ドクターストーンの第138話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年2月10日発売の週刊少年ジャンプ11号、最新話!

ドクターストーン【138話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

龍水と協力して、ドローンで石化武器をゲットした千空。

しかし、イバラも黙ってはいない。

あの手この手で、千空たちを石化しようと試みた。

しかし、龍水が石化することで、千空を助けたのである。

龍水はむやみに突っ込んだのではない。

イバラが取り返した石化武器には、耳飾り(インカム)がくっついていた。

千空はインカムを通じて呼びかけ、石化武器を発動。

イバラは見事石化。

千空はやっと戦いに勝利したのである。

Dr.STONE【第138話】の確定ネタバレ

復活する科学王国メンバー

千空は、まずクロムの石化を解除。

 

意識を取り戻したクロム。

前に立っているのが千空だけということは、イバラに勝利したということ。

クロムは拳を握りしめ勝利を喜んだ。

 

千空とクロム、科学使いのタッグが復活。

チマチマと復活液をつくる。

復活液はまだ大量生産ができない。

復活させるにしても、順番が大事だろう。

 

激しい戦いを終えたばかり。

当然、お腹がすく。

そこで、次に復活させたのはアマリリス

これで食糧確保できる。

 

でも、千空たちは力がない。

大量の魚や果物を運んでくれる力持ちが欲しいところ。

そこで、復活させたのは大樹

食料を一気に運んでもらうことができた。

 

しかし、次は魚をさばくことができない。

料理を作ってくれる人が欲しいところ。

ならば、次はフランソワの復活が先だろう。

フランソワは復活すると、慣れた手つきでおいしい料理を作ってくれた。

 

みんなで仲良く食事中。

突然、携帯の受信機がザザザと鳴る。

電池は残りわずか。

ルリからかかってきた電話を受け取るも、すぐに切れてしまったのである。

 

クロムは話を聞いていて疑問に思った。

ルリといえば優秀な巫女。

いくら心配しているとはいえ、18年みんなのために耐えたルリが電話をかけまくるだろうか?

 

きっと何か伝えたいことがあるはず。

ペルセウス船の設備なら通話できるかもしれない。

千空達はペルセウス船に向かった。

 

勝利の凱旋航海

ペルセウス船の船内をみると・・・

 

床はボロボロ。

装置はめちゃくちゃ。

ひどいズタボロっぷりである。

 

宝島の者は、知らない機械ばかりで混乱したのだろう。

手当たり次第、引っぺがしたようだ。

復旧には数週かかる。

フランソワはすぐに食堂を手配。

なんて有能だろうか。

 

石化装置は奪ったのだ。

ゆっくり修復させていけばいい。

少しずつ仲間を復活させていった。

 

龍水・カセキ爺さん・ゲンなど、仲間が次々と復活!

大樹は海に落ちている陽の石像をひろう。

すると、近くにはキリサメの石像も落ちていた。

 

とりあえず、キリサメも持ち帰った大樹。

キリサメは敵だった。

皆は復活させようか悩む。

ところが、千空は迷うことなく復活液をかけた。

 

「イバラに騙されてただけだ

 コイツは」

 

復活したキリサメ。

表情は悲しそう。

千空はなぜキリサメを優先的に復活させたのか?

 

キリサメにお願いしたいのは、後宮の石像探し。

後宮では銀狼コハクが石化している。

石像の在処は、キリサメなら知っていると思ったようだ。

 

嬉しい再会

先に復活したコハク。

銀狼の復活には、兄の金狼も立ち会う。

 

石化する直前に、イバラによって胸を刺された。

復活液で修復できるのだろうか?

金狼が不安がるなか・・・

 

銀狼は傷も完治して復活!

金狼は喜びのあまり、涙が溢れた。

 

銀狼の前にはコハクも笑顔で立っている。

もし、コハクが石化させるように誘導してくれなければ、銀狼はすでに死んでいただろう。

コハクのおかげで銀狼は助かったのだ。

 

「ありがとおぉ

 コハクちゃぁああん」

 

泣いて喜ぶ銀狼。

どさくさに紛れて、コハクの胸に飛び込もうと試みる。

もちろん、コハクのパンチが炸裂!

銀狼の頭にはコブがたくさん。

 

いつも通りの銀狼だ。

問題なく治って良かったと、クロムとニッキーは笑う。

 

千空をじっと見たコハク。

嬉しさのあまり、千空へと抱きついた。

顔を赤くするキリサメ。

アマリリスは微笑んで言った。

 

そういうんじゃないハグでしょ

 あの二人は

 

ホワイマン登場?

仲間が増えれば修復スピードも上がる。

夜になれば、みんなで宴!

キリサメはソユーズに頭を下げる。

オオアラシも復活してもらえたようだ。

 

科学チームは船の修復に没頭。

カセキ爺さん・クロム・羽京・千空によって通信装置が完成。

電波を受信できる状態になった。

 

千空はさっそくルリへ電話。

用件を尋ねる。

すると、ルリは不思議そうに答えた。

 

「千空

 あなたが不思議な通信を・・・」

 

ザザザザザザザ・・・

 

突然、通信が遮断された。

強力な電波の影響だろう。

もしかして「ホワイマン」だろうか?

 

スピーカーから聞こえる音。

モールス信号ではない。

人の声のようだ。

 

「12800000m

 1second」

 

驚く科学王国メンバー。

石化装置はコハクが持っている。

どうやら、ホワイマンは石化装置を発動させようと試みたようだ。

石化装置はスピーカーに近づけないほうがいいだろう。

 

12800000mとは地球の直径。

しかし、問題はそこではない。

耳がいい羽京は分かっていた。

ホワイマンの声は、千空の声だったのである。

驚愕する科学王国メンバー。

千空はニヤッと笑って言った。

 

「唆るぜ!これは!!」

 

 

いよいよ核心にせまる物語。

石化の真相が明らかされる本章の始まりだ!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第138話の感想

銀狼やコハクが助かったのは良かったのですが・・・

ついに登場したホワイマン。

ペルセウス船で出航する前に、「WHY(なぜ?)」とモールス信号を送って来た男。

名前が分からないことから、科学王国では「ホワイマン」と呼んでいます。

でも、ホワイマンが千空と同じ声とは驚きました。

ついに、地球全体が石化した謎が明らかにされそうです。

ホワイマンの正体とは!?

石化装置は誰が作ったのか!?

次回がとても気になります!