2019年12月4日発売の週刊少年マガジン1号で、ダイヤのAactⅡの第193話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201912月4日に発売された週刊少年マガジン1号に掲載!

ダイヤのAactⅡ最新話!第193話「本日のナンバーズ」のネタバレと感想!

▷前回のダイヤのA act2【第192話】のネタバレはこちら!

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ダイヤのAactⅡの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ダイヤのA act2 第193話「本日のナンバーズ」のネタバレ

【 法兼(のりかね) VS. 青道 (2回表) 現在のスコア 】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
法兼 0
青道 6

投:沢村栄純

B:
S:
O:
ランナー:

ナンバーズの調子

1回裏で6点の大量リードを得た青道。

1・2番・3番のしっかりと仕事をして、

卜部に本来の力を出させなかったことが大きな要因でした

大量リードをもらった沢村ですが、慢心も気負いもなく、信頼できる仲間と共に、2回表の守備へと向かいます。

 

2回表、法兼の先頭打者は、徹底した低め狙い。

大振りですが鋭いスイングを見せています。

 

沢村の投げるナンバーズの調子を見たいと、キャッチャーの御幸はナンバーズを要求。

まっすぐだと思ったバッターには、消えたように見えています。

ナンバー7で三振をとった沢村。

 

続くバッターはピッチャーの卜部。

自分の失点を取り戻したいと気合が入ります。

 

(終われないんだよ…このままじゃ)

卜部の想い

シニアコーチに推薦されるまま、名門帝東へ進路を進めた卜部。

しかし、温度差を感じてしまった卜部は、3日目で部活を休んでしまいます。

一度休んでしまうと顔が出しづらくなってしまい、

卜部は2週間で野球部を退部しました。

 

野球を通じて、仲が良い人を見つけることが目的だった卜部。

そのため、辞める事に後悔もなく、すぐに辞めることができたのです。

しかし、小学生の頃から野球に打ち込んでいた卜部は、

他にやりたいことが見つからずにいました。

 

そんななか、ネットで法兼高校の記事を見つけた卜部は、もう一度野球をすることを決めます。

裏切ってしまったコーチや両親も、卜部が野球をすることに反対する者はいませんでした。

 

だからこそ、自分の姿を見てもらいたい。

そんな想いで卜部は打席に立っています。

 

沢村にもそれは伝わっていました。

 

それでも、夏だけは譲れない。

 

沢村もまた、特別な想いを胸に、マウンドに立っているのでした。

悪魔のようなリード

卜部の打った打球はファースト正面。

前園がしっかり抑え、2アウトとなります。

 

高めを捨てて、低めだけに狙いを絞る

という極端な指示を出した法兼の監督。

選手たちに考えさせすぎないようにすることが狙いです。

法兼の選手たちは、指示通り低めを狙っていますが、スプリットが低めに決まり追い込まれていきます。

 

高めにストレートを集め、低めにはスプリットという、

低め狙いのバッターが嫌なリード

をする御幸。

 

最後の打者は高めのストレートで空振り三振をとり、2回表を0点で終える青道なのでした。

 

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ダイヤのA act2の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ダイヤのAactⅡの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でダイヤのA act2を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ダイヤのA act2 最新話!第193話「今日のナンバーズ」の考察・感想

大量リードをもらったあとの2回表。

法兼は徹底して狙い球を絞る作戦をとりますが、ナンバーズが好調で翻弄されていました。

御幸の悪魔のようなリードが冴えわたっていますね。

 

卜部がどうして名門野球部を2週間で辞めたのか

も語られました。

 

意外に乱暴者で実は…。

 

そんな感じで勝手に想像していたのですが、そうじゃなくて良かったと思います。

恩返しがしたいという気持ちが伝わりましたが、沢村も負けるわけにはいきませんからね!

 

ここまでは、完璧に近い内容で青道がリードしています。

ここからひっくり返る展開も想像しにくいですが、最後の3アウトをとるまで野球はわかりません。

なので、来週の展開も気になるところです!

 

ここで、対戦相手について追記しておきますね。

● 法兼(のりかね)学園について

部活は週休3日。

その分、自主練の時間に割いているらしい。

全体練習の時間が短いため、個々の選手に合わせたメニューを専任のコーチと作り上げるというアメリカの学校に近い指導法を導入している。

もともと自由な校風もあってか、新しい環境で野球をやりたがる選手が集まってきている。

法兼は日本野球の改革をかかげる新鋭、青道は伝統ある名門と言われる今回の戦いである。