ドクターストーンの第155話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ29号、最新話!

ドクターストーン【155話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ペルセウス船から離れた場所で狙撃銃を構えたスタンリー。

狙いは科学の少年、Dr.大樹

歳が近いルーナが、「王国から逃げて来た」と嘘をついてスパイとして潜入。

大樹を甲板まで誘い出し、スタンリーが一撃で仕留めるという作戦だった。

しかし、そんなことは千空達も理解済み。

特殊部隊の司たちに情報を送るため、ルーナから情報を聞き出そうと考えていたのである。

Dr.STONE【第155話】の確定ネタバレ

スパイ活動スタート!

Dr.ゼノの口癖は「エレガント」

敵と全面衝突せずに、狙撃でターゲットを狙うエレガントな作戦。

被害も最小限で済む。

ゼノはスタンリーを信頼していた。

 

無事、侵入に成功したルーナ。

カルロスとマックスは「お嬢」の見事な活躍ぶりに興奮している。

しかし、よく考えてみれば、いつ標的が甲板に出てくるかなど分からない。

ず~っと待たなければいけないわけだ。

だからこそ、カルロスとマックスに大量の水を用意させたのだろう。

スタンリーの恐るべき集中力。

狙撃銃を構え、ルーナが大樹を甲板に連れ出す時を待っていた。

 

一方で、ペルセウス船内。

無線はゼノに盗聴されているはず。

南はダメ元で「全人類復活のために協力を」と、ラジオ風に呼びかけていた。

ゼノがどんな人物かも分からない。

物は試しといったところだろう。

 

少年科学王国で潜入しているのはゲン

大人科学王国で潜入したのはルーナ

科学バトル最大の武器は「情報」

千空や龍水も、ルーナがスパイだと分かって歓迎した。

欲しい情報がもらえるなら構わない。

実に合理的な発想である。

 

そんな事とは知らないルーナ。

彼女のミッションは、大樹を甲板に連れ出すこと。

周囲を見渡す。

意外と人数が多い科学王国。

この大人数から大樹を探さなくてはいけない。ルーナは若干、動揺していた。

だが、「デキる女」と言い聞かせて気合いを入れ直す。

 

大樹の扱いは簡単すぎる!?

ルーナの後ろではキリサメが警戒中。

下手に聞き出すわけにもいかない。

そこで、自分が知っている「天才科学少年」のイメージを膨らましてみることにした。

 

たった一人で青少年達を牽引

ストーンワールドから科学を確立

知性に溢れ信念を持つ地道な努力家

 

そんなの超タイプ!!

 

想像してみた結果、探している「天才科学少年」はルーナのタイプだと分かった。

すなわち、情報を聞き出さなくても、ルーナがタイプの男を探せばいい。

 

ニヤリと笑うルーナ。

すれ違う男達を見つめてみる。

 

まずは、ニヤニヤ顔の陽。

コイツは違う。

次に、警戒している様子のマグマ。

いや、コイツは絶対違うだろう。

 

相手は、賢い科学少年。

易々と姿を現さない可能性もある。

ルーナは長期戦を覚悟した。

ところが・・・

 

あっ、大樹くん

 

いつもの感じで大樹を呼ぶ杠。

パワー自慢の大樹に、木を運ぶように頼んでいた。

 

え?大樹って呼んだ??

衝撃を受けるルーナ。

それもイメージと違って、大樹はムキムキで賢くなさそうな雰囲気だ。

最初は動揺したものの、ルーナはすぐに冷静になり、己の先入観を悔いた。

 

問題はこの先。

大樹を甲板まで連れ出さなくてはならない。軽々と表には出ないはず。

ルーナが悩んでいると・・・

 

「うおおおお

 すぐ行くぞ甲板―!!

 

えええええええ!?

仲間からヘルプを頼まれた大樹は、大きな丸太を抱えて甲板へ。

ルーナは激しく動揺している。

いやいや、大樹自ら甲板に出てくれたなら好都合。あとは指を差せばいい。

スタンリーは銃を構える。

 

フランソワがおもてなし

ルーナがスタンリーに教えようとすると、後ろから声をかけきたのは千空。

不自然すぎるほど、千空がキラキラした笑顔を振りまいている!

こんなキレイな千空は見た事ない!!

動揺する金狼と杠。

なるほど、キレイな千空で敵情報をじっくり聞き出そうという作戦なのだろう。

金狼と杠、後ろで警戒していたキリサメも息を飲んで見守る。

ところが・・・

 

ゼノの情報が要る

 ソッコー教えやがれ

 

ええええええええ!?

質問がダイレクトすぎる!

見た目をキラキラさせても、この男の腹黒さは変わらないようだ。

見かねた龍水。

まずはルーナに心を開いてもらうため、フランソワが「おもてなし」をすることにした。「BAR FRANCOIS」開店である。

 

懐柔には欲しいを叶えることが一番。

ただ、ルーナの好みなど知らない。

そこで、フランソワは嫌いな人などいないと思われる「アイスクリーム」でもてなそうと提案したのである。

 

フランソワ達はラボカーへ移動。

アイスの材料はいたってシンプル。

ミルクに砂糖、ゼラチンの代わりに葛粉を使うことにした。

難易度が高い材料といえば、バニラエッセンスだろう。

バニラはアメリカにもない。

千空が科学で作ることにした。

 

一本の試験管に銅線を巻き、中に鉄の棒をブチ込む。

ケータイの高電圧をスイッチオン!

すると、試験管が紫に光った。

今のところ、プールの匂い。

バニラの甘い匂いには程遠い。

千空いわく、オゾンが出ているそうだ。

 

この装置を使って、月桂樹のエキスを水酸化ナトリウムでグツグツ煮込む。

ブクブクに泡立つオゾンは甘い香りへ。

バニラエッセンスの誕生だ!

 

あとは、材料を合わせたボールを、氷で冷やしながら混ぜればいい。

氷に塩をかければ、マイナス10度くらいになるため一気に冷える。

混ぜる作業は大樹の出番!

指を差そうとするルーナ。

先に気づいたニッキーが、「ケガしてんなら休んでな」と邪魔をする。

 

できたアイスを袋に入れ、フランソワがキレイに盛り付ければ・・・

ソフトクリームの完成だ!

  

千空の師匠

皆でソフトクリームを食べてみる。

おいしい!!

ルーナもあまりのおいしさに驚く。

バニラもないのに、どうやってこの味を再現できたのだろうか?

 

ないならないで、科学でなんとかする。

それが千空のモットー。

世界の根源「分子」にまで手をつけて、世界にないはずの物をつくる。

それが「有機化学の醍醐味」だった。

 

ルーナの疑問に対して、いつものように科学の素晴らしさを語る千空。

知的な説明に、少しだけ胸が高鳴る。

いやいや、狙いは大樹のはずだ。

ルーナは自分に言い聞かせ冷静を装う。

ソフトクリームを「よくできている」と上から目線で褒めた上で言った。

 

「ゼノの言葉を借りるなら、そう

 すっごくエレガントね」

 

目を見開く千空。

千空はルーナに、ゼノが元NASAの科学者かどうか質問する。

なぜ、ゼノのことを知っているのか、ルーナは動揺。どうやら、千空の予想は当たったようだ。

それにしても、ゼノは何者なのか?

なぜ、千空が知っているのだろうか?

千空は言った。

 

「Dr.ゼノは俺のはじまりの

 ロケット作りの

 科学の師匠に当たる男だ」

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第155話の感想

まさかの師弟対決!?

だとしたら、千空が師匠に科学で勝つなんて厳しそうだけどな~

実は千空の父、宇宙飛行士の百夜は育ての親であって、本当の父親ではありません。

血が繋がっていないとはいえ、本物の親子のような関係でしたけどね。

百夜は自分にはもったいない、賢い息子だと千空をよく褒めていましたよ。

そんな千空の師匠がゼノとなってくると、話は大きく変わってくる気がしますね~

謎が多い千空の過去が語られるかもしれません!次回がとても楽しみです!