ドクターストーンの第158話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年7月13日発売の週刊少年ジャンプ32号、最新話!

ドクターストーン【158話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

Dr.X」との師弟関係は続き、千空は高校生となっていた。

そして、全人類石化前夜。

世界は「石化したツバメ」発見で大騒ぎ。

原因究明を急いでいたのである。

ゼノもまた、ほかの科学者と協力し調査した結果、石化したツバメに脳波があることに気づく。

しかし、発見した時にはすでに石化光線が地球を包み、ストーンワールドとなってしまった。

だが、石化する前に意識を持ち続けることで復活できると知ったゼノは、目覚めるチャンスをずっと待ち続けたのである。

Dr.STONE【第158話】の確定ネタバレ

世界を科学で牛耳りたいゼノ

時刻は夜。ペルセウス船の甲板上。

珍しく千空は昔の話をして、ゼノとの関係を皆に明かしたのである。

千空とゼノは元師弟関係。

「硝酸」に目をつけたのも同じ。

千空は、人を活かすために科学を作った。

ゼノは、人を殺すために科学を作った。

同じ科学者を志す者同士でも、復活してからの道のりは違っていたのだ。

 

では、ゼノが石化から復活した時に話を戻そう。

 

石化する直前、スタンリー隊長は意識を飛ばすなと号令をかけた。

おかげで、特殊部隊メンバーの一部は目覚めることに成功。もちろん、ゼノとスタンリーも復活することができた。

さらに、会場スタッフとして来ていたカルロスとマックス、ルーナも復活。それもカルロスはプラチナの指輪」を口にふくんだまま石化した。

復活すると、カルロスは指輪を吐き出す。指輪はかろうじて原型をとどめているレベル。しかし、ゼノは「プラチナの指輪」を見て歓喜した。

たとえば、このストーンワールドでは、格闘技の元チャンピオンのような者が復活すれば、力で世界は彼のものになってしまうかもしれない。

だが、プラチナが少しでもあれば、硝酸を大量生産することが可能

科学武力が先行できる。

こうして、ゼノはスタンリー隊長率いる特殊部隊と共に、拠点として科学の城を作り上げた。

 

復活できる者が限られた世界。

以前の世界であったように、誰にも脅かされることはない。

ゼノの圧倒的な科学力。

さらに、幼なじみであるスタンリーの銃の腕前があれば・・・

世界を導く独裁者になれる。

ゼノは目を輝かせていた。

 

本当は臆病なルーナ

話を現代に戻そう。

千空の話を聞く科学王国メンバー。

少し離れた甲板上で、ルーナは遠巻きに様子をうかがっていた。

何を話しているのか聞こえない。

ルーナは情報収集のため、話の輪に入ろうとする。

すると、千空の隣では興奮する大樹が叫んでいた。

 

「あの俺たちのロケット作りの先生が

 敵の科学のボスだったのかー!!」

 

驚くルーナ。

大樹が甲板上にいるということは、ルーナが指を差せばスタンリーが撃ち抜いてくれる。これは最大のチャンス!

ルーナは人差し指を立て「私はデキる女」と言い聞かせて構えた。

 

一方で、千空たちの会話は続いている。

千空はゼノがどういう人物なのか、師匠なだけによく知っている。

だからこそ、宝島で手に入れた「石化装置(メデューサ)」が切り札にできるかもしれないと考えていた。

石化装置は、司の復活を最後に、もう電池切れで使えない。

しかし、有能なゼノだからこそ、「石化装置」がハッタリに使えると思いついたのだ。

 

ガッツポーズをする大樹。

すぐ隣では、指をプルプルさせながら、指を差そうと緊張するルーナ。

すでに、スタンリーは銃を構えている。

あとは、冷徹にルーナが指を動かすだけでいい・・・

 

ドクン・・・

ドクン・・・

ドクン・・・

 

高まるルーナの緊張。

指を差せば、大樹は殺される。

ルーナは指を構えて・・・

 

指を自分の鼻の穴に突っ込んだ!

人殺しなど経験がないルーナ。

やはり、大樹が撃たれる姿を想像しただけ恐くなってしまったようだ。

ルーナは自分の行動を激しく悔やむ。

しかし、ルーナの性格を知っているスタンリーは、すでに隣にいた大樹に的を絞っていたのである。

 

気づいた龍水

ルーナは人殺しはできないと判断。

せめて、情報だけでも伝えようと、口パクでメッセージを送った。

望遠鏡でルーナの様子を見ていたカルロスとマックス。「お嬢」が何か伝えようとしていると気づき、必死に解読する。

 

せ・ん・く・う
 

マックスはルーナの口の動きを読み取り、すぐに無線でゼノに報告をした。

ただし、龍水もまたルーナの動きに気づいていたのである。

マックスから通信を受け取ったゼノ。

 

千空!

 

ゼノは思わず名前を叫んでしまう。

その声は、無線を通じてペルセウス船の通信機が声を受け取っていた。

実は、南ちゃんが定時ラジオを放送しようと、電源をオンにしていたのである。

そのあとは「ザーザー」いうのみで、何を言っているのか聞き取れない。

千空の予想ではスクランブル。

暗号機をかました通信だった。

 

暗号解読には、スペクトラルアナライザが必要だ。すぐに作れるものではない。

すると、近くにいた龍水はハッとする。

 

口パクをしていたルーナ

通信機から聞こえた声

 

いまは会話内容が重要ではない。

ルーナが動いたことにより、敵が動いたということは・・・

近くに敵が潜んでいる!?

 

大樹に狙いを定めたスタンリー。

 

「オーケーお前だ

 Dr.大樹は」

 

引き金を引こうとするが!

 

撃つな、スタン!

 

突然、叫んで止めたゼノ。

「千空」と聞いてすぐに分かったのだ。

大樹はただの影武者。

敵の本当のリーダーは千空。

そう、ずっと弟子のように科学を教えて来た石神千空だったのだ!

 

急に射撃を止めたのと同時に、龍水も叫んでいた。

 

狙撃だ!!

 スナイパーがいる・・・!

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第158話の感想

危機一髪でしたね~

こういう時の龍水は本当に頼もしいです。

ゼノとスタンリーは幼なじみ関係。

千空と大樹も幼なじみですからね。

年齢は違っても、人間関係の構成は似ているような気がします。

そして、敵が千空だと分かった以上、独裁者になりたいゼノでも殺さないんじゃないですかね~

千空みたいな優秀な人材はなかなかいませんし。科学の発展には必要でしょう。

ただし、問題はゼノ側にスタンリー率いる特殊部隊のメンバーが揃っているということ。

いくら司たちが強いからとはいえ、少年科学王国最強メンバーでも厳しいはず。

 

スタンリーの存在に気付いた龍水。

はたして、ゼノが止めたにも関わらず、スタンリーは発砲してしまうのか!?

次回がとても楽しみです!