漫画|Dr.STONE(ドクターストーン )【第143話】のネタバレ・感想!航海ルートはどっち?千空と龍水がポーカー勝負!

[cc id=1271]

ドクターストーンの第143話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ16号、最新話!

ドクターストーン【143話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

目次

前回のあらすじ

宇宙船を作るためには、世界で素材を集めなければいけない。

そのためには、まず大人数を復活させる必要がある。

復活液を大量生産するためには、原料となるアルコールが欠かせない。

アルコールはコーンから作り出せる。

千空達はコーンの街、アメリカ大陸を目指して出航した。

Dr.STONE【第143話】の確定ネタバレ

南ちゃんによるインタビュー

南は、石化する前の世界では記者をやっていた。

科学の進歩により声の録音が可能に。

せっかくアメリカ大陸を目指すのだ。

後世へ記録を残すため、船員をインタビューすることにした。

 

石化の謎は、きっと敵が知っているはず。

敵がいる場所は月!

世界を巻き込んだ宇宙船をつくるビッグプロジェクト。

まずは世界中から素材を集める旅に出た。

 

南にはメンバーをインタビュー。

 

霊長類最強の高校生

軽薄メンタリスト ゲン

名探偵少女 スイカ

神腕職人 カセキ

閃き科学使い クロム

堅物の投擲戦士 キリサメ

堅物の槍戦士 金狼(キンロー)

 

堅物同士、キリサメと金狼は気が合うかもしれない。

ちなみに、肩書は全て南が考えている。

 

ほかにも・・・

復讐の武士 松風(マツカゼ)

ドゲス戦士 銀狼(ギンロー)

などをインタビュー。

 

銀狼はそもそも船に乗る気などなかったが、松風に乗せられてしまったらしい。

涙ながらに銀狼が訴えていた。

世界が石化後に生まれた銀狼。

まだアメリカと日本の位置感覚が分かっていない。

 

天候にも恵まれ、船は順調に大海原をつき進む。

周りは一面海。

陸など一切見えない。

銀狼は暇を持て余して泣いていた。

あと何十日過ごせば、アメリカに着くのだろうか?

 

衝突するリーダー

銀狼が暇だと嘆いていたら・・・

突然の嵐!

今度は忙し過ぎて泣いている。

龍水が中心となって舵をきる。

 

外でも雷がなっていたが、船内でも雷がなっていた。

珍しく龍水と千空が衝突していたのだ。

 

船のリーダー 龍水(リュウスイ)

科学のリーダー 千空(センクウ)

 

龍水は「70日」

千空は「40日」

どうやら、航海ルートで揉めているらしい。

最終的には殴り合いのケンカへ発展。

心配したスイカが応援要請。

間に入ったのは大樹だった。

 

「ケンカは

 良くないことだー!!」

 

大樹のパワーには龍水と千空は勝てない。

二人は投げ飛ばされしまった。

大樹はパワーはあるが、決して賢くはない。

両方の意見を聞くが、どっちが正しいのか分かっていなかった。

 

事情が分かったところで話を戻そう。

2人が言い争っていたのは航海ルート

地図を広げて、ほかのメンバーも話し合いに参加する。

 

今は東京からサンフランシスコを目指している。

龍水が提案していたルートは至ってシンプル。

「等角航路」と言って、緯度を保ってまっすぐ突き進むルートだ。

長年利用されている安全ルート。

辿り着くまでには70日かかる。

 

でも、千空が大反対!

真っ直ぐではなく、扇型に上をゆっくりと曲がって進むのが最短ルートだと言うのだ。

一見、遠回りに見えるがそうではない。

地球儀で距離を測ってみよう。

 

なんと、千空が提案したルートの方が短いではないか!

驚くメンバー。

 

「大圏航路」と言って、ショートカットできる最短ルートなのだ。

40日でアメリカへ辿り着ける。

考えてみれば、飛行機も曲がって飛んでいく。

千空が言ったルートを選んでいるのだろう。

 

どっちが正しい?

千空と龍水は科学王国のトップ2。

2人の言い争いには、さすがに他のメンバーも入りにくい。

 

龍水が提案する等角航路「70日」を選ぶのか?

千空が提案する大圏航路「40日」を選ぶのか?

 

単純に考えれば、航海日数が短いほうがいいだろう。

しかし、訓練したとはいえ、みんな初心者水夫だ。

大圏航路は危険すぎる。

龍水は船乗りとして大反対だ。

 

でも、アメリカに行く目的はコーンの大量生産。

コーンを原料にアルコールを作り、復活液を大量生産するためだ。

70日かけていたら、コーンの季節に間に合わない。

40日で着けばギリギリセーフ。

70日もかければタイムオーバー。

コーンが育つ次の年まで、1年待たなければいけない。

 

千空も今回ばかりは譲れない。

1年遅れたら、月で待つ敵が何をするか分からない。

貴重な時間を失うことになる。

「40日」は絶対だった。

 

皆の安全を優先した現実的な龍水

未来のために合理的な千空

どちらも正しいと言っていいだろう。

 

黙って話を聞いていたメンバー。

面倒ごとが嫌いなゲンは龍水派につく。

一日でも早く辿り着きたいコハクは千空派だった。

 

結局、龍水が譲歩して「60日」で提案する。

これ以上、日数を削るのは船員のことを考えれば無理。

だが、千空は「40日」を譲らない。

怒った龍水。

 

闘るしかない!

 

両者一歩も譲らないため、決闘が行われることになった。

 

ポーカーで勝負

決闘すると言っても、殴り合うわけではない。

頭脳で勝負。

ポーカーで勝敗を決める。

 

さすが金持ちの龍水。

千空と龍水はスーツで登場。

スーツなのは、公式なものだと証明するためらしい。

ポーカー用のゲームボードを用意。

ディーラーを務めるのは羽京だ。

 

ルールは簡単。

ポーカー勝負で勝者になった者の意見に従う。

龍水のサポートをするのはゲン!

器用にトランプをシャッフルする。

 

驚く千空。

ゲンが味方となれば、イカサマし放題と言っていい。

ならばと、千空の隣に座ったのはコハク!

コハクの動体視力を使えば、ゲンがイカサマをするのは無理だろう。

 

千空&コハク

  VS

龍水&ゲン

 

賢いトップ2による頭脳勝負。

どっちが勝つか、メンバーも予想できない。

航海ルートをかけた大勝負が始まる!

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

[cc id=4079]

Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第143話の感想

千空と龍水はどっちも頭がきれますからね~

ポーカー勝負の勝敗によっては、トップの座も揺らぐかもしれませんね!

ただ、気になったのはスーツが作れるほど原料があったのか・・・

ドレス姿で現れたコハクさん。

格好がよりセクシーになってましたね。

 

アメリカ大陸を目指すまでの息抜き企画。

はたして、勝者はどちらとなるのか?

力勝負ではなく、頭脳戦なのがドクターストーンらしいところ。

次回の展開が楽しみです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる