2019年11月20日発売の週刊少年マガジン51号で、ダイヤのAactⅡの第191話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月20日に発売された週刊少年マガジン51号に掲載!

ダイヤのAactⅡ最新話!第191話「目的と手段」のネタバレと感想!

▷前回のダイヤのA act2【第190話】のネタバレはこちら!

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ダイヤのAactⅡの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ダイヤのA act2 第191話「目的と手段」のネタバレ

【 法兼(のりかね) VS. 青道 (1回裏) 現在のスコア 】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
法兼 0
青道

投:卜部昂也

B:
S:
O:
ランナー:なし

データのない相手

1回の表を沢村の好投で0点に抑えた青道。

対するピッチャーは卜部昂也。

この夏、初登板の投手で、高身長を武器に角度のある球を投げます。

 

卜部はもともと帝東高校の選手でしたが、2週間で退部。

法兼には2年の時に転校しています。

そのため、

公式戦には1年間出ることができなかった

のです。

 

打席に入る1番倉持。

データのない投手である卜部の様子を伺います。

 

卜部の放った初級は144キロのストレート。

これには客席もどよめきます。

自分の調子が悪くないと確認できた卜部。

今日の試合で自己最速を出すと気合が入っています。

 

青道にとってはデータのない選手ですが、

ファーストストライクを積極的に狙って行け

と指示する片岡監督。

倉持はその指示通り、積極的なスイングでレフト前ヒットを放ちます。

勝負の分かれ目

一番塁に出したくない男をランナーに背負い、迎えるバッターは小湊。

ここで卜部が投げた球は

フォークかスプリットの落ちる球。

ミートの上手い小湊が空振りをとられます。

 

見ていきますかとサインを送る小湊。

粘れるだけ粘れと返す片岡監督。

倉持は一塁からプレッシャ―をかけます。

 

さすがに卜部も気になっている様子。

けん制を入れつつ、バッターにはストレートで押していきます。

小湊はカットで粘り、カウントは2-2。

動いてこないバッターとランナーに焦らされる卜部。

ここでバッテリーは落ちる球で振らせようとします。

 

キャッチャー(よし!いい高さ

 

空振りがとれる絶妙な高さ。

しかし、小湊は落ち着いて見極めます。

 

そして、カウントはフルカウントに。

卜部と小湊の勝負はこれで五分なりました。

 

ここで塁に出るか出ないかで、ピッチャーの心情が大きく変わる場面。

 

勝負の分かれ目と気合の入る両者。

そして、卜部の投じた球がミットに収まります。

 

これが外に外れ、小湊はフォアボールで出塁。

1、2番が卜部を揺さぶり、クリーンナップへと繋げるのでした。

 

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ダイヤのA act2の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ダイヤのAactⅡの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でダイヤのA act2を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ダイヤのA act2 最新話!第191話「目的と手段」の考察・感想

法兼の投手・卜部は初登板ということでデータはなし。

それでも、積極的に振っていった倉持。

そして、冷静に見極めた小湊の活躍で、いきなりチャンスを作りましたね。

 

卜部も初登板で落ち着きを見せていましたが、青道の1、2番コンビの前に翻弄されている様子でした。

こんな1、2番コンビは投手なら誰でも嫌だと思います。

 

沢村の好投に応えるべく、先取点のチャンスがきた青道。

しかし、卜部も崩れているわけではありません。

なので、簡単には得点できないかもしれませんね。

 

特に卜部は、

小湊も空振りするほどの落ちる球

を決め球にしているので、油断はできないでしょう。

次回、青道が先取点をとるのか注目ですね!

 

ここで、対戦相手について追記しておきますね。

● 法兼(のりかね)学園について

部活は週休3日。

その分、自主練の時間に割いているらしい。

全体練習の時間が短いため、個々の選手に合わせたメニューを専任のコーチと作り上げるというアメリカの学校に近い指導法を導入している。

もともと自由な校風もあってか、新しい環境で野球をやりたがる選手が集まってきている。

法兼は日本野球の改革をかかげる新鋭、青道は伝統ある名門と言われる今回の戦いである。