2019年12月5日発売のモーニング2019年51号の最新話ジャイアントキリング535話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年12月5日に発売されたモーニング52号に掲載!

ジャイアントキリング最新話!第535話のネタバレと感想!

▷前回のジャイアントキリング【第528話】のネタバレはこちら!

>>ジャイアントキリングのネタバレ一覧まとめ!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ジャイアントキリングの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ジャイアントキリング【535話】のネタバレ

あらすじ

コヴァルとイアンが仲間割れ!!

日本に追い風が吹く一方焦るオーストラリア!

【仲間割れ】

コヴァルはイアンに言われたことに激昴しイアンを突き飛ばしました

チームが上手くいってないからと全てを俺のせいにするな!と怒るコヴァル

チームの皆がそんな2人を仲裁に入ります

いつも無口な癖に口を開けば文句ばかり。そんな状況に耐えられないコヴァル

イアン

「いちいち、口に出して伝えなければわからないことなのか?

このユニフォームを着ることの重み

そして、オーストラリア代表サッカルーズが、

常に何を背負っているのかお前にはわからんのか?

お前には失望させられっぱなしだ

俺もボスもな」

ーー

日本にとっては、チャンスのときです。

相手はチーム内でギクシャクしている。これでオーストラリアが上手くいっていないことが露見しました。

今こそタイスコアを動かす時です!!

【オーストラリアは勝たねばならない】

オーストラリアベンチでは先程のイアンとコヴァルについて話し合いがされていました。

今のカウンターの守護といい、

コヴァルは少々軽いプレーが目に着きます。

そのことでサリバン(イアン)がコヴァルに苦言を呈したことが話題に上がっていました。

なかなかガチっとハマらない2人。

しかしどうしたって選手には相性があります

この試合であの二人がいつも以上にフィットしないようであれば、早めに手を打たないとまずいことになります。

そのため、ベンチメンバーはアップを早めていくことに。

しかし、そもそもコヴァルの能力を買っていたのはもともとサリバンです。

代表で背番号10が空いたとき、

サリバンは長く4番を付けているからと打診を断り、

コヴァルを進めたのはサリバン自身でした。

過去にコヴァルがキャプテンダークを巻いたゲームがあったのも、

今後の代表引っ張ってもらいたいというサリバンの遺言があったからです。

結局プレッシャーを感じすぎて散々なプレーに終始したため、

それ以降キャプテンを任せることはありませんでしたが……

サリバンはずっとコヴァルを期待していたのです。

しかしその想いが、空回りし続けて限界に達してしまったのかもしれません。

若いコヴァルからしたらもっとつなぐサッカーがしたいのかもしれない……

しかしそういうことではないのです。

オーストラリア代表はスタイルなど関係なく、勝たなければならないのですー……

【日本の追い風】

「チェックきてるぞ!判断はやく!」

パスコースを切りながら相手に押し込むいいブレスをする日本

しかし戦い方を割り切ったオーストラリアはこうやって蹴ってくる

その時城島が蹴り負けた!

セカンドがすかさず拾いに行きます

ピピー!!

ここで攻撃側オーストラリアのファウル!

城島

(しかし散々俺の方ばかり狙ってくる……

流れはうちにあるとはいえ徹底されるとそれなりに厄介だな……)

【カメラ側目線】

カメラマン久藤が日本ペースになると予言してから日本ペースです。

ボールの動くテンポ

選手達の息遣い

監督の顔色

そういう所に目を凝らしたらゲームに流れてる風が読めるようです

オーストラリアは味方同士で小競り合いを起こしていましたし、

ベンチもまだ動いてないのでこれは畳み掛けるチャンス!

ただ、

風向きというのはいきなり変わったりするものです。

ひょっとしたら先ほどのシーンがきっかけになるかもしれない。

これから起こるワンプレーがゲームの勝敗を決定づけるかもしれない

カメラを持つ人間としては

その何かが起こる一瞬を見逃したくないのですー……

【強い代表でいなければ】

日本のボールをキーパーが止めに入ります!

蹴らせないよう日本はそこで潰しに行く!

しかしサリバンはそこでマイボールに!

まだ距離はあるため落ち着いて日本も対応しようとします

サリバン

(勝たなければいけない

オーストラリアはw杯に出た回数で日本に劣り

国内にプロリーグができた時期でも遅れている

いくらヨーロッパでプレーする選手が多いとはいえ

国内でサッカー文化を根付かせるにはまだまだこれからなのだ……!!

つまずくわけにはいかない

だからこそサッカルーズは……

どんなことがあっても

強い代表であり続けなければならないのだ……!!)

ジャイアントキリングの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ジャイアントキリングの最新刊(単行本)や最新話が連載されているモーニングは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT モーニング1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orモーニング4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orモーニング2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはFODで、ポイントがもらえるまでに時間がかかりますが、確実に無料で多くの漫画を楽しむことが可能ですよ

\1ヶ月間無料&1300P付き/

ジャイアントキリング【535話】感想・考察

チームを思うあまりの仲間割れ・・・

敵ながらうまくいってほしいと願います・・・