ドクターストーンの第147話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプ20号、最新話!

ドクターストーン【147話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

松風が語る過去。

壮絶な歴史に科学王国メンバーは言葉を失う。

松風をさらに強くするために、司のお願いによって石化解除されたのは氷月

そして、氷月のお願いからモズ紅葉も復活。

人類がホワイマンにやられそうな時に、過去の過ちなど気にしてられない。

戦闘に強い頼もしい仲間ができたのだった。

Dr.STONE【第147話】の確定ネタバレ

ヴァイキングのお出ましだ!

中世の初めに存在したヴァイキング。

彼らは北の海を荒らした有名な海賊。

そう、千空達のことである!

 

いや、それはウソ。

寸劇が始まったようだが、今回は分かりやすく航海術を説明するぞ!

 

ヴァイキングは、驚くべき航海技術を持った海賊。

500年も前にコロンブスによってアメリカ大陸に到達。

今ほど技術革新していないのに、大海原を渡り切ったスゴイ人達なのだ。

 

きっとヴァイキングは魔法のアイテムを使っているに違いない!

太陽の場所が分かる『太陽の石』

そんな噂まで出来てしまうほど、外洋で位置方角を知る術は難しいものだった。

 

だが、今は問題ないと笑う千空。

GPSによって現在位置は丸分かりなのだ。

 

現代では、GPSで位置確認する場合は衛星を利用している。

ただし、ドクターストーンの世界では、当然ながら衛星など存在しない。

そこで、本土のルリと連携。

日本時間を教えてもらうことになっている。

 

ルリがいる部屋には砂時計がズラリ!

日時計と砂時計によって、できる限り正確な時間を千空に伝えていた。

ルリとの通信と聞いて、「クロムがついに想いを伝える時が来た」と勝手に盛り上がるメンバー。

クロムに自覚はない。

なにより、本土とは離れすぎているため通話は無理なのだ。

短波の信号によって、やっと時報が届くレベルである。

 

スイカやゲンは混乱していた。

なぜ時間で船の場所が分かるのだろうか?

理屈が分からずにいた。

 

クロムの閃き

船の位置確認方法はシンプル。

まずは、船の時刻とルリが報告する日本本土の時刻を確認。

船と日本の時差を測れば、ヨコの位置が分かる。

さらに太陽の高さでタテの位置を確認。

ヨコとタテが分かれば、地球儀に照らし合わせて船の位置を確認することができるのだ。

衛星を使わない人力GPSといったところだろう。

 

説明を受けても大樹はよく分かっていない。

とにかく、太陽の位置と時差で正確な船の場所が把握できることは理解できた。

お日様さえ見ていれば全て丸わかり。

晴天が続けばアメリカ横断も簡単!

かと思いきや・・・

 

曇り始める空。

雨まで降り始めた。

忘れていたが、千空は運が全くない男なのだ。

これでは太陽の位置が分からない。

となれば、龍水のような船乗りのカンで進むしかないだろう。

しかし、カンで進めば海で迷子になってしまう危険性がある。

ヴァイキングの話にあったように『太陽の石』でもあればいいのだが・・・

 

何か閃いたクロム!

勢いよく走り出し、樽の中から石を取り出す。

探索屋のクロム。

スカルン鉱床でゲットした新作の石を持って来ていた。

その石を、コハクのゴリラパワーでキレイに四角にしてもらう。

 

ハンマーで叩くコハク。

原石を薄い四角にすると、白っぽい透明のような石ができた。

ただの石ではないか?

がっかりするコハク。

だが、削った石でスイカを透かしてみると、スイカが二重になって見えるではないか!

 

面白いものはいつか役に立つかもしれない。

だから、何でも調べとく。

クロムは言った。

 

「それが

 科学使いの生き様だぜ!」

 

太陽の石をゲット!

クロムは削った石を、棒を刺した板にとりつけた。

板には、ロケットのマークのような穴が1つ開いている。

裏側に削った石を装着。

空に掲げれば・・・

 

2つのマークが同じ濃さになった。

要するに、通す光が同じ濃さになった先に太陽があるということだ。

クロムの発明に千空は喜ぶ。

 

方解石か!!」

 

まさに天然のプリズム。

太陽を目で確認できていなくても、雨だろうが曇りだろうが関係ない。

日光は地球に降り注いでいる。

板に開けられたマークから光が差し込む。

その光を方解石が分解。

透かすとマークが2つに見える。

2つのマークの濃さがぴったり合えば、太陽の位置が確認できる優れ物なのだ。

 

龍水も方解石を聞いたことがあった。

なぜなら、海底に沈んだヴァイキングの船を調査すると、やたらと方解石がよく発見されたからだ。

『太陽の石』とは『方解石』のことだったのだろう。

 

4000年の時を超えて、ヴァイキングがしていた方法で千空達もアメリカ大陸を目指す。

やはり科学の力は揺らがないのだ。

クロムの成長を微笑ましく見ている千空。

 

位置が正確に分かったとしても、海は荒れる。

荒波を協力して進む船。

時には山ほどにでかい岩に遭遇。

クジラの大群にも出会った。

それでも、常に時差と太陽の位置を確認しながら前進。

 

望遠鏡を覗いたニッキー。

遠くに陸が見えるではないか。

そう、ついにアメリカ大陸に到達したのだ!

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第147話の感想

1話でアメリカ大陸に到達しちゃいましたよ!?

相変わらずの展開の早さ。

方解石なんて初めて聞きましたが、クロムも頼もしい男になってきましたね。

科学の力はやっぱりスゴイ!

アメリカ大陸に来た目的は、コーンを使ってアルコールを大量生産。

復活液をたくさん作って人類総復活を実現させることです。

アメリカには待ち受けているものとは!?

次回の展開が楽しみです!