリットがありますが、中でも以下の4つは非常に魅力的なものとなっています。

ひとつでも心惹かれるものがあったのなら、ブックパスを利用する理由になることでしょう。

メリットを複数理解できていれば、それだけ上手にブックパスを使えるようになります。

どんなサイトなのか、どんなメリットがあるのかわからないままでは、使用感を確かめるだけで多くの時間を使ってしまうでしょう。

まずはメリットを把握して、スムーズにブックパスの良さを体感できるように備えておくことがおすすめです。

2-1.冊数に対して読み放題の料金が安い

口コミ

「ブックパスがかなりコスパがいい。 本屋に行ってた時間が大分短縮されたし殆どのジャンルの雑誌が読めるから一冊読むだけでも元が取れる」
「漫画も読める、小説も読める、雑誌は大体完全版が読める。それでいて562円とコスパが高い」

ブックパスは用意してある冊数に対して、読み放題の料金がかなり安く設定されています。

 

そのためコストパフォーマンスが抜群で、低コストでたくさんの本を読みたい人にはメリットが大きいです。

現在ブックパスの読み放題プラン総合コースでは、562円で4万冊以上の本を読むことができます。

高すぎる月額料金は払いたくないけれど、それなりに充実した内容でなければ満足できない。

ブックパスはそんなユーザーでも納得できるような、バランスの取れた読み放題サービスを提供しています。

初回の登録から30日間は無料で利用できるので、気軽に試してみることも容易です。

読み放題で楽しめる本が自分に合っているかを確かめてから、継続するかを決めることもできます。

対象となる作品はこれからも追加されていくため、使い続けるほどに魅力が増していくでしょう。

ジャンルも漫画、小説、実用書、雑誌、写真集など、さまざまな種類がそろっています。

いつも楽しんでいるタイプの本をさらに読み進めることで、その分野に詳しくなることも可能です。

逆に普段はまったく手をつけない本も、無料であれば読んでみようという気持ちになれるでしょう。

近年は動画や音楽なども、サブスクリプションによる定額配信を実施しています。

そのためたくさんのサービスに登録していくと、月額で支払う総額が高くなる傾向にあるのです。

ひとつひとつの金額を抑えることには大きな意味があるので、ブックパスのコスパはメリットとして広まっていくでしょう。

2-2.読み放題プランが2種類ある

口コミ

「ブックパス読み放題マガジンコースに加入してみた。他の定額サービスでは見かけない週刊漫画がより手軽に読めるようになって有り難い」
「auのブックパスでマガジンコース購読しているけど、大体の雑誌が読めるから助かる」

ブックパスの読み放題プランは2種類あり、それぞれ対象となる書籍や金額が異なっています。

 

自分の好きなスタイルを選ぶことができるため、非常に使いやすい環境が整っているのです。

読み放題プラン総合コースは、月額562円で4万冊以上の書籍がサービスの対象となっています。

自分がどんな書籍にハマるのか不確定な場合は、広い範囲を網羅している総合コースがおすすめされるでしょう。

もうひとつの読み放題プランマガジンコースは、雑誌のみにスポット当てたサービスとなっています。

対象の雑誌は約300誌にもなり、利用時にはどれだけ読んでも追加料金が発生しません。

月額は380円と安価になっていて、総合コースと比較しても毎月の出費を抑えることができます。

基本的に雑誌しか読まない人は、マガジンコースで十分ブックパスを使いこなせるでしょう。

プランの変更は可能なので、マガジンコースを使っていたけど、やっぱり総合コースがいいとなっても大丈夫です。

毎月の予定や読書にかけられる時間を考慮して、プランを適宜変更していくのもおすすめされます。

自分の生活では扱いきれない読み放題プランに登録すると、利用を焦ってしまうことがあるでしょう。

それでは気持ちよくサービスを活用できないので、利用目的に合ったプランを選択するのがコツです。

2-3.ストアやアプリで使えるコインがお得

口コミ

「ブックパスは都度支払いのほかに専用コインでも買えるんですが、このコインがたぶん電子書籍業界最高に還元率高い」
「何よりも嬉しいのはブックパスのコインプレゼント」

