チェンソーマンの第44話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号、最新話!

チェンソーマン【44話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のチェンソーマン【43話】のネタバレはこちら!

>>チェンソーマンのネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\チェンソーマンの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

チェンソーマン 前回のあらすじ

マキマとレゼの2人を好きになってしまい悩むデンジ。

しかし夜の学校でレゼにモヒカンの男が迫っていた。

襲われそうになるレゼだが圧倒的な戦闘力で撃退。

さらには台風の悪魔を今回は見逃すが邪魔をするなと忠告した。

台風の悪魔もビビるほどのレゼ様とはいったい何者なのか…

ふたりは後日、約束していた祭りデートをしていた。

様々な遊びを恋人同士のように楽しんだ2人。

ふたりは花火がよく見えるという絶景の隠れスポットに来ていた。

そこでレゼはデンジへ思いを伝える。

その内容はデンジに一生守ってあげるから一緒に逃げないかというものであった。

チェンソーマン【44話】のネタバレ

「遠くに逃げるってどこに?」

「知り合いに頼めば絶対に公安から見つからない場所があるの」

「なんでレゼがそんなこと…」

「だって私…デンジ君が好きだから」

デンジの想い

デンジは顔を赤らめながら下を向いた考えている。

私のこと嫌いなの?と聞かれるも好きだけど仕事が認められてきて監視がなくても遠くへ行けるし…

糞見たいな性格のバディの扱い方もだんだんわかってきた。

嫌な先輩ともやっと仲良くなってきたんだ。

仕事の目標みたいなのも見つけているようで、楽しくなってきている。

 

「この仕事を続けながらレゼと会うのじゃダメなの?」

デンジは自分が思っていることをはっきり言ったのだと思う。

しかしレゼから核心に迫る質問がされた。

 

「そっか分かった。デンジ君。私の他に好きな人いるでしょ?」

その瞬間、大きな花火が上がりレゼとデンジはキスをしていた。

長いキスのあとデンジはあとずさりするように倒れていた。

レジは口を開けたままこちらを見ている。

レゼの正体とは!!

その口の中には噛み千切られたデンジの下の先端があった。

そしてナイフで左手を切り落とされる。

レゼはもう一度キスをしてデンジに近づいた。

 

「痛いね?ごめんね?デンジ君の心臓貰うね?」

「ダッシュ!!」

その瞬間、床から現れたサメの悪魔はデンジを抱えてジャンプして逃走しようとする。

「にげろにげろにげろ!なんで匂いで気付かなかった!!」

 

慌てふためくサメの悪魔。

「あいつヤバいですチェンソー様!あの匂いボムだぁぁぁ!」

レゼは首にある栓を抜くと顔面が爆発。

 

腕も触手のように変化をしている。

そうすると全身が変わり、ボムの悪魔が全貌を現した。

あの可愛いレゼはいったいどこへいってしまったのか。

 

「泥棒」

そう言うとボンと爆発して、サメの悪魔の先に移動してきたボムの悪魔!!

爆発する愛!!

どうなるデンジ!!

次号へ続く!!

 

>>チェンソーマンのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



チェンソーマンの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

チェンソーマンの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で980円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「チェンソーマン」を今すぐ無料で読む!

チェンソーマン【44話】考察・感想

デンジの恋を真剣に応援していたのに、やっぱり敵でした。

レゼすごい可愛くて好きなキャラクターだなと思っていましたが、とんでもないボムの悪魔だったのですね。

すごいショックです。

しかしほとんど気を失っているようなデンジとサメの悪魔でどうボムの悪魔から逃げ切れるのか。

レゼ様と呼ばれている以上、相当な実力の持ち主だと思われます。

恋の恨みは恐ろしいとは聞きますけども、ここまで恐ろしいとは…

爆発するような恋というのはこういうことを言うんですね。

もしかしたら誰かが助けに来てくれるのかもしれませんね。

期待して次号を待ちましょう!!