2019年12月9日発売の少年ジャンプ2号で、Dr.STONEの第132話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年12月9日に発売された少年ジャンプ2号に掲載!

Dr.STONE最新話!第132話のネタバレと感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

モズと氷月の一騎打ち。

氷月の方が強いかと思いきや、モズはさらに強かった!

船内が混乱するなか、船に到着したキリサメとオオアラシ。

イバラが島全体を石化するように指示を出す。

あまりの無謀な提案に、イバラへ不信感を抱くキリサメ。

そこへ、頭首像を組み立て終わった大樹たちが合流。

頭首様は生きておらず、石化されていた事実を教える。

嘘がバレたイバラ。

キリサメを石化し海へと落とした。

このまま自分で何とかするしかないと思っていると・・・

イバラの手に当たったのは銃弾!

陽が最後の一発でイバラを狙ったのだ。

撃たれた衝撃で、イバラは握っていた石化武器を海へ落としてしまった。

Dr.STONE【第132話】のネタバレ

陽から渾身の一発

海からイバラを狙っていた陽。

銃を構えて、最後の一発を発砲!

見事にイバラの手に命中した。

おかげで、手に持っていた石化武器を海へ落としてしまう。

 

絶叫するイバラ。

陽は、海へ落ちた石化武器をゲット!

弾はなくなってしまったが、形勢逆転といったところだろうか。

 

武器を手に入れられれば、勝ちは決まったようなもの。

調子に乗った陽の妄想は止まらない。

石化武器を使えばモズの石化も可能。

強い自分の姿に、皆からは褒められ、女の子にもモテモテ!

鼻の下が伸びる陽。

 

さっそく石化武器を使おうと試みるが・・・

使い方が分からない!!

 

一方で、船内では氷月とモズの戦いが続いている。

千空達からすれば、圧倒的な強さを誇る氷月だったが、モズの前では厳しかったようだ。

 

氷月の槍の腕前は努力型。

練習を頑張って手に入れた強さだった。

対して、モズは天才型。

モズは「自分は生まれた時から強い」と豪語する。

 

槍を構えたモズ。

氷月は逃げるように、海へと飛び込む。

しかし、モズは逃がさない!

水中でも攻撃してくる。

 

どうにか避けて、陸へと到着。

あまりにも必死に氷月が逃げるので、ダサすぎるとモズは笑った。

 

言葉がいらない信頼関係

陸に上がって走り続ける氷月。

目指すは竹林。

 

なぜ、竹林を目指すのか?

それは、モズが強いからといって、千空は逃げるような男ではない。

何かを採りにいくため島に戻ったはず。

氷月は、千空達の動きを予想して、島へと戻り走っていたのだ。

 

竹林では、ニッキーが刃物で竹を一刀両断!

千空はカットされた竹を掴む。

ゲンは、千空が何を作ろうとしているのか、すぐに分かったようだ。

 

走る氷月。

自分は武力のジョーカー。

きっと自分のために最強の武器を作ってくれると信じていた。

 

走りながら、氷月はふと気付く。

信じる!?

敵だった千空達を!?

氷月はマスクを外して、少し微笑んだ。

 

千空は、ニッキーにカットしてもらったたくさんの竹から、金の槍に近いサイズの竹を選ぶ。

できるだけ、槍に近いサイズを探す金狼。

しかし、ぴったりサイズを探しだすなど困難だ。

 

そこで、千空は固体潤滑剤を作りだそうと考えた。

千空が持ってきた袋の中には、小さなビンがいっぱい。1つのビンには、黒鉛つまり煙突のススが入っている。

そこへ、アルコールを注ぐ。

炭素の結晶は、スベリ面ができることによってヌルヌルになる。

なので、鉛筆などでも代用可能。

スベリが悪い引き出しに鉛筆をゴシゴシすれば、動きがよくなる仕組みだ。

 

カセキはさっそく、千空が作った固体潤滑剤を竹の内側に塗り込む。

これで完成!

あとは氷月の元へ届けなければいけない。

ここで、馬鹿力のマグマの出番だ!

 

氷月の反撃開始!

マグマをおだてるゲン。

絶対外せないと念押しする千空。

みくびっては困ると、マグマは竹の筒を力いっぱい投げた!

 

気付いた氷月。

自分の槍へと竹筒を通す。

氷月は感心した。

 

「ありがとうございます

 さすがちゃんとしてますね」

 

氷月は立ち上がり、再びモズと向き合って構えた。

さきほどまで逃げていた氷月とは違う。

 

今から使うのは科学の槍

500年の歴史を受け継ぐ、尾張貫流槍術である。普通の槍に比べて、速く動かす事が可能だ。

 

氷月は竹を中心に移動させ、槍をブンブン振り回し始める。

モズからすれば、見た事ない槍の動き。

あまりの速さに、丸く円を描いているようにも見える。

 

金色に輝く光。

まるで太陽のごとく、氷月の槍がモズを襲う!

圧倒的な速さとパワー。

モズは対処できずに、弾き飛ばされた。

 

槍の仕組みは単純。

竹の筒を支点にして、テコを利用したに過ぎない。だが、貫流槍術事態の習得は非常に難しく、長い月日がかかる。

おまけに、科学王国特製の管槍は滑りが抜群で扱いやすかった。

管槍の威力に喜ぶ科学王国メンバー。

 

イバラの悪あがき

モズは悔しがった。

こんな妖術の武器に自分が負けてしまうのだろうか?

氷月は攻撃しながら、モズへ尋ねる。

 

「ヒトにとって

 最強の武器とは

 なんだと思いますか

 モズ君?」

 

モズは自分が天才だと言って、槍の練習を真剣に行うことはなかった。

だが、それは大きな間違い。

ヒトは世代を超えて積み重ねることができる。地道に能力を磨き続けられるのだ。

そして、自分らはさらに磨き、次世代へと得た技術を繋いでいく。

氷月は言った。

 

「その悠久の研鑽に

 一人の天才では

 勝つことなどできませんよ」

 

氷月は努力と科学の力で、モズを圧倒したのだった。

 

ペルセウス船付近では、未だに海を泳いで島民を石化武器で脅す陽の姿があった。

使い方はまだ分からないが、持っておけば島全体が石化することもないだろう。

陽が安堵していると・・・

 

船から海へ飛び込んできたイバラ。

落ちる瞬間、石化武器へとつぶやく。

一瞬の出来事。

石化武器が反応して光った。

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第132話の感想

前言撤回!!

やっぱり陽はダメでした!

調子に乗ってないで、早く陸へ上がればいいものを・・・

海にずっといるものだから、イバラが捨て身で石化武器を稼働させちゃいましたよ!

今までの使い方を見ている限り、距離を言葉で指定すれば、限られた範囲だけが石化する仕組みのようです。

イバラがどのように指示したのか分かりませんが、これは明らかに大ピンチ!

そして、氷月はもう立派な科学王国の仲間になっていました~!

そうかそうか、努力で槍の練習をして強くなったわけですね。

素晴らしい話じゃありませんか。

言葉にせずとも千空を信じて陸へと上がり、自分の能力を最大限に発揮した。

足りない部分を、得意な者が補って形にする科学王国のやり方、組織としては最高ですよね!

やっとモズを倒せたのに、陽のせいでまたも大変な事になってしまうのか!?

次回の展開が心配です!