ブックパスのストアでは、専用のコインで書籍を購入することができます。

 

コインはさまざまなタイミングでプレゼントされるので、こまめに利用することで電子書籍をお得に購入できるようになるのです。

通常の購入にプラスされる増量キャンペーンや、読み放題プラン中にサイトを訪れることで毎日もらえる来店コインなど、コインを貯める機会は複数あります。

対象商品を購入することでコインが還元されることもあるため、どんどん利用していくことでお得な体験ができるでしょう。

還元対象となっている書籍は支払い選択画面の「還元コイン」欄から確認できるので、気になる本が対象となっていないかチェックがおすすめです。

毎月自動チャージ月額コインプランに加入すれば、さらにコインを効率良く貯められます。

コインをどのようにして貯めるか、どこに使っていくのかを考えるのも、ブックパスを利用するときの魅力になるでしょう。

コインは1枚=1円で利用できるため、計算も非常に簡単です。

欲しい本の枚数に足りない分は100コインからその都度購入できるので、必要に応じて使っていきましょう。

全体的にお得なキャンペーンが多いブックパスですが、コインは特に使いこなしておきたいサービスのひとつです。

特に通常購入が多い人は、コインを上手に貯めていくことでブックパスのメリットが大きくなるでしょう。

2-4.auユーザーはさらにお得

携帯キャリアでauを利用している人は、ブックパスの利用がさらにお得になることがあります。

auスマートパス限定のキャンペーンやプレゼント企画、その他お得な経験ができる機会は、通常ユーザーよりも多くなるでしょう。

WALLETポイントや関連するauのサービスを並行して利用することで、ブックパスがお得になることもあります。

既にauを利用している人は、現在のキャンペーンを確認して、ブックパスに影響するものがないかチェックしてみましょう。

これから携帯キャリアを変更する予定の人も、ブックパスでのメリットを事前に把握しておくことがおすすめです。

ブックパス 公式サイト

 

3.ブックパスを利用する前に知りたい2つの注意点

ブックパスのように魅力的な電子書籍サイトであっても、いくつか注意点は存在します。

スムーズな利用が妨げられることもあるので、利用前によくある口コミからデメリットを確認しておきましょう。

実際に使ってみなければわからない部分も多いですが、把握しておくことである程度の心構えをしておくことができます。

過度にデメリットが強調されてしまうと、せっかくのメリットもかすんでしまう可能性があるでしょう。

ブックパスのメリットをしっかりと受け取るためにも、デメリットも同時に知っておくことが望ましいです。

3-1.ストアアプリが不評

口コミ

「アプリで完結できないのは非常に面倒」
「ブックパス”サイト”で作品を本棚に追加→”アプリ”を起動して本棚から作品を選択して再生」しないとダメということが発覚。わかりづらい」

ブックパスはパソコンとスマホ・タブレットアプリの両方で読むことができる電子書籍サイトですが、このアプリ版が使いづらいとされることが多いです。

 

2019年6月時点では特にアプリから書籍の検索や購入ができない部分がネックとなって、辛口の評価をもらうこともあります。

ブラウザでも購入した本を読むことはできますが、アプリだけで手軽に読書をしたいという人には向かない仕様となっているのです。

もちろん今後改善の可能性があるため、アップデート等には期待できるでしょう。

多くの電子書籍サイトがアプリでの読書を可能としているので、ブックパスもまたその流れに乗ることは十分考えられます。

アプリのみで購入⇒閲覧が可能となれば、それだけコインを使う機会が増えるため、ユーザーにとってのメリットが大きくなります。

他にも根本的なレイアウトの改善や、もっとスマホ画面に合わせた環境を作ってくれれば、ブックパスの魅力はさらに強固なものとなるでしょう。

3-2.読み放題の対象となるのは古い漫画が多い

口コミ

「全巻読めるのは古いマンガが多い」
「ブックパスは古い漫画を読みたい人にはよいサービスだと思う」

ブックパスだけに限りませんが、読み放題の対象となる漫画はやや古いものが多くなっています。

そのため最新刊を中心に読みたい、話題の本だけを読みたいといった場合には、期待値が高すぎるかもしれません。

もちろん古い漫画にも良いものがたくさんあるため、手に取ってみれば面白く読むことができます。

むしろ古い漫画が多いという点は、好きな人にとってメリットになるでしょう。

雑誌のバックナンバーなどにも、面白い記事はたくさんあるので、過去にさかのぼって読んでいくのもひとつの楽しみ方になります。

最新作と合わせて、これまでの書籍の歴史を味わうような使い方を、ブックパスの利用時には試してみましょう。

ブックパスの読み放題を機に、古めの漫画にチャレンジしてみるのもおすすめです。

対象作品であればどれだけ読んでも定額に収まるので、安心して読書を楽しめます。

4.ブックパスのメリット・デメリットまとめ

上記のようなメリット・デメリットが、ブックパスの特徴として挙げられます。

自分にとって「コインによるお得感」や「2種類の読み放題サービス」によるメリットの方が大きくなるようなら、ブックパスの利用がおすすめされるでしょう。

基本的に魅力的なシステムがそろっているため、総合的に見ればブックパスは良い電子書籍サイトになります。

とはいえ「アプリが使いづらい」「読み放題では古い漫画が多い」といったデメリットがあることも事実であり、ときには快適な読書が楽しめない原因にもなるでしょう。

デメリットへの対処法を知るためにも、まずは考えられるマイナス点を確認し、知識として取得しておいてください。

利用時に上手くデメリットを回避できるように努めれば、メリットを存分に堪能できます。

しかしそれでもデメリットが強く感じられる場合には、今一度他のサイトと比較してみることがおすすめです。

電子書籍サイトは年々その数を増し、魅力的なサービスも広く展開されています。

他のサイトにも目を向けて、チェックを行ってみれば、本当に自分に合っているサービスを見つけることができるかもしれません。

ブックパス 公式サイト

 

5.28社の比較でわかるブックパス以外のおすすめ電子書籍サイト

電子書籍サイト28社を対処にアンケートを行った結果、以下のようなランキングになりました。

お得さや使いやすさを採点の基準として、上位10サイトを記載しています。

【電子書籍サイト28社のランキングTOP10】

順位 サービス名 総合評価 お得さ 使いやすさ
1 ebookjapan 4.95 4.9 5.0
2 U-NEXT 4.90 5.0 4.8
3 コミックシーモア 4.85 4.9 4.8
4 BookLive 4.85 4.8 4.9
5 まんが王国 4.80 4.7 4.9
6 Kindleunlimited 4.75 4.8 4.7
7 DMM電子書籍 4.70 4.6 4.8
8 FOD 4.70 4.9 4.5
9 music.jp 4.65 5.0 4.3
10 Renta! 4.60 4.8 >4.4

中には「こんなサイトがあるなんて知らなかった」という名前もあるかもしれません。

この機にどんなサイトがあるのか、どれが電子書籍サービスとして人気なのかを確認して、利用を検討してみるのもおすすめです。

以下では1位の「ebookjapan」と2位の「U-NEXT」について解説していますので、人気の理由をチェックしてみてください。

総合評価 1位:ebookjapan

口コミ

「業界大手で品揃えが豊富」
「使い易い。その他サービスと併用して使える」

Yahoo!JAPANグループが運営を行う「ebookjapan」は、アンケートの結果で1位を獲得するほどに人気となっている電子書籍サイトです。

お得さ4.9、使いやすさ5.0と高評価で、総合評価も4.95と最高値を記録しています。

お得さで高い評価を得ている理由は、漫画のラインナップ数にあるでしょう。

世界最大規模を誇る50万冊の本漫画がそろっているため、さまざまなジャンルを楽しむことができます。

ヤングジャンプ、サンデー、マガジン、チャンピオンなどの人気雑誌に掲載されている漫画がたくさんあり、話題となった作品を読み進めることが可能です。

さらに昔懐かしの漫画も多いので、「まだ過去の名作を読んだことがない」という人も必見。

既に絶版となっている漫画なども取り扱っているので、意外な掘り出し物に出会えるかもしれません。

特選まんが委員会と呼ばれる読書好きのebookjapan書店員がおすすめの漫画を特集してくれるので、何を読んだらいいのかわからない人も安心です。

ジャンル別で紹介されているため、自分の興味がある分野から探し出せるでしょう。

無料漫画の配信や期間限定ポイントキャンペーンなども行われているため、利用時にはお得な体験が可能です。

厳選漫画の紹介と無料作品の充実が、使いやすさの高評価につながっているのでしょう。

ebookjapan 公式サイト

総合評価 2位:U-NEXT

口コミ

「雑誌70冊読み放題と日本のドラマや映画や海外のものも色々みられる」

動画サイトの大手である「U-NEXT」も、電子書籍の販売と読み放題サービスの提供を行っています。

その充実度は動画配信サービスと比較しても遜色なく、アンケートでもお得さ5.0、使いやすさ4.8、総合評価4.90という結果を出しているのです。

U-NEXTの会員であれば別途契約をすることなく雑誌の読み放題が利用できるので、非常にお得な体験ができます。

動画をたくさん見ながら、雑誌を頻繁に読むという人は、U-NEXTを使うことによるメリットが大きくなるでしょう。

読み放題の対象となっている雑誌は70誌もあり、すべてを定額の中で楽しむことができます。

ジャンルの幅も広く、ビジネスやファッション、エンタメやスポーツなどさまざまなです。

自分が普段読んでいる雑誌だけでなく、これを機に読んでみたいと思える雑誌も見つけられるでしょう。

読み放題以外にも、U-NEXTには充実した電子書籍のラインナップがそろっています。

人気作も新作も購入できるので、電子書籍をU-NEXTにまとめてしまうことも可能です。

無料トライアルやポイントバック、毎月のポイントチャージなど、魅力的な要素はたくさんあります。

多くの人気を獲得するだけのサービスが行われているので、気になる人はこの機に会員登録を検討してみるのもおすすめです。

U-NEXT 公式サイト

参考アンケート結果28社まとめ

ランキングの上位となるだけあって、どれも素晴らしいサービスを実施していることがわかります。

特に第1位の「ebookjapan」は、今後も電子書籍業界を担う、魅力的なサイトとして認められていくでしょう。

「とりあえず電子書籍を使ってみたい」「良い評価が多いサイトを利用したい」そんなときはebookjapanが、おすすめされるものになるでしょう。

アンケートからの結果であるため、実際に利用した人々の「実感」がこもった結果となっています。

そのため参考にして利用してみれば、同じくメリットを感じられる可能性が高いでしょう。

特にまだ電子書籍の経験が浅い場合は、アンケート内容は非常に頼りになります。

ブックパスも当然魅力的ですが、色々な電子書籍サイトを比較して楽しむためにも、ランキング上位から順に試してみてはいかがでしょうか。

 

6.ブックパスの登録・利用の流れは?

ブックパスを利用する際には、いくつかの流れをチェックしておくことで、スムーズに始めることができるようになります。

利用を検討しているのなら、以下を参考にブックパスへの登録方法と、実際の使い方を確認しておきましょう。

>>ブックパス 公式サイト

6-1.au IDでログインを行う

ブックパスの利用を開始するには、「au ID」を使ってサイトにログインする必要があります。

既にauのキャリア端末を利用している人は、契約時に登録したIDをそのまま利用可能です。

IDとパスワードを入力して、ログインを実行しましょう。

またブックパスは以前まで、「Wow!ID」を利用したログインをサポートしてきました。

しかしWow!IDは2019年6月24日の時点で、名称が「au ID」に変更されています。

これまでWow!IDを利用してきた人は、今後Wow!ID=au IDとして使えるので、ブックパス利用時もそのまま利用が可能です。

Wow!IDがあるのなら、そちらを使ってブックパスへのログインを行いましょう。

au IDをまだ持っていない人は、新規発行を行う必要があります。

新規発行の場合もサイトのログインから入り、「au IDを新規登録」をクリックしましょう。

au以外のキャリアを使っていても問題ないので、誰でも新規作成は行えます。

6-2.ストアから読みたい本を検索

ブックパスで電子書籍を楽しむには、基本的にWEBサイトのストアから本を検索する必要があります。

パソコン・スマホのどちらでも可能なので、扱いやすい環境で利用を行ってみましょう。

書籍の検索は、タイトルや作者名を直接入力することで実行できます。

読みたい本が決まっているのなら、検索窓をクリックしてキーワードを入力しましょう。

セーフサーチや価格指定ができる詳細検索もできるので、より細かく絞り込みながら本を探せます。

もちろん小説やコミックといったジャンルから人気の本を探したり、カテゴリやランキングから検索したりも可能です。

すべてトップぺージから確認できるので、気になるものを選択してみましょう。

無料やセール書籍の情報は、画面下部の「無料&セール」から確認できます。

「値引き中」「無料」「コイン還元」といった形で分けられているので、簡単にお得な作品を見つけられるでしょう。

ちなみに詳細検索からでも、「価格」の項目から無料作品を絞り込むことができます。

6-3.WEBプラウザでの読み方とアプリでの閲覧方法

ブックパスのストア内で見つけた本は、そのままWEBプラウザで読み始めることができます。

無料作品ならストアから「読む」のボタンを押せば、すぐ中身を確認可能となっているのです。

簡単に内容を見たいときや、どんなものなのかお試しで読む際にはストアでの読書がおすすめされます。

購入の場合は支払い方法を選択し、「購入する」で決定します。

一度購入すれば後は好きなタイミングで読むことができるので、お得な書籍があったらぜひチェックしておきましょう。

もっとスムーズに電子書籍を楽しみたいのなら、端末にダウンロードしていつでも読めるように備えることが可能です。

「ダウンロードして読む」をクリックすれば、作品をオフラインでも楽しめるようになります。

ダウンロードした書籍はブックパスのアプリで読めるようになるので、さらにアクセスが手軽になるでしょう。

使い方はアプリを立ち上げてストアとの同期を行い、本棚から作品を選択するだけでOK。

ただしダウンロードするほどに端末の容量は圧迫されていくので、計画的な利用が推奨されます。

6-4.読み放題プランへの入会方法

「読み放題」のアイコンがついている書籍に関しては、読み放題プランに入ることで閲覧が可能になるのです。

書籍をクリックして「読み放題プランに入会して読む」を選択し、規約に同意することで入会を完了させることができます。

もしくは右上のメニューを開いても、読み放題への登録画面に移行することが可能です。

登録が完了すれば後は対象作品の読み放題が楽しめるので、好きなだけ読書を堪能しましょう。

読み放題作品だけを探したい場合には、トップ画面の「読み放題」から絞り込むことができます。

ジャンルごとの検索もできるので、豊富な作品数の中からでも自分にピッタリのものを見つけられるでしょう。

読み放題対象作の中には「再生期限」が設けられているものもあるため、期間が過ぎると読めなくなる可能性があります。

気に入った本を見つけたらまず期限を確認し、いつまでに読むべきなのか把握しておくようにしましょう。

雑誌の読み放題サービスである「マガジンコース」に登録する場合は、メニューから「マガジンコースTOPへ」を選び、「ブックパス for マガジン」のサイトに移動します。

こちらから読み放題への入会を行うと、マガジンコースを利用することができるのです。

同じ雑誌を読むのにも通常のブックパスのサイトから登録すると総合コースになってしまうので、マガジンコースを使う場合は注意が必要となります。

7.まとめ

ブックパスに見られる魅力は、電子書籍ユーザーにとって必見のものとなっています。

メリットを上手に利用して、システム面を使いこなすことができれば、さまざまな書籍を楽しむことができるでしょう。

これから日常的に利用する電子書籍サイトを選ぶ人は、特徴に加えて口コミを参考にして、慎重に検討してみることがおすすめです。

自分にピッタリのサービスを利用できるように、あらゆる情報を使って評価を行っていきましょう。

\総合評価No.1の電子書籍サイト/ \読み放題プランも!/
ebookjapan 公式サイト ブックパス 公式サイト