2019年11月11日発売の少年ジャンプ50号で、Dr.STONEの第129話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年11月11日に発売された少年ジャンプ50号に掲載!

Dr.STONE最新話!第129話「JOKER」のネタバレと感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ソユーズは石像の父と再会します。

そうしてついにソユーズは記憶を取り戻すのでした。

やっと思い出したよ…父さん…と涙を流すソユーズ。

姿は俺が全部覚えてる、直してあげるからね元の姿に…!

というソユーズでした。

その頃、暴れるチームがイバラたちの船にたどり着きます。

そして…?

Dr.STONE第129話「JOKER」のネタバレ

 

マグマと合流

ゲンは、

あああああきてくれた千空ちゃんたちみんな!

これでやっと逃げられ…

と言いますが、マグマは逃げる気は全く内容でした。

 

はっはーこのままど真ん中に突っ込むぞ!!

という龍水と千空。

 

どゆこと!?というゲンに、

暴れまくってイバラたち食い止めんだよ!!

という千空。

 

大樹や紅たちのチームが党首の石像かかげてお披露目に来るまでな!!という千空に

 

えええこっちたった九人で!?

敵さん何百人いるとおもってんの!?

と驚くゲン。

 

銃をもったマグマは、船に乗り込むと同時に乱射します。

あれだけみんなで真面目に不殺を貫こうと言っていたのに、

マグマは完全にイバラを殺す気で乱射してしまいます。

 

もう全部あほらしくなる思い切りの良さね、

マグマちゃんオンリーワンの強みよね、

とゲンは呆れているようです。

 

そして暴走するマグマは、仲間に止められるのでした。

 

船のあっちこっちで、ガイイイン、と音がなります。

すると、民たちは何人いんだよ妖術使い!?と焦っているようですね。

 

弾を浪費するな!と言われるマグマは、陽に銃を返すのでした。

もうあと三発しかない、という陽。

そして、マグネシウムを千空は銃に詰め込みます。

妖術使い

それを放つと、マグネシウムは熱によって光を発しました。

まるで打ち上げ花火のようですが、ゲンは「妖術!光の槍!!」とそれっぽいことを言います。

 

船内五十人の妖術師たちが光でチュイーンってしちゃうよー!

というゲンの言葉に、民は急いで船の外に逃げます。

 

そんな時、逆に船に向かってくる者がいました。

最強の男、モズです。

 

ついに敵の本丸と決戦となりますが、戦いは陽に託されました。

銃を撃とうとする陽でしたが、

んー君じゃん妖術使い!見たよ、指!!

といってモズは陽に一撃を浴びせ船に落としてしまいます。

モズとの最終戦

金狼は負けじと槍で攻めますが、モズはものともしないのでした。

全員で攻撃をしても、モズには太刀打ちできません。

 

ないの?千空ちゃん、化学のなんか、切り札…というゲンに、

あーねえよもう、そんなもんは

と諦めたような発言をする千空。

 

もう逃げるとこもない…!

という千空たち。

 

そこにイバラが現れます。

んー残念!はいはい侵入者くんたち!よく頑張ったねおじちゃん感動しちゃった

というイバラ。

 

追い込まれたんじゃねえ

追い込んでいただいたんだよ、はるばるこの部屋にな!

という千空。

 

そうして復活液を牢に投げ込む千空。

 

ククク、こんだけは使いたくなかったカード

最後のジョーカーだ。

といって氷月を復活させるのでした。

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE最新話!第129話「JOKER」の感想・見どころ

今回の話では、モズの強さが見せつけられましたね。

ただ、ついにあの氷月が復活したということで、ここで味方として動いてくれるのかどうか、色々な期待と不安がいりまじります。

とはいえ、一度敵になったものはなんだかんだ味方になるというのがこの漫画のパターンですから、これは安心してよさそうですね!

次回もかなり熱くなりそうで、楽しみです!