2019年11月27日発売の週刊少年マガジン52で、ドメスティックな彼女の第253話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年11月27日に発売された週刊少年マガジン52号に掲載!

ドメスティックな彼女の最新話!第253話のネタバレと感想!

▷前回のドメスティックな彼女【第252話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>ドメスティックな彼女のネタバレ一覧はこちら!

\ドメスティックな彼女の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

勢いでアメリカへ来たものの、なかなかリリーに会う踏ん切りがつかないアレックス。

そこで夏生とルイが一緒にミズーリに着いて行くことに。

アレックスの「もしよければ友達に…」とい言葉に、リリーは「また彼女になってでしょ?」と返します。

無事ハッピーエンドとなり、アパートへ戻った2人。

夏生はルイのために焼きうどんを作ります。

「味わかるの 少しだけど 味 感じる…」

夏生の力で、ルイの味覚が戻りはじめていました。

その夜、ルイにプロポーズした夏生。

答えはもちろんOKでした。

ドメスティックな彼女【第253】のネタバレ

プロポーズはお預け

翌朝、一人先に起きたルイは、重ねたネックレスを付け微笑んでいました。

 

空港。

「じゃあ これは買った店でちゃんと直してもらうから」

「うん ありがと よろしくね」

ルイは少し考えたように黙りました。

「あのね ナツオ

昨日言ってくれた『一緒になろう』って話 ちょっと待ってほしい」

「え…?」

「嫌ってことじゃなくてね? なんか…

あたし何でもしてもらってばっかりだなって あたしからもこの気持ちをちゃんと示したいと思ったの

だから プロポーズは あたしからさせてくれないかな…

研修終えて戻ったらさ 改めて あたしからしたいの ダメ…?」

「…… ダメなワケないじゃん

 

楽しみに待ってる!」

 

捨てられない

電車でどこかへ向かうヒナ。

 

行き先は海でした。

バッグから指輪のかかったネックレスを取り出すヒナ。

夏生とのたくさんの思い出が駆け巡ります。

海へ指輪を投げるヒナ…

 

しかし手には、投げ捨てることのできなかった指輪がそのまま残っていました。

その後も、何度も投げようとします。

 

「なんで… なんで 捨てられないのよ もぉ…!」

 

 

その後…

「ではお先に失礼します」

「お疲れ様でーす」

挨拶後、先輩が声を掛けてきました。

「ねぇねぇ橘やん 明後日早番だよね? いい感じのビールバー見つけたから 橘ちゃんも行かない?」

「あー… すみません 最近飲みすぎて ちょっと控えようと思ってて…」

「あ そうなの? じゃあ また今度ねー」

ロッカーで着替えをしているヒナ。

 

お疲れ様

今日帰ってきました

ルイ元気になったよ

渡したいものあるから 今日って時間あるかな?

 

夏生からのメッセージにヒナの指が震えました。

 

 

「これお土産」

「ありがと かわいいクッキーの所のだよね」

「知ってた? てかヒナ姉も最近行ったばっかだもんな」

ルイが味覚障害になっていたことを報告する夏生。

「そんな大変なことになってたなんて… 行った時 もっとちゃんと相談に乗ってあげればよかった」

「いや ヒナ姉が帰った後くらいから嫌がらせが激化したらしいから それは仕方ないって

今は味覚も戻ってきて ルイも前向きになってる

職場の方も色々対応してくれたみたいでさ いつでも戻ってきてって言ってくれてるらしいよ」

「そっか それならよかった」

ホッとするヒナ。

「……… それと ちょっとヒナ姉に 話しておきたいことあるんだ」

「………」

今から言われることを察するヒナ。

「家族だし その… 色々あったしさ ヒナ姉に黙ったままでいるのは よくないと思って

 

俺さ 

 

ルイと…」

 

残る時間は…

その時、夏生のスマホに蔦谷からの着信がきました。

「蔦谷さんて編集の方だよね? いいよ 出ても」

「あ ごめん…

もしもし どうもお疲れ様です はい 大丈夫です

ええ 何がですか? はい はい… 

 

えっ…

 

どういうことです…?」

 

 

急いでタクシーに乗り込む2人。

行き先は…

「おつりいいです!」

「そうですか? すみません」

 

―  落ち着いて聞いてほしい  ―

―  本当は口止めされているし 言うべきがすごく悩んだよ  ―

―  でも 君にだけは 伝えなきゃいけない気がしたんだ  ―

―  時間がないから  ―

―  桃源先生のお体は もう  ―

 

病室でうつろな目で横になっている桃源。

 

「なんだ バレちまったのかよ」

 

 

>>ドメスティックな彼女の最新話までのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ドメスティックな彼女の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ドメスティックな彼女の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ドメスティックな彼女【第253話】の感想と考察

先生が死ぬのは規定路線なんですね… 前振りありましたしね…

しかもこれきっかけで小説書けるようになる感が…

 

もっと自分の力でなんとかしてほしいんですが、無理なんですか?

ルイといい、自分の本当にやりたいことに対して他人からの影響が強すぎて、あまり熱を感じられないです。

ルイにいたっては、愛のパワーでお花畑復活ですからね。

高校生くらいならわかるけど、一応海外まで研修に行ってるんですからね。

 

ヒナは今週も死体蹴りになってますね。

一応、夏生はヒナの気持ちを知らない程ですが、本当は知っててこのやり方はズルいですね。

かつては好きだった人なのに。

一方的に好意を寄せられていて、付き合う気がさらさらなかった相手に対する態度に感じます。

なんでヒナをわざわざ『ヒナ姉』から『陽菜』に戻す必要あったんだろ??