2019年9月21日発売の少年ジャンプ43号で、Dr.STONEの第122話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年9月21日に発売された少年ジャンプ43号に掲載!

Dr.STONE最新話!第122話「頭脳戦のパズルピース」のネタバレと感想!

▷前回のDr.STONE【第121話】のネタバレはこちら!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

銀狼は頭首にお呼ばれしたものの、そこで正体を知ってしまいます。

さらに、後ろから刺され絶命しかける銀狼。

モズとコハクは戦いますが、銀狼のピンチにコハクは駆けつけます。

そして、二人揃って石化されてしまうのでした。

Dr.STONE第122話「頭脳戦のパズルピース」のネタバレ

うおおお紅ー!!!

と喜んでいる大樹。

 

どうやら石化復活薬で紅が復活したようです。

思わずハグしてしまいそうになる大樹ですが

いや!握手だ!!親しき中にも礼儀ありだからなー!!!」といって握手をするのでした。

 

そうして、復活した紅は皆の石像を組み立てます。

紅の記憶力と手芸の能力で、石像パズルは加速していきます。

 

その結果、クロムも復活できました。

 

「やべー!!!!!」と興奮しているクロム。

石化状態ははじめて経験したわけですから、そうなりますよね。

 

カセキとクロムが復活したことで、ドローンの制作チームは問題ない、と考える千空。

「となれば三次元の専門家が欲しい違うか!?」という龍水。

 

そうして羽京も復活しました。

「あとはなんといっても、情報だね敵の」という羽京。

「はっはー!当然そう言うだろうな元ソナーマンの貴様ならば」という龍水、「ククク安心しやがれ、敵陣にコハクたちが…」という千空。

 

「待った!誰か来る!!海中を泳いで…!」という羽京。

そのとき、やってきたのはアマリリスでした。

彼女はコハクたちが石化されてる隙に、泳いで逃げ帰ってきたのです。

 

コハクと銀狼が石化したことを知った千空。

 

「じゃあソユーズって当主様の一族の人とかだったんだよ!?」

「似てるというのも銀狼の見立てだがな」

 

「あーんなあこた今とやかく想像してもしゃあねえ。それよかしりてえのは敵の戦力&内容だ!」と千空。

 

情報の小さいかけらから、頭脳戦で勝機をあぶり出す、と作戦会議を開始します。

 

「すごいんだよ、よく見ると!」

コハク言ってた、考えるの得意の五知将が揃ったんだよ!

「わはは、科学王国のトップ会議だなー!」

と、スイカと大樹も嬉しそうですね。

 

「ククク、やるじゃねえかアマリリス。てめーら、スパイチームのおありがてえ奮闘でよ!」という千空は「トップシークレットがモロ見えたぞ」とニヤリとします。

 

敵の持っている石化武器はたった一つ、というところが千空にとっては相手のウィークポイントだと考えているようでした。

 

「見たろう、ソユーズと紅が組むことでパズルの速度があがったのを!」

という龍水は、五知将以外にも考える必要があることを示唆します。

 

「例えば別角度からクロム、貴様の閃きのような力が必要になるかもしれん!」という龍水。

皆もやる気になります。

 

黒幕のイバラが第二投目の石化武器を持っている可能性はないという結論に至った科学チーム。

ゲンいわく、侵入者を急いで確実に石化させなきゃ、というタイミングで二投目の準備すらしていなかったことが決定的なようでした。

 

さすがメンタリストですね。

わずかな綻びから答えを導きました。

 

「つまり石化武器は一つ!!」と龍水も言います。

 

もうひとつとても重要なことがありました。

それは、キリサメは当主が石化していることを知らないのではないか、ということです。

彼女が投擲した石化武器は、上を避けるように投擲されていたのです。

 

それはつまり、当主を石化させないように避けたということ。

そのため、キリサメが当主の石化を知らない可能性は大いにありました。

 

んーそうなんだけどさ、よくわかったね、なんで?」というのはモズ。

「モズ!??!?!」と焦るアマリリス。

 

どごん、ととっさに庇いにきた大樹を吹き飛ばすモズ。

全員で戦っても勝負にならないだろう、と冷静に考える龍水。

 

大樹は数秒でも時間を稼ぐため、なんども立ちふさがります。

 

「ごめんなさい、私がきっとつけられちゃったから…」というアマリリス。

その言葉に、違和感を覚えるクロム。

 

モズのやろう、アマリリスたちも侵入者だって気づいてたんじゃねえのか?

 

侵入者とイバラが1対1になる死ぬほど危ない状況をモズは黙って見送っていたということにもなります。

つまり、モズはイバラを死んでいいもしくは殺そうと思っているという結論に至ります。

 

ゲンはニヤリとします。

そして次回へ続きます。

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE最新話!第122話「頭脳戦のパズルピース」の感想・見どころ

今回の話では、モズが科学王国に襲撃してくるというところが描かれていて、ゾッとしましたね。

とはいえ、モズには何か考えがあるようで、この先のゲンとの舌戦が楽しみです。

それにしても、アマリリスたちの正体を知っていながら黙っていたのはどういう理由があるんでしょうか?

次回も楽しみです!