2019年7月17日発売の週刊少年マガジン33号で、ダイヤのAactⅡの第175話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月17日に発売された週刊少年マガジン33号に掲載!

ダイヤのAactⅡ最新話!第175話「市大の圧」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ダイヤのAactⅡの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ダイヤのAactⅡ第175話「市大の圧」のあらすじとネタバレ

前回から引き続き、ついに友部VS星田がはじまります。

初回の攻防を制するのは果たしてどちらなのでしょうか?

 

打席には市大の主砲と呼ばれる星田が立っています。

これをしのぎ切れるかどうかで、今後の戦いも大きく変わってきますよね。

 

1回裏、ツーアウトランナー三塁。

1球目はアウトコーススライダーが外れてボールになっています。

2球目はインコースにストレートと、強気な攻めを見せていますね。

 

観客も、うわー怖いもの知らず、なんて言っています。

長身で腕が長くスリークォーターから投げられる友部の球は、星田のような左打者からはより遠くに感じるはずですね。

 

星田は、何か独り言をブツブツいっているようでした。

 

ここをしのいでチームに流れを取り戻そう、と考える友部は力強い球を投げます。

 

いいコースにきた、と考えるキャッチャー。

そのボールを打ち上げる星田

 

センター上空に大きなあたりが高く上がります。

掴みとればスリーアウトの状況ですが、

風に乗ってしばらく落ちてきません。

 

そうして、フェンスに直撃する星田のボール。

もちろん三塁ランナーはホームに帰り、1点が入ります。

 

先制したのは市大でした。

 

友部は冷静に、

あのコースをあそこまで運ばれたのは初めてだ、と考えるのでした。

 

そうして続くバッターも打ちますが、好守備でなんとかスリーアウトをとるのでした。

 

薬師の攻撃になり、ここで点をとりたいところですよね。

しかし、たった7球でスリーアウトになってしまうのでした。

天才の投球術に、死角はないようです。

ダイヤのAactⅡの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ダイヤのAactⅡの最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or別冊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ダイヤのAactⅡ最新話!第175話「市大の圧」の感想・見どころ

今回の見所は、星田と友部の対決ですね!

先制点を許してしまった友部ですが、意外に冷静なようで、まだまだ投げられそうです。

惜しむらくは、薬師の攻撃がたった7球で終わってしまったところですよね。

市大は攻守にバランスのとれたチームのようですので、ここにどうやって勝つのか、想像もつきません。

打者とピッチャー、どちらも全力を出し切らないと勝てなさそうな強敵ですから、

今後の展開も楽しみですね!