2019年12月23日発売の少年ジャンプ4・5合併号で、Dr.STONEの第134話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年12月23日に発売された少年ジャンプ4・5合併号に掲載!

Dr.STONE最新話!第134話のネタバレと感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

石化武器を陽に取られたイバラ。

海に自ら飛び込み、石化武器に向かって叫ぶ。

おかげで陽は石化

イバラに再び石化武器を取られてしまった。

近くで泳いでいたオオアラシ。

イバラはオオアラシに何かを飲み込ませる。

オオアラシは陸へ上がると、島の中央へ向かって勢いよく走り出す。

慌てて追いかける科学王国メンバー。

石化武器はオオアラシが持っていると思われた。

しかし、捕まえてみれば、石化武器はオオアラシのお腹のなか

どうする事もできず、島全体が石化しようとしていた。

その時、クロムだけは何か閃く

必要な情報を千空に託し、仲間と共に石化していった。

追い込まれた千空。

はたして、最大の危機から仲間を救うことはできるのか!?

Dr.STONE【第134話】のネタバレ

成長したモズ

ついに島全体が石化。

石化光線は容赦なく、科学王国メンバーだけでなく島民全員も襲う。

涙を流しながら石化するアマリリス。

羽京は石化しながら、千空に伝えるため手に入れた情報を大声で叫ぶ。

 

「石化光線の発動は

 効果範囲と秒数を声で・・・

 

石化光線は、戦いを終えたばかりのモズと氷月にも忍び寄っていた。

諦めた表情のモズ。

氷月もまた石化されてしまえば、再び復活してもらえることはないと予想していた。

なぜなら、氷月とモズは危険なカード。

石化が解かれることはないだろう。

 

モズにとっては初の負け。

そして、これが自分にとっての最期。

だが、それよりも氷月の管槍が気になったようだ。

 

もし、石化が解けることがあれば、管槍を教えて欲しい・・・

モズがちゃんとするのであれば、門戸を開くと言った氷月。

2人は穏やかに会話をして石化していった。

 

ソユーズとの再会

イバラは島から離れてボートで待機。

目の前で島全体が石化光線に包まれる。

石化光線が消えた島は穏やか。

波音だけが響き渡っていた。

 

イバラはボートで島へ上陸。

笑いが止まらなかった。

 

「イヒヒヒヒ!

 イヒヒヒヒヒ!!」

 

おそらく、島で生き残ったのはイバラ一人だろう。

まさに一人勝ち。

島の中央へと歩いていく。

 

イバラは、千空達が石化を解く復活液を持っていると知っている。

島民全員石化してしまったが、復活液を使えば問題ないと考えていたのだ。

復活液が足りないのであれば、拷問して作らせればいい。

 

イバラが歩いていると・・・

一定の距離を保ちながら、一列に並んだ科学王国メンバー。

みんな同じポーズをしている。

 

島中央に辿り着くと、イバラでも見た事がある顔があった。

ソユーズである。

 

宝島を奪ったイバラ

イバラが思い出していたのは、ソユーズがまだ赤ん坊の頃だった。

 

どこから入手したのか分からないが、石化武器を手に入れたイバラ。

さっそく頭首を石化。

これで島は自分のモノだと考えた。

ところが、その様子をまだ赤ん坊だったソユーズが見ていたのである。

 

宝島の頭首は、百物語を継ぐために代々記憶力の良い女性を正妻にめとる。

ソユーズの記憶力も素晴らしいと、島内で評判だった。

 

ならば、赤子だろうと生かしておくわけにはいかない・・・

 

イバラがソユーズを襲おうとすると、母親が慌てて助けた。

しかし、頭首がいない以上、後宮の者達はイバラの指示通りに動く。

ソユーズ王子が誘拐されたとして、2人を捉えるように命令した。

 

赤子を抱いて、必死に逃げる母親。

ボートに乗り島を逃げ出す。

母親は大きなケガをしており、ただ海を眺めて涙を流していた。

 

こうして、20年ぶりの再会を果たしたイバラとソユーズ。

ソユーズはせっかく生き残って帰って来たのに、イバラによって石化されてしまったのだ。悔しかったことだろう。

 

イバラは大きな石を持ち上げ、オオアラシを破壊。体の中から、石化武器を取り出す。

これでもう恐れる相手はいない。

 

イバラが周辺をキョロキョロ見ていると、地面に足跡があった。

どこまでも続く足跡。

石化光線から逃げたにしても、こんなに進めるはずがない。

何かおかしい・・・

 

イバラは足跡を辿って歩いていく。

すると、コハクから奪った耳飾りに雑音が入った。

 

「今の音ってもしかして・・・」

 

イバラは用途が分かっていないようだが、この耳飾りは一方通行のインカム。

コハク達が後宮に潜入した際、離れた場所でも指示を受け取れるように千空が開発したモノだった。

 

音が大きくなっていく方向に走るイバラ。

すると、目の前に科学王国のラボカーが姿を現す。

 

直接対決開幕!

宝島は科学王国ほど文明が発達していない。

ラボカーを初めてみた時も、ワラに覆われている姿から獣と勘違いしたくらいだ。

 

ラボカーのドアが開いている。

どうやら音はここから聞こえたらしい。

室内を除くイバラ。

 

すると、床に置いてあったイヤホンから突然音がした。

 

「5m

 1second」

 

イバラは驚愕!

叫びながらラボカーから離れた。

あまりの慌てっぷりで尻もちをつき、石化武器を地面に落としてしまったほどだ。

 

石化武器は、距離と時間を指定して呼びかければ稼働してしまう。

しかし、今回は距離が足りなかったのか、石化武器が発動することはない。

 

茂みからは残念そうな声。

どうやら、羽京が教えてくれた情報通りに試してみたようだ。

だが、相当近くで喋らなければ石化武器は稼働しないことが分かった。

 

もうお気づきだろう。

イヤホンを通じてインカムで話しかけた人物こそ、千空!!

千空は立ち上がり、挨拶代わりに言った。

 

「よ~う、イバラ

 ククク、俺ら仲良く最後の二人

 科学VS石化の

 大将戦といこうじゃねぇか!!」

 

イバラは驚いて叫んだ。

 

なんで生きてる!?

 貴様!

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第134話の感想

良かった~!千空生きてましたよ!

追い込まれた状況でありながら、瞬時に判断をした千空。さすがですね~

どのように石化光線から生き延びたかは分かりません。

ただ、イバラへ堂々と宣戦布告。

頭の良い千空のことです。

何か良い作戦があるのでしょう。

個人的には、科学王国メンバーがバケツリレーのように同じポーズで並んで石化しているのが印象的でした。

おそらく、千空に何かを手渡したのでしょう。

次回がとても気になりますが、今回は年最後の合併号です。

千空VSイバラの対決結果は2週間後。

来年を楽しみに待ちたいと思います!