2019年12月4日発売の週刊少年マガジン1号で、DAYS-デイズ-の第323話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年12月4日に発売された週刊少年マガジン1号に掲載!

DAYS-デイズ-最新話!第323話「生かし方」のネタバレと感想!

▷前回のDAYS【第322話】のネタバレはこちら!

>>DAYSのネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\DAYSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

DAYS-デイズ-の前回までのあらすじ

臼井というリーダー不在のなか、殻を破った佐藤。

チームをうまく落ち着かせチャンスを作ります。

 

さらに、ゴール前で自らドリブル突破を仕掛け、チャンスを拡げようとしました。

しかし、ここは角度がなくゴールには届きません。

 

悔しがる佐藤。

そこにあらわれたのは絶対に諦めない男・柄本つくし。

ライン近くに転がるボールを、必死に追いかけるのでした。

DAYS-デイズ-第323話「生かし方」のあらすじとネタバレ

来るぞ!

みんなで繋いだボールは、絶対に出さないと激走するつくし。

コーナーギリギリでボールを止めることに成功します。

 

盛り上がる会場。

しかし、ボールは誰もキープできていない状態でした。

ここで、つくしの残したボールに丈二郎が迫ります。

 

つくしに激しくあたる丈一郎。

やらせはしないと大きくプレッシャーをかけます。

 

(来栖くんなら…。)

そう思い浮かべたつくしは、ボールと丈二郎の間に身体を入れて、押し負けないようにします。

 

取られても、このまま出して相手ボールになるのもダメ…。

最低でも聖蹟のスローラインにすると考えるつくし。

 

そんなつくしに、桜高の選手がもうひとりやってきます。

つくしは瞬時に振り向き、相手選手にボールを当てて、外に出すことを選択しました。

 

ひょい

 

しかし、つくしはキックは空をきります。

丈二郎のヘルプにやってきたのは、犬童でした。

つくしがボールを蹴る寸前でボールを奪ったのです。

夢の続きを見させてくれ

ここで犬童が仕掛けてきました。

つくしからボールを奪うと、

すかさずカウンター。

犬童から芹沢にボールが渡りますが、

聖蹟は4人を残していたので、3人対4人で優位な状態に立ちます。

 

両校の選手が対峙するなか、猫谷が裏を取ろうとし、それに臼井が反応。

その一瞬をついて動いたのは…。

 

成神でした。

 

マークが外れ、横パスから成神にボールが渡ります。

ついに成神がボールを持ち、前を向きました。

 

猫谷がスキを作り、その隙を見逃さなかった芹沢。

観客席の加藤はこう言います。

 

桜高は成神を生かすことに関しては間違いなく日本一だと。

 

>>DAYSのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



DAYS-デイズ-の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

DAYSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でDAYSを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

DAYS-デイズ-最新話!第323話「生かし方」の感想・見どころ

佐藤の覚醒から作ったチャンス。

ゴールから外れてしまったところを、つくしの執念カバー。

そして、しっかりとキープ。

 

この流れは間違いなく追加点だと思いました。

なかなか責めることができなかった聖蹟に、大きなチャンスが生まれ、それを生かすものだと…。

 

でも、ヘルプにきたのが犬童だったとは…。

つくしも機転をきかしてボールを出そうとしたんですけどね。

犬童にひょいっともっていかれました。

 

カウンターで一気に同点か!?

という展開でしたが、聖蹟もしっかりリスク管理。

 

その後の成神です。

これは、ヤバい予感しかしませんね。

前半も残りわずかというところで同点。

その展開しか思い浮かばないです。

 

ただ、数的には優位。

そして、臼井もいます。

絶対とは言い切れない展開なので、得点されないまま前半を終えることができるかもしれません。

次回、注目ですね!