2019年12月11日発売の週刊少年マガジン2・3号で、ダイヤのAactⅡの第194話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201912月11日に発売された週刊少年マガジン2・3号に掲載!

ダイヤのAactⅡ最新話!第194話「まだまだ!!」のネタバレと感想!

▷前回のダイヤのA act2【第193話】のネタバレはこちら!

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ダイヤのAactⅡの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ダイヤのA act2 第194話「まだまだ!!」のネタバレ

【 法兼(のりかね) VS. 青道 (2回裏) 現在のスコア 】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
法兼 0 0
青道 6

投:卜部

B:●
S:●
O:
ランナー:1塁

止まらない勢い

2回裏。

青道の攻撃は、フォアボールでランナー一塁。

打席にはキャプテンの御幸が入ります。

 

1-1でエンドランを仕掛ける青道。

御幸がしっかりとらえて外野の間を抜き、タイムリースーベースとなります。

これで7点目を取った青道は、ますます勢いに乗ってきました。

 

ここで法兼ベンチが動きます。

卜部から背番号12の三浦に交代。

背番号は12番ですが、調子は良い様で、実質的なエースと言える人物です。

 

130キロ前半のストレートと、カーブを武器とする三浦。

やっかいそうではありますが、

ランナーがいる時はカーブを投げてこないという傾向

があり、青道はすでに分析済みでした。

 

ランナーを2塁に置いて、バッターは前園。

ストレートに絞り、見事結果を残します。

1点も

これで、点数は8点目。

大量にリードをもらった沢村のギアは上がり、エンジン全開で法兼打線を抑えます。

ストレートのコントロールとスピードが安定したことでナンバーズの精度も上がった沢村でした。

 

4回表は法兼が意地を見せツーベースを放ち、ランナーを二塁に進めます。

徹底的に低め狙いを続ける法兼打線に、しっかり高めを散らしていた御幸。

それでも、法兼は低め狙いを変える気配はありません。

 

自分たちのスイングを貫く法兼は侮れないと話す御幸。

しかし。、8点差があることで2・3点取られても構わないという展開です。

しかし、

1点も取られたくない

と沢村は返事をします。

 

すべてを背負うこと。

 

それが沢村の求めるエースだと知っている御幸。

ただ一言、踏んばれと声をかけるのでした。

>>ダイヤのA act2のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ダイヤのA act2の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ダイヤのAactⅡの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でダイヤのA act2を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ダイヤのA act2 最新話!第194話「まだまだ!!」の考察・感想

キャプテン御幸と前園もタイムリーを放ち、すでに8点のリードを得た青道。

さらに、沢村の調子も上がってきて盤石といった体勢になりましたね。

グラウンドに立っている選手もそうですが、青道は相手チームの分析にも長けていて、しっかり結果を残している場面が多いと思います。

 

対して法兼も、当初から実行している低め狙いを貫き通しているので油断できませんね。

青道バッテリーも警戒していますし、沢村は1点もやりたくないと言っているので、気が緩むことはないでしょう。

物語の展開を見ていると8点差がひっくり返ることはないかと思います。

沢村が崩れることもなさそうなので、完封すると予想しています。

 

試合は4回の表。

沢村がこの回をきっちり抑えれば、試合の結果も見えてきそうなので、次回の沢村ピッチングに注目ですね!

 

ここで、対戦相手について追記しておきますね。

● 法兼(のりかね)学園について

部活は週休3日。

その分、自主練の時間に割いているらしい。

全体練習の時間が短いため、個々の選手に合わせたメニューを専任のコーチと作り上げるというアメリカの学校に近い指導法を導入している。

もともと自由な校風もあってか、新しい環境で野球をやりたがる選手が集まってきている。

法兼は日本野球の改革をかかげる新鋭、青道は伝統ある名門と言われる今回の戦いである。