2019年9月4日発売の週刊少年マガジン40号で、ドメスティックな彼女の第243話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年9月4日に発売された週刊少年マガジン40号に掲載!

ドメスティックな彼女の最新話!第243話のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>ドメスティックな彼女のネタバレ一覧はこちら!

\ドメスティックな彼女の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

納涼船一件で夏生への想いを確信したヒナ。もう一緒にはいられないと実家へ戻ることを決めます。

一方アメリカではルイが同じように夏生への想いを確信していました。

 

改めて感じた

自分の中で確かなこと

私 あたし

別れても

やっぱり彼のことが好き

 

そんな中、夏生はラマンのマスターから呼び出されます。

しかし呼び出したのはマスターではなく、ヒナの元彼の柊で…

ドメスティックな彼女【第243】のネタバレ

夏生が来る前のラマンでは…

「ヒナちゃんどうしてます?」

「! アンタ…」

柊からの問いにヒナに未練があると思ったマスターでしたが、そういうわけではない様子で元気なのか気になったようです。

「ええ 元気みたいよ? ここにもたまにふらっと来るけど

まあ 相変わらずな感じね」

「相変わらず?」

「過剰に義弟思いのお姉ちゃんてこと」

その言葉に考える柊。

「……… マスター ちょっと頼みたいことがあるんですけど…」

 

 

マスターから呼び出されてやってきた夏生。

「萩原さんが俺を…?」

「ああ 君と話がしたくて

単刀直入に言うと ヒナちゃんのことだよ

「わ わかりました…」

 

ルール違反

ヒナ姉が ずっと俺のことを…?

 

「ああ 変わらずに愛してた

君にはどう言ってたか知らないけど 別れてからもずっとね」

「ねえ… これってルール違反じゃない? アンタの口からってのは…」

思わずマスターも苦言を呈します。

「わかってます でも もう見てられないんですよ

それに 今更彼女から言えないじゃないですか」

「ちょ… ちょっと待って下さい

だって だって俺 目を見て直接言われたんスよ? ヨリ戻す気ないって

だから

すごく辛かったけど それから何とか立ち直って…」

夏生はあの頃を思い出し、動揺します。

 

君に罪悪感を抱かせないようにさ

 

柊は、学校の取り決めでヒナが寂しい日々を過ごすことに、夏生が責任を感じて苦しむと思ったのだと説明します。そして

 

全ては 君を想っての嘘だ

 

さらに柊は、自分が救えないかと心から『彼女はもう君を忘れたよ』と言ったことを告白します。

しかしその行動でヒナの心は解放されることはありませんでした。そして柊は悟ったのです。

 

君じゃなきゃダメなんだ 夏生くん 彼女を幸せにできるのは

 

「……… …急に そんなこと言われても…

ヒナにフラれた後 好きな人だってできたし…」

夏生はルイのことを思い出していました。

「夏生くん 今恋人は?」

「え…? あ…今はいませんけど…」

柊は夏生の手に触れて言いました。

「そうか 彼女は十分苦しんだ 君も もう20歳にもなるんだろ?

どうか彼女の想いを汲んで 決めてあげてほしい

 

 

 

一人、電車でうつむく夏生。

付き合っていた頃の思い出が蘇ります。

 

さよなら

 

涙でそう伝えたヒナ。

 

「そりゃないよ…」

夏生は思わず声に出してつぶやくのでした…

ヒナの向かった先は?

実家に戻ったヒナ。

母が出迎えてくれました。

「どういう心境の変化?」

そう尋ねる母に、もうしっかりやれそうだからと答えます。

それに対し母は、一段落したのなら温泉にでも行って羽を伸ばしてきたらと言います。

「…… 温泉もいいけど… 母さん 私さぁ…

 

 

 

一方アメリカでは、ルイがパスタの担当を任されることになっていました。

パスタ場チーフの高評価と奨励賞の結果で、早速明日からという話です!

 

「ダニエラ! やったー!!」

「わお! ルイどした!?」

「聞いて聞いて! 私 パスタ担当になったの!」

嬉しさを爆発させるルイ。

スピード出世にダニエラも驚き喜んでくれました。

 

そして翌日、パスタチーフのダリオに挨拶に行くルイ。

「ルイ! パスタ場にようそこ!!」

ダリオはハイテンションで、ルイの功績を褒めたたえます。

「おっと この話をし始めると日が暮れるな

正式にパスタ場に入ると まず先輩の下について仕事を覚えるんだ

わからないことは この直属の先輩に聞けばいい

おい ちょっと来てくれ!

ルイには これからベンの下についてもらうよ」

 

そう紹介されたルイでしたが、ベンは見下すような言葉を発します。

 

はぁ こりゃあ… 随分 優秀な新人さんが来てくれたもんだ

 

前途多難なルイのパスタ場スタートなのでした…

 

 

 

そして…

「観光ですか?」

「はい」

なんとアメリカの空港にヒナの姿が!!

 

▽次回のドメスティックな彼女▽

漫画|ドメスティックな彼女 最新話【第244話】のネタバレ・感想・考察!!9月18日に更新

>>ドメスティックな彼女のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ドメスティックな彼女の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ドメスティックな彼女の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ドメスティックな彼女【第243話】の感想と考察

柊の突然の発言にホントびっくりです!!!

マスターがルール違反と言ってくれなければモヤモヤが残るところでした!

どうしても答えを出さなければならないこととはいえ、他人がそれを言っていいんでしょうか??

すっごくデリケートな問題なのに…

夏生もめっちゃ悩んでますよ!!

 

しかしヒナ自身もルイのもとへ…

あくまで意思確認のためかと思いますが、どうなるんでしょうか?

ルイは面倒な先輩のもとで働くことになりますし、ここは姉の優しさを見たいところですね!