DAYS 309話のあらすじ・ネタバレをご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月21日に発売の週刊少年マガジン38号、最新話!

DAYS第308話のあらすじ・ネタバレ・考察予想をまとめました!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\DAYSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のDAYS【第307話のあらすじ

前回は、前半13分のところから描かれました。

ついに大柴が抜け出ましたが、そこに如月が後ろ向きで回り込んできます。

 

そのため、ディフェンス側である如月は完全に不利な状況にありました。

大柴はフェイントをかけて抜きにいきます。

 

如月を素早くかわした大柴は、ついにシュートを撃とうとします。

ですが、なぜか防がれてしまうのです。

 

如月がスライディングでボールを止めていたのです。

まだだ!という水樹はこぼれ玉を拾います。

 

今日はサッカーの神様とやらが見にきてますよ、という言葉を思い出す水樹。

ドリブルで切れ込む水樹は、4枚のディフェンスを剥がします。

 

しかしそこにはキーパーが出てきていました。

至近距離でシュートを撃つ水樹。

それをがっしりと抑えるキーパー近藤。

如月と近藤、この二人がいる守備は相当に強いようでした。

そうして、ピンチを乗り切った桜高は、攻撃に転じるのです。

 

一方成神は、そんな試合に出たいといっています。

後半からの約束だけど前半から出てもいいと思うけどなーという成神でしたが、無視されているようでした。

 

犬童のバードアイによって、大きくサイドチェンジする桜高

しかしその攻撃もまた、防ぐ聖蹟でした。

スポンサードリンク



DAYS【第308話】の展開予想・考察

速瀬の抜けた穴を素早く埋めた鈴木。

冷静な鈴木に速瀬は「くっそー!リアクション薄いぞ!先輩には優しくしろよ!」といいます。

しかし、「それ後輩のセリフでしょ。裏狙ってきますよ」とクールに返す鈴木でした。

 

ベンチのメンバーはそんな鈴木を見て語ります。

彼は、裏表のない冷静な男だったのです。

そして、ベンチメンバーの上段に対しても、あっさりとスルーできるスキルを持っているようでした。

 

その冷たさは時に頼りになるようにも思えますね。

新たなコンビ誕生か、と、鈴木と速瀬を見てベンチメンバーはうなづいているようでした。

というかこれ、ミニゲームの成果なんじゃないか?という一人。

 

たしかに、以前聖蹟の練習で行なっていたあのミニゲームの場面に非常に似ていますね。

あの時はこの練習が何になるのかわからない、と嘆いていた部員ですが今になってようやくわかったようでした。

監督と生方を見て驚くメンバーたち。

 

この時のことを想定して、あの練習をしていたのですからね。

思えば、梁山高校との対戦の時、左サイドがズタボロにされてしまっていました。

それをあらかじめ予想していた生方と監督は、サイドを強化するためにあのミニゲームをしていたのです。

 

水樹にもまた、あのミニゲームの成果は出ているようでした。

あの時、狭いところも決めてきた水樹は、以前の彼らしくはなかったのです。

つまり、まだ上手くなっているということで、末恐ろしいですね。

 

そんなことよりピンチです!というベンチの一声で現実に引き戻されます。

桜高の攻撃が始まっていました。

エリア内でダイレクトに攻めてくる桜高。

 

ダイレクトなパス回しと言えば聖蹟ですが、そんなお株を奪うほどうまいパス回しですね。

猫谷がゴール前でボールを受けますが、臼井がそれを良しとはしません

 

しかし猫谷はボールを打たないで、前に落とします。

そこに走り込むのは鳥飼。

させねえ!とやってくるのは灰原。

自分のマークを捨てて駆けつけてきた灰原を見て、鳥飼はノールックパスをします。

 

その相手はまさに灰原がさっきまでマークしていた選手でした。

しかし、スライディングでそのパスを防いだのはつくしだったのです。

驚きの大活躍ぶりに、会場は湧きます。

 

かつての聖蹟メンバーで、今は観客席にいる三年生も驚いていました。

あんなに何もできなかったつくしが、今じゃなこんなにと感心しているようでした。

 

そんなつくしを見て、そういえばミニゲームの時、つくしがいるチームにはボールを防がれ続けたな、と言っているベンチメンバー。

課題はつくしのシュートでしたが、それもある日を境に劇的に上手くなったと言います。

なんであんな急に

と、わけがわからない様子のメンバーたちでしたが、今帰仁はフォロースルーだと思う、と言いました。

 

監督が照明を消した時、シュートを思い切りからぶったつくしは、あの時確かな手応えを感じていたのです。

今帰仁はその時のことを覚えていたようですが、他のメンバーは全く覚えていないようでした。

まるで積み木のように、つくしは着実に積んでいっていると感じる生方。

 

なんか塚本のやつどんどん上手くなってねぇか?と、冷や汗をかくメンバーたち。

驚くほどに実直なつくしに、部員たちは常に刺激をもらっているようでした。

努力はゆるやかな上り坂ではなく、階段であるというものがいました。

 

まさにその通り、つくしは一段ずつ階段を登っているんですね。

才能がないと諦めてしまう人や、採点競技のように点数のわからないサッカーは続ける人もそんなにいないようでした。

しかし、そんな中つくしはずっとやってきたのです。

 

そんなものにはいずれ訪れると言います。

ブレイクスルーの時が。

つくしは、ボールが割ってしまうような時も全力で走りました。

 

追わなくていい、スタミナの無駄だ!と灰原に言われるも、つくしは諦めず全力疾走をします。

これは、かつて風間が教えてくれたことでもありました。

全力で走る者を、仲間は信頼してくれる

 

風間はそういっていました。

つくしはボールに追いつけませんでしたが、その目は勝利に燃えています。

DAYSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

DAYSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/