漫画|ダイヤのA act2【第176話】のネタバレ・感想!天久の新球とは!?

[cc id=1271]

2019年7月24日発売の週刊少年マガジン34号で、ダイヤのAactⅡの第176話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月24日に発売された週刊少年マガジン34号に掲載!

ダイヤのAactⅡ最新話!第176話「第2ラウンド」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ダイヤのAactⅡの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

目次

ダイヤのA act2 第176話「第2ラウンド」のあらすじとネタバレ

前回、天才天久を前にあまりにも重い1点を取られてしまいましたね。

ランナー2塁に追い込まれますが、9番宮本をセカンドゴロに打ち取ったことでなんとかスリーアウトでチェンジします。

 

この回は雷市に回るということで、周りも盛り上がっています。

真田は早くもブルペンにいく準備をします。

 

監督に目でサインを送る真田。

友部はよく投げてはいますが、相手の打線はその上をいくのです。

次の失点はいつになるか、それはすでに次の回かもしれないのです。

 

一方、沢村は試合の様子を練習中に聞いています。

試合の結果が気になっている様子の沢村。

 

気になる?と言われると、

そりゃあ、まぁ、どっちがあがってきても強敵なのはかわらないっすから」という沢村でした。

 

一方、試合は、エースと主砲の第2ラウンドがはじまっていました。

 

増田と秋葉を軽くあしらった天久は、雷市と対峙しています。

ここで雷市がやられたら、流れは完全にもっていかれてしまうところです。

 

こえーなぁ…と考えている天久。

雷市にはどうしても引っ張られてしまう雰囲気があったのです。

 

だからこそ、本日初公開だと考えながら新しい球を投げます。

 

まっすぐ、かと思って思い切りバットを振る雷市。

しかし、そのバットにはボールは触れませんでした。

 

その球に、雷市は鳥肌を覚えます。

スライダーかと思いきや、スライダーでもなく、カッターでもなくスプリットでもないのです。

はじめて見るその球。

 

雷市は触れることすらできず、そのまま三振してしまうのでした。

 

あの雷市でもふれることのできない天久の秘密兵器。

果たして、新球の正体とは…?

ダイヤのA act2の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ダイヤのAactⅡの最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or別冊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ダイヤのA act2 最新話!第176話「第2ラウンド」の感想・見どころ

今回の見所は、雷市と天久のエースと主砲対決でしたね。

雷市の打ちそうな雰囲気に、エース天久は新球を公開しました。

このボールの正体はいったいなんなのでしょうか?

雷市が戦慄する様子が、絶望感を演出しててとてもよかったです!

これを知った沢村は、どんな表情を見せるのでしょうか?

今後の展開も楽しみですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる