ドクターストーンの第157話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ31号、最新話!

ドクターストーン【157話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

まだ千空と大樹が10歳の頃。

小さい頃から科学が好きで、ロケット作りに夢中だった千空。

ロケットが飛ばない原因を知りたくて、海外へ質問メールを一斉送信。

偶然にも、NASAにいたゼノが話を聞きつけ、千空の質問に答えてくれるようになった。

父親・百夜が宇宙飛行士であるのをいいことに、「魔法のカード」で千空は必要な機材を買い込み、ゼノのアドバイスによって科学の知識を深めていく。

ゼノは「Dr.X」と名乗るだけで、千空は相手がゼノだと知らない。

それでも、千空が父親に会いにアメリカに行った際、言葉を交わさなくても、すれちがった男が「Dr.X」だと千空はなんとなく気付いていた。

Dr.STONE【第157話】の確定ネタバレ

石化したツバメ

これは、全人類が石化する前夜の話。

世界中が、ツバメが石化されたニュースに驚いていた。

千空は、ツバメが石化したのは本当なのか、パソコンを使って調べていたのである。

 

場所は代わり、アメリカ。

ゼノはほかの科学者と廊下を歩いていた。

 

SNSの地域別書き込み量

現実世界のツバメ分布

2つの情報が比例することから、本物のツバメが石化したとゼノは予想。

科学者の爺さんは、若者らしい切り口に感心していた。

ただ、この分析データはゼノのものではない。日本の高校生・・・

つまり、千空が教えてくれた情報だった。

 

DDC(アメリカ防疫センター)は、石化したツバメを回収。

専門機関によって検査が行われた。

すぐに原因が分かるかと思いきや、研究者たちは驚きを隠せない。

 

内臓まで精巧に彫刻で作るなど無理。

さらに、ほぼ全ての薬剤が不反応性。

唯一、硝酸に対しては微量なイオン流出が確認されていた。

見たことがない鉱物。

これは、地球規模。

いや、宇宙規模の異常現象ではないか?

センターから連絡を受け取ったゼノは、原因究明のため協力することになった。

 

一方で、千空も日本に落ちている「石化したツバメ」を回収。

自分なりに実験して調べていた。

そこへ姿を現した大樹。

ついに「5年越しの想いを杠に伝える」と宣言する。一世一代の告白。

千空も実験しながら「興味深い」と嬉しそうにしていた。

 

地球を包む石化光線

時刻は夕方。

アメリカの国立公園。

国防研究局DARPA(ダーパ)による「技術の祭典」が行われる予定だ。

ところが、ただの祭典のはずなのに、特殊部隊まで招集されていたのである。

その中に、スタンリーの姿もあった。

スタンリー隊長の元に、アメリカの腕利きたちが大集結していたのである。

ここまで屈強な者達を集めていたのには、理由があった。

 

ゼノが取り出したのは石化したツバメ。

なぜ、石化したのかは分かっていない。

未知の兵器テロ。

あるいは他国の攻撃だろうか。

ただし、ゼノが電位差測定器にかけてもらった結果、驚くべき事実が判明する。

 

なんと!頭の周りだけ、ごくわずかに電位差が出ていた。

つまり「脳波」が出ていたのだ!

脳波が出ているということは、ツバメは石化しているのに生きていることになる。

実にエレガント。

ゼノは感心していた。

 

時の流れと共に、眠るように脳波は消えていくのは間違いない。しかし、回収したツバメは必死に起き続けていたのだ。

すなわち、石化されたとしても、気合いで起き続けていればワンチャンスあることになる。

 

ゼノとスタンリーが話をしていると、周囲が突然ザワザワし始めた。

無理もないだろう。

はるか彼方に大きな光

光はどんどん近づいてくる。

スタンリーは気づいた。

前方にいる者から石化している事に。

 

スタンリーはすぐさま退避命令を出した。

しかし、おそらく石化からは免れることができない。

ならば、ゼノが言ったように、意識を飛ばさないことが重要になる。

スタンリーはゼノだけでも助けようとしたのか、肩を掴み地面に押しつけた。

 

同じ頃、ルーナに誕生日プレゼントを渡そうとしていたカルロス。隣には、悔しそうに嘆くマックスもいた。

奮発したプラチナの指輪。

だが、変な光が寄ってくるため、それどころではない。

ルーナを守らなくては!

カルロスとマックスはテーブルを盾に、ルーナを光から守ろうとする。

しかし、せっかく用意した指輪が邪魔になってしまう。

プレゼントだから捨てることもできないし、ポケットに入れても落とすかもしれない。

カルロスは何を思ったのか、指輪を口の中へ入れた。

 

石化光線は瞬く間に、アメリカ大陸だけでなく、地球全体を包んでいったのである。

 

邂逅した二人の科学者

人類だけが石化した世界。

スタンリーが呼びかけたように、隊員は意識を飛ばさないように耐える。

だが、簡単なことではない。

また一人、また一人と意識を失っていったのである。

 

同じく石化したルーナ。

彼女には夢がある。

デキる女として、デキる男と付き合ってイケてる彼氏彼女になること。

一人で死ぬなんて耐えられない。

ルーナは必死に「私はデキる女」と自分に言い聞かせる。

カルロスとマックスも「お嬢」を一人にはさせまいと、必死に耐えていた。

 

スタンリーは、ゼノを地面に押しつけた態勢のまま石化。

何十時間も寝ないことなど、狙撃で慣れている。意識はハッキリしていた。

 

こうして、長い年月が経過。

地上は植物で生い茂り、服は自然劣化で溶けていった。

ゼノの意識も消えることはなく、頭の中で石化が解けたあとの計画を立てていたのである。

 

ゼノ達がいたピナクルズ公園は、硝石の洞窟だらけ。ならば、硝酸もありえる。

石化が解かれる可能性があったのだ。

そして、目覚めることができたならば、目指す場所は「イエローデントコーン」だと決めていた。

コーンを手に入れることができれば、畜産の飼料とアルコールが同時に生み出すことができる。

アメリカ西海岸で、コーン帯は一カ所しかない。コーンは雑種となって、地層に眠っていることだろう。

ゼノの予測が正しければ、ほかの科学者も同じ場所にあつまると予想された。

 

一方で、千空は脳内で数字を数え続けることで意識を保つことに成功。

ゼノと千空が復活できたのは、運命でも偶然でもない。

科学という知識よって、必然となった結果・・・

千年後に同じ時間、同じ場所で、2人は出会うこととなる。

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第157話の感想

なるほど~!

石化する前日にゼノは脳波に気付いていたからこそ、意識を飛ばさないことが大切だと気づいていたわけですね。

かなりの集中力がないと、気がおかしくなりそうですけどね。

数千年も石化したままなんて。

懐かしい第一話のような始まりで、ゼノ側が描かれた今回。

アメリカで師弟が再会するのは偶然ではなく、必然だったわけです。

宝島編とは違って、科学を使って激しい戦いになることは間違いありません。

次回がとても楽しみです!