2019年11月27日発売の週刊少年マガジン52号で、ダイヤのAactⅡの第192話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月27日に発売された週刊少年マガジン52号に掲載!

ダイヤのAactⅡ最新話!第192話「経験値」のネタバレと感想!

▷前回のダイヤのA act2【第191話】のネタバレはこちら!

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ダイヤのAactⅡの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ダイヤのA act2 第192話「経験値」のネタバレ

【 法兼(のりかね) VS. 青道 (1回裏) 現在のスコア 】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
法兼 0
青道

投:卜部昂也

B:
S:
O:
ランナー:一、二塁

心強い仲間

ランナー一・ニ塁で、打席に立つのは3番の白州。

ピンチの場面に、内野から落ち着いていこうと声がかかります。

投手卜部の頑張りを知っている法兼ナイン。

 

卜部も腹を括り、果敢に攻めます。

しかし、卜部がどういう投手かわかっていた白州。

初級を狙っていました。

ジャストミートした打球は、低い弾道でライトスタンドに運ばれます。

 

先制は青道。

3番白州のスリーランホームランでした。

 

スコアボードに表示されたのは146キロ。

卜部はこの試合で自己最速を狙っていましたが、皮肉にも

ホームランを打たれた球で自己最速を更新

していたのでした。

 

ここから、ピッチングが乱れてしまう卜部。

チームの守備にも影響があり、ひとつアウトはをとりますが、ランナー二・三塁となります。

 

この流れを作ったのは青道の1・2・3番打者でした。

勝負所でしっかりと出塁し、ファーストストライクをものにしたことで、

卜部に本来のピッチングをさせなかったこと。

これが、大きな効果をあらわしたのです。

 

7番の金丸、8番の麻生もタイムリーを放ち、青道は6点を奪取。

1回の裏から大量リードとなりました。

 

十分すぎる打線の援護を受けた沢村。

しかし、油断はなく2回表を抑えることに集中しています。

 

これはチーム全体にも伝わり、引き締まる青道ナイン。

心強い仲間がいることで、青道に力みはないのでした。

 

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ダイヤのA act2の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ダイヤのAactⅡの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でダイヤのA act2を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ダイヤのA act2 最新話!第192話「経験値」の考察・感想

仕事人・白州の一撃で先制点をあげた青道。

さらに、下位打線も繋がって、一挙に6点という爆発を見せました。

 

卜部の調子は悪くなく、能力もけっして低いわけではありません。

なので、青道ナインが本来のピッチングをさせなかったというのが大きかったようです。

 

倉持、小湊、白州の攻撃で、流れを引き寄せたのは間違いないですね。

自己最速を打たれてしまった卜部は、ショックが大きかったのでしょう。

 

大量リードをもらった沢村ですが、彼に油断はないようです。

自分のやるべきことははっきりと見えているので、この後も安心ではないと思います。

次回、勝負は決着となるのでしょうか?

一波乱あるかどうか気になるところです!

 

ここで、対戦相手について追記しておきますね。

● 法兼(のりかね)学園について

部活は週休3日。

その分、自主練の時間に割いているらしい。

全体練習の時間が短いため、個々の選手に合わせたメニューを専任のコーチと作り上げるというアメリカの学校に近い指導法を導入している。

もともと自由な校風もあってか、新しい環境で野球をやりたがる選手が集まってきている。

法兼は日本野球の改革をかかげる新鋭、青道は伝統ある名門と言われる今回の戦いである。