2019年11月6日発売の週刊少年マガジン48号で、ドメスティックな彼女の第250話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年11月6日に発売された週刊少年マガジン49号に掲載!

ドメスティックな彼女の最新話!第250話のネタバレと感想!

▷前回のドメスティックな彼女【第249話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>ドメスティックな彼女のネタバレ一覧はこちら!

\ドメスティックな彼女の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ショックで味が分からなくなってしまったルイ。

医者にはストレスの一時的なものと説明されますが、仕事を辞めることはできないのかと言われてしまいます。

そんなルイを心配して、ダニエラはどこかへ電話をかけていました。

 

東京。

夏生は自分の気持ちをついに固めた様子。

そこへ、突然梶田がやってきます。

「橘に助けが必要だ」

夏生が行かないのなら自分が行くという梶田。

その問いに出した答えは…

「俺が行く」

 

ドメスティックな彼女【第250】のネタバレ

遠ざかるヒナの心

夏生の決断に、無言でしばし無言で見つめる梶田。

「…そうか それが一番いいんだろうな すぐに発つか?」

「そうだな 早く様子が知りたい」

「なら空港まで送ってやる」

「えっ… あ ありがとう」

「その前に ちょっと寄ってもいいかな」

 

 

一人暮らしの家に戻った夏生。

「そうかよかった え? あー…まあ それはいいわ じゃあ空港で」

梶田との電話を切り、机の中からネックレスを取り出し、それを腕時計に巻き付けました。

 

家を出ようとしたそのとき…

「ナツオくん?」

そこにはヒナの姿が。

「たい焼き買ってきたんだけど… どこか行くの? そんな大きい荷物持って…」

「……っ」

柊に言われた、ヒナの気持ちを思い出す夏生…

 

 

「俺… ルイの所に行く」

 

 

「え… それって…」

「ルイが今 大変なんだ 仕事できなくなってて だから向こう行って様子見てくる

何もできないかもしれないけど 傍にいたいんだ じゃあ…」

 

そう言い、去ろうとする夏生を、ヒナは呼び止めました。

 

「ナツオくん!

 

気をつけて… 行ってきてね」

 

切ない精一杯の笑顔で伝えるヒナ。

 

「……うん」

迎えの梶田のバイクに急いで乗る夏生。

 

遠ざかるバイクの音に、ヒナの気持ちは…

 

梶田の気持ちも残して

空港へ向かう道中。

「俺は あんたの代わりにはなれなかった」

「え?」

「あいつはずっと あんたとの運命を求めてた

色んな壁があっても頑張れてたのは あんたの存在があったからだ

掛け替えのない 自分を作ってくれた人だから、と

あんたが行くと言って安心した きっと俺ではダメだ」

 

空港。

「ありがとう このお礼は必ず」

「気にするな 橘のこと… くれぐれも頼む」

梶田を残し、飛行機は飛び立っていきました。

 

 

「ありがと 連絡くれて あと飛行機代出してくれたことも…」

「まぁ… いいさ これで本出した時の印税もスッカラカンだけど… その代わり通訳よろしく」

「ラジャー」

飛行機の隣の座席にはアレックスの姿がありました。

「それにしても 心配だね ルイちゃん」

「ああ… 前に電話した時は大丈夫って言ってたけど まさかそこまで悪化してたなんてさ」

「電話してみた?」

「うん でも向こうの電源切れてるっぽい アルは?電話した?」

無言のアレックス。

「お前もアポなしかい! 俺ら2人共 サプライズになるのか で 何話すか決まった?」

「うん なんとなくね なっちゃんは?」

 

 

「ああ もう決まってる」

 

 

再会

「では お大事に お薬第出てますので ご登録の薬局へ」

処方箋を受け取り、ため息をつくルイ。

楽しそうに食事をする人々が視界に入り、言葉にならない思いがこみ上げます。

 

あたしが あの日すべきだったのは 別れを告げることじゃなくて

抱きしめてあげることだった

『大丈夫だよ』って 『書けなくなっても ナツオはナツオだよ』って

ナツオは言ってくれたのに

あたしは 別れるのが最善と思い込んで…

自分がこうなってからやっと気付くなんて もう遅い

どんなに悔やんでも 今更 もう…

 

 

「ルイ おかえり」

 

 

アパートの前に、夏生の姿が。

 

「なん… で…… 

なんでここにいるの!? ホントのホントにナツオ!?」

「ニセ者じゃないって」

夢かと疑うルイ。

「梶田くんが教えてくれたんだ ルイが今苦しんでるって

だからいてもたってもいられなくてさ 心配で大学帰りに そのまま来ちゃったよ

顔見れて 少し安心した」

 

「……っ なんで…なんでよ あたし あたしは… ナツオの手 離しちゃったのに

酷いことしたのに こん…こんな遠くまで ホント バカじゃないの…!?」

顔を赤くし号泣するルイと笑顔の夏生なのでした。

 

 

その後、ダッシュで帰宅したダニエラ。

夏生を抱きしめ言いました。

「ありがとうナツオ あなたが来てくれて本当によかった…!」

「ダニエラさんこそ ルイの傍にいてくれてありがとう」

ダニエラはルイの癒しになってあげてと言い残し、早々にウィルのもとへ行きました。

 

「あのね ナツオにもう一つ謝んなきゃいけないことあるんだ」

 

壊れたネックレスを見せるルイ。

それを見た夏生は、

「別に謝んなくていい こんなん すぐ直るよ それにほら

 

ちゃんとまだ 一つになるじゃん」

 

二つのネックレスを重ね、夏生はルイを慰めます。

 

「俺の方こそ 謝らないと

きっとルイは すごい考えて 別れを選んだんだと思う 俺をそれを受け入れようと頑張って

色々考えた 俺にとってのルイの存在とか思い出とか… その結果

 

下を向き、号泣するルイ。

 

ごめん 俺 やっぱり ルイのこと好きなんだよ」

 

 

>>ドメスティックな彼女の最新話までのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ドメスティックな彼女の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ドメスティックな彼女の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ドメスティックな彼女【第250話】の感想と考察

先週からある程度予想はされていたとは思いますが、それにしても急展開ですね。

 

どちらかが選ばれるのは分かっていますが、これは本当にダブルヒロインの作品なのでしょうか??

 

梶田はどこまでも良い人でしたね。彼も幸せになってほしいです。

 

ヒナとマスターの会話で、魔法使いならという話がありました。

そして、ヒナは答えを聞くのが怖かったと言っていました。

おそらくヒナも察してはいたのでしょう。

それは今にはじまったことではなく、ずっと感じていたことだと思います。

にしても、つい最近アメリカ行って、ルイに宣言してましたけどね。

これではまるでさらに傷つくために行ったかのようですね。

 

ルイは復活しそうですね。

夏生の存在が生命線だったのだから、味覚も復活するでしょう!

こちらはヒナとは逆に辛いことの後に、嬉しいことで、嬉しさ倍増ですね。

ベンはまた登場するでしょうか?

今のところ何もお咎めなしですからね。

 

次回は再会記念の巻頭カラーだそうですよ